中古品:
¥ 1,800
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【お買い得商品】 レンタルアップ品です。視聴に問題はありません(動作確認済み)。 管理シールが貼られています。ディスクにキズ、ケースにイタミや日焼けがある場合がございます。商品にご納得いただけなかった場合にはご返金いたしますので、ご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カリスマ [DVD]

5つ星のうち 3.4 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 7,630より 中古品の出品:4¥ 1,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 池内博之, 大杉漣, 洞口依子, 風吹ジュン
  • 監督: 黒沢清
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2000/09/06
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HKB6
  • EAN: 4988003936211
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 123,317位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   森全体を破壊してしまうといわれる1本の木「カリスマ」。人質と犯人の両者を助けようとして、どちらも助けられなかった刑事、藪池はいつしか「カリスマ」をめぐる争いに巻き込まれていく…。

   黒沢清監督がサンダンス・インスティテュートのスカラシップを獲得した作品。役所広司、大杉漣、洞口依子といった黒沢映画おなじみの俳優陣に加え、木をかたくなに守り続ける青年役の池内博之のナイーブな演技がいい。「特別な木も森全体もない。あっちこっちに平凡な木が1本ずつ生えている。それだけだ」と最後につぶやく藪池の表情には、どこかすがすがしささえ感じられる。生きることも死ぬこともあるがままでいいのだ。「自然を美しいものとか、怖いものとみなす、人間と自然との関係性から脱して、木が木であることの“神秘的な事実”に立ち戻りたい」という監督の試みは完璧に成功している。(野澤敦子)

内容(「Oricon」データベースより)

幻想的な森を舞台に“カリスマ”と呼ばれる一本の木を巡って争う人々の不安と恐怖を描いた黒沢清監督のサスペンスホラー。役所広司、池内博之、大杉漣ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
刑事が足を踏み入れてしまった不思議な森。

そこの住民は何かにとりつかれている。一本の木をめぐり対立する住民たち、

そこでは何が真実なのか、何が正義なのか全くわからない。

しかし自らの価値観のみを信じた住民は争う・

そんな争いに巻き込まれた刑事も何かにとりつかれていくのだか、

それがあまりにも静かである。その静寂は余計にこの作品に不気味さと独特の雰囲気をかもし出している。理屈ではなく感性で見る映画。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
難しい映画ですね
樹を立てれば森が立たない。森を立てれば樹が立たない
昔からある樹を守ろうとする人がいて、いや一本の樹を殺して森を生かせという人がいて
他人が大事そうにしているものに興味本位でちょっかい出す人がいて
一本の樹をぐるぐる廻るうちに意見の不一致がやがて血を流すまでにエスカレートしてゆく
「もうひとつのカリスマ」は一瞬キノコ雲のように描かれていましたし、公開時のポスター(だったかな?)には戦闘機が描かれていましたし
作品の根底には社会が戦争を生むまで、というようなテーマがあるように感じました

都会という社会から田舎という自然へ逃げてきたはずの主人公は、結局そこにも存在した同じような社会に巻き込まれてしまう
最終的に主人公は社会そのものに対して諦観を示したように見えました。すると、ラストシーンの電話の台詞、そして街の遠景は
右派の戦争、左派の革命に対する、無秩序主義のテロルだったのではないでしょうか
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
これまでの黒沢作品よりずいぶん抽象的な作風だ。しかも監督自身が言っているように、作品が一切のジャンルに属さない。ホラーになったり、サスペンスになったり、と思いきやアクションがあって、それでいてコメディみたいな。ナンなんだ!?と嘆きながらも、その異様な世界観に引き込まれていく。

不気味で荘厳と思いきや、俗的で馬鹿げたやり取りが出てきたり、ワライダケむしゃむしゃ喰らって、ケラケラしたかと思ったら、半ば白骨化した死体が吊り下がってたり、驚くほど生々しいハンマー殺人がスローで延々行われたり。少しもこちらの想定内に収まらない演出だ。しかも登場人物たちのバックグラウンドがほとんど何も分からないまま物語は終始する。そもそもどう物語が始まって、終わっていったのかが、曖昧である。

一本の樹木を巡って、それぞれの人間たちがそれぞれの意見をぶつけ合い、間に挟まれた役所はどう現実を捉えたらいいのかと呆然とする。カリスマはマイペースに森を破壊し、逆に森はカリスマに歩み寄る。なんか今日の世界政治や宗教戦争みたい。一つ(もしくは一人)のカリスマが資源を略奪し続けているにも関わらず、人はそこに擦り寄っていく。そしてそれを囲む人間たちが、それぞれのファクターを抱えてカリスマや森を議論する。

法則を回復せよ。役所に与えられたテーマだが、あまりにも広大か
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FSS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/12/17
形式: DVD
「CURE」で衝撃を受けたので、この作品も期待していたのですが、少々難解なシナリオ。

黒沢監督は、ホラーやサスペンスを撮らせたら日本で一番センスがあると思いますが、エンターティメントを意識するのが恥ずかしいのか、どうしても哲学的な小難しい勘考と共に、「何となく不気味な雰囲気」を用意するだけに終始して、解釈を曖昧にしてまうクセがあるのが残念。それは特にこの映画で顕著。

解釈に足るだけの暗喩には満ちてはいるものの、それを拾い上げて再構成するには、作品全体にイマイチ魅力が足りないように思います。まあ自分なりの解釈としては、「自己保身のために他者を犠牲にすることは正当化されるのか否か」というところでしょうか。根底に多分、監督なりの「戦争批判」と、それに対してどうにも出来ないニヒリズムのような感覚があるのだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sanjunio トップ1000レビュアー 投稿日 2008/4/14
形式: DVD
 まったく何の映画かわからない状態で見たので、余計にわからなくなったが、森の中の一本の木(カリスマ)のみをかたくなに守ろうとする少年と、森全体を救う、しかも救うためにはすべての森を焼き払わなければならないと信じる女性教授、そして確たるポリシーはないが、とにかくカリスマを破壊しようとする森に巣くう謎の住民たちのなかに、一人の刑事(役所)が紛れ込む。役所はそのなかでさらにポリシーがなく結局流されていくのだが、何もかも終わった後で目覚め、あたらしいカリスマを見出す。
 この映画のメッセージは、あきらかに、人間社会だ。一対多、どっちをとるか。最後の最後に森が焼き払われるかわりに街が焼き払われてしまうのが印象的だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック