中古品:
¥ 1
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • グランドセフトオート バイスシティ【CEROレーティング「Z」】
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

グランドセフトオート バイスシティ【CEROレーティング「Z」】

プラットフォーム : PlayStation2
CEROレーティング: 18才以上のみ対象
146件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
通常版
新品の出品:3¥ 11,800より 中古品の出品:51¥ 1より

【ここだけしか手に入らない】Amazon.co.jp限定特典、限定商品特集
Amazon.co.jpだけでしか手に入らない、限定特典付商品や限定商品の特集。あの人気のタイトルから、周辺機器まで。通常の予約特典にプラスして限定特典を手に入れられるものも。 Amazon.co.jp限定特典、限定商品特集をいますぐチェック。


キャンペーンおよび追加情報

エディション: 通常版
  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


登録情報

エディション: 通常版
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0001P2K4I
  • 発売日: 2004/5/20
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (146件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 4,532位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

エディション: 通常版

Amazonより

   RockstarGames社が誇る人気シリーズの1作で、全世界で1200万本以上を販売している大ヒット作。数々の賞を受賞しながらも、その過激な表現ゆえ、議会での論議や訴訟など各国で社会問題をも巻き起こしているタイトルでもある。1980年代の娯楽と腐敗に満ちたアメリカ東海岸を舞台にくり広げられる自動車泥棒の物語となっている。

   主人公となるのは、長い刑期を終えリバティー・シティに帰ってきたトミー・ベルセッティ。落ち着く間もなくボスの指示でバイスシティへと送り込まれるが、到着後罠にハマり、すべてを失ってしまう。「殺られる前に殺れ!」この街で生き残る唯一の手段を胸に、彼の復讐劇が始まる…。

   本シリーズの特徴は何といってもその自由度の高さ。濃厚なストーリーをもち、プレイヤーには数々のミッションが与えられるが、どう行動するもプレイヤーの自由となっている。通りがかりの車の運転手を引きずり下ろして車を強奪できたり、タクシーを奪って客の送迎ができたり、救急車に乗ってけが人を救うことができたりと、その幅は実に豊か。時間と天気の概念がある街を、気の赴くまま行動していくことになる。

   ゲームのメインポイントで、そのどれをもつかでゲーム性が大きく変わる「乗り物」と「武器」の種類が大幅増加。スポーツカーやバイク、パワーボート、ゴルフカート、さらにはヘリなどにも乗ることが可能。また、日本刀やメリケンサックなどを所持することもできる。今作では新たに不動産の購入が可能となっており、豪邸やクラブのオーナーとなってマイホームの所持や店の経営もできるようになっている。(田村 雅)

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

111 人中、97人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 taku0211 投稿日 2004/4/1
版: 通常版
GTA3の悪いところがほぼなくなっているのが素晴らしい!!
●GTA3の悪いところ
建物の中に入れない
武器が少ない
車の種類が少ない
主人公の声が入っていない
街並みがそれほどリアルではない
ほとんど金の使い道がない
ラジオの曲が少ない
●本作の良いところ
建物の中に入れる!!
武器が前作(GTA3)よりも増えている
バイクなどが登場!!
主人公の名前もあるし、声が入っている!!
街並みがリアルになっている!!
隠れ家を買うとか、金の使い道が増えている!!
ラジオの曲が増えている!!
これだけ良い所がふえて損はありません!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 星々の涯て 投稿日 2004/10/20
版: 通常版
 GTAは最初何でもできる自由度を気に入って買ってみました。
車を拝借したり、街中で銃を撃ってみたり、警官を挑発してカーチェイスを楽しんでみたり。
 人に危害を加える行為もして、悪事を一通り尽くすとゲームとはいえ罪悪感感じてうんざりしてしまいました。
でもストーリーを進めていくとターゲットも、小悪党や犯罪者ばかりだし、色々試していくうちにこのゲーム、全然一般の人に危害加えなくても、ストーリー進めなくても、全然楽しめるゲームでは?って感じました。
町の人の行動をくっ付いて行って観察しても面白い。町で起こった交通事故の野次馬になるも良し、レースに参加するも良し。バイスシティの中をブラブラするだけでも充分に楽しい。
悪党だけ始末するスナイパーになるとか、純粋にヒットマンとか。行動の自由度と同時に生き方の自由度も高いなと感心しました。
楽しみ方が遊ぶ人の数だけあるゲームってあるようでなかなかないですよね。人がプレイしているのを見るのもこのゲームは性格が出てとても面白いですよ。
 まぁ、主人公の口の悪さはどうしようもないですけどね(笑)でもオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 公一 投稿日 2010/6/19
版: 通常版
仕上がりは前作GTA3をきちんと凌駕しており、舞台となるフィールドも80年代のマイアミがモチーフとなり、オールド80'sなラジオから流れる曲も雰囲気を盛り上げてくれます。やりごたえは十分あり、楽しめます。武器なども種類が若干増えています。しかしこのシリーズ、クレジットを見る度に毎回驚くのですが、声優陣も凄く豪華なんです。今回も「デニス・ホッパー」、「レイ・リオッタ」、「ロバート・ダビ」や「トム・サイズモア」、「バート・レイノルズ」などの大物がクレジットされており、驚かされます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 トレパン先生 投稿日 2004/10/14
版: 通常版
GTA3と違う部分は
舞台が陰気な街(NY系)から陽気な街(フロリダ系)に
バイク、ヘリなど乗り物の増加
ですね。大きなところでは。バイクとヘリはきちんと車と差別化されており
自分は嵌ってしまい車にはあまり乗らなくなったほど
普通に街中で銃乱射できますし、運転手を引きずり出して車を奪う事もできます
しかし、それはゲームだからです。現実でこんなことはしません。普通は
このゲームをやって犯罪行為を起こす人がいるのであれば、それは元から犯罪者の素質があったからであって
放って置いてもいつかやっていたと思うのです。このゲーム(シリーズ)には罪はありません
ストレス発散にもなりますし、わりと健全なゲームだと思いますよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tsuyo 投稿日 2004/8/13
版: 通常版
前作に引き続きの、犯罪者生活シミュレーション風アクションゲーム。
車庫に車が5台以上入らない、マップが狭いのでカメラの動きに酔わされる、といった不満はあるがビジュアルは向上し、車の形状や光沢、海のキラキラとした光などは見ごたえがある。特に車のエッジ部分に出来る星型の反射光(夏とかにキラッキラッと光るあれ)が季節感をよく伝えている。
車の操作や戦闘、テクスチャの解像度といったゲームの各ディテールはやや大味ではあるものの、遊園地のように多量のイベントが分散配置されたフィールドを駆け回る箱庭感覚は、3Dゲームでは最高峰のものだ。(ついでだが、実は主人公の素手の性能が強い。なんと周囲の敵を自動サーチして後ろ蹴りなどを出してくれる。倍速チートを使えば、1ボタンで香港アクションのような動きを堪能できる。)
BGMとなるラジオ局のアーティストもさらに豪華な面々が揃っている。オジー・オズボーン、クワイエットライオット、オートグラフなど、80年代前半のアメリカンロックが子守唄のように耳に染み込んだ世代にはたまらないものがあり、鼻の奥に「あの空気」が蘇ってくる人もいるのではないだろうか。
車、歩行者、ギャング、警察などに日常的な不満を抱いている人、映画「スカーフェイス(GTAシリーズの元ネタ)」を鑑賞直後の人などに強くお薦めする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー