カメラストラップ

カメラストラップには、一眼レフ用やコンパクト用などの機種別、またフローティングストラップやフィンガーストラップなど 機能面を重視した様々なストラップがある。 また、最近では、編み込みやドット柄、多様なカラーバリエーションなど、オシャレとしてもストラップを楽しむことができる。 ストラップを選ぶ上での注意点や、ストラップの特徴などをご紹介。

取り付け部の幅と先端テープ幅が合っているか

カメラのストラップ取り付け部とストラップの先端テープ幅が合っていないと、ストラップが入らなかったりする。購入前に必ずチェックしよう。

一眼レフの取り付け部

コンパクトカメラストラップ取り付け部

カメラ本体とストラップの種類

一眼レフは重量があるので、ストラップ幅が比較的太目に設計されていることが多い。
逆に、コンパクトやミラーレスだと、一眼レフほど重量がないので、細めのストラップを装着することができる。
このように、持っているカメラによって適切なストラップがあるので、必ず本体との相性をチェックしよう。

ストラップの種類

ストラップには首からかけられるものや、手首に巻けるものなど、様々な種類がある。用途や使いやすさに応じて適切なものを選ぼう

ネックストラップ

首からかけるタイプのストラップ。カメラを持ち歩きながら日常スナップをたくさん撮る時などに便利。カメラを落とす心配もないので、安心して持ち歩ける。

ネックストラップを見る

ショルダーストラップ

肩掛けタイプのストラップ。ショルダーカバンのように斜め掛けするとおしゃれ。

ショルダーストラップを見る

ハンドストラップ

手首に巻くタイプのストラップ。長めのストラップを邪魔に感じる方などは、ハンドストラップでしっかりカメラを固定するのがオススメ。

ハンドストラップを見る

グリップストラップ

手首に巻くタイプのストラップ。長めのストラップを邪魔に感じる方などは、ハンドストラップでしっかりカメラを固定するのがオススメ。

グリップストラップを見る

速写ストラップ

肩掛けしたストラップにカメラボディ取り付け、グリップしたまま上下へスライド出来るタイプのストラップ。まさに速写するのにぴったり。

速写ストラップを見る

フィンガーストラップ

カメラをホールドする時に指を通すストラップで、補助器具として使われる。カメラと手をしっかり固定してくれるので、落とす心配がない。

フィンガーストラップを見る

フローティングストラップ

防水デジタルカメラやビデオカメラ用のリストストラップ。このストラップを取り付けておけば、万一カメラを水中に落としてしまっても沈まないので安心。

フローティングストラップを見る

2点吊りストラップ

カメラに取り付ける先端部が2点あるタイプのストラップ。デュアルポイントストラップともいう。

2点吊りストラップを見る