Amazon Kindleでは、 カゲロウデイズ -in a daze- KCG文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 680
通常配送無料 詳細
15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
カゲロ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫) 文庫 – 2012/5/30


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫) + カゲロウデイズII -a headphone actor- (KCG文庫) + カゲロウデイズIII -the children reason- (KCG文庫)
合計価格: ¥ 2,040

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『カゲロウデイズ』他、投稿された楽曲の関連動画再生数が1000万を超える超人気クリエイター・じん(自然の敵P)。その本人による書き下ろしノベルが登場!全ての関連楽曲を繋ぐ物語が初めて明かされ、さらなる「謎」を呼ぶ!―これは、8月14日と15日の物語。やけに煩い蝉の声、立ち揺らめくカゲロウ。真夏日のある日にある街で起こった一つの事件を中心に、様々な視点が絡み合っていく…。新感覚の燦然たる青春エンタテインメント小説。

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2012/5/30)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4047280593
  • ISBN-13: 978-4047280595
  • 発売日: 2012/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (97件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 11,477位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

258 人中、230人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nubewo 投稿日 2012/6/23
形式: 文庫
これは、人気ボーカロイド曲の作曲者であるじん氏が、
これまでの楽曲を貫く一連のストーリーについて書き下ろした小説です。
曲中で語られたストーリーをさらに詳しく知ることが出来るため、
ファンにとって面白い作品となっていると思います。
また、物書きとしては素人だった人の作品であることも加味すれば、
出来は悪くないと思います。
人によっては、じん氏のボカロ曲を知らない方もいるでしょう。
そういった方には、私はあまりお勧めしません。
というのも、この小説は「曲ありき」な部分が大きいからです。すなわち、

1、登場人物の描写のうち原曲でしっかり掘り下げた部分は省略されがちである。
それゆえ、原曲を知らないとキャラに感情移入しにくく、
「そのキャラがなぜそのような行動をとったか」に合点がいかないことがある。
2、視点が変わることで関連性が見えないストーリーが不連続に並んでいる。
(ただし、原曲を知っている人にとっては、その不連続さが関心をひきつける「利点」になっている)

といった問題があるということです。私はこの小説は氏の曲のファン向けに書かれたと感じました。
そこで、この本に興味はあるものの原曲を知らない方には、
...続きを読む ›
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
76 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2012/11/9
形式: 文庫
曲が好きだから小説を読みました。
けど、正直期待外れでした。
素人さんが書く小説、と分かっていましたが、ひどかったです。
たまにネットで見かける、学生さんがノリとテンションで書きました☆、みたいな小説で、また、これって本当に書く必要があるの?、というシーンも多くて、読みにくかったです。
キャラクターも良くある性格のキャラばっかりで、ストーリーも特にこれといって目立った事がなく、あまり面白くなかったです。
これなら同人でだせばよかったと思います。

“小説”として読もうと思っているなら買わない方がいいと思いました。
キャラが好き、小説として読まない、と思ってる方なら楽しめると思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 白頭 投稿日 2013/9/15
形式: 文庫
4巻まで読了した状態でのレビュです。

現実/架空をとわず、過去の時代やある領域を
舞台にするため綿密な考証や取材、あるいは世界設定に
もとづいて構想された・・・そんな趣の小説ではない。

言葉にのせられるのはきわめてありきたりで身近で
なじみのある素材ばかりで、ごく身の回りにある既知
の素材だけを、作者の想像力のみでふくらませて押し切った、
なかば空想に近い作品。

その唯一の武器である想像力も、力のある作家や詩人に
みられるある種の奇形的なものではなく、きわめて日常的で
逸脱することはない。独自性があるとすれば、出来事を
扱う際の、日常的ではるが微妙な感情のグラデーションや
せつなさ、寂寞感、けだるさ・・・そういった空気感ぐらいか。

綿密に設計され構築された物語というより、どちらかというと、
散文詩やかつての私小説のテイストに近いものを感じます。
超能力やなんかがでてきても、作家の体質がどうもそういう
建築的な資質をもちあわせてなく、手持ちの素材にはさほど
こだわらずに思念をひらすら拡大させていくような人なのかと
感じた。子供向け、という感想をもうすこし具体化
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
167 人中、139人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ともみん 投稿日 2012/10/2
形式: 文庫
始めにいいますと私はじんさん大好きです。
メカクシコードからファンで、カゲロウプロジェクトの世界観にどんどん惹かれていって、小説と聞いて今までの謎が明かされるんじゃないかと嬉々として購入に走りました。
が、ぶっちゃけ期待はずれ。

まず文章が稚拙。素人の方なので仕方ないとは思いますが、素直にプロに依頼するのがよかったのではないかと。正直素人以下です。ここはどんな場面なの?と問いかけてしまうところがちらほら。痛いと思えてしまう表現も。プロじゃなくてもこの人のコネならアマチュアでそれなりの文章力のある方にお願いできたと思うのですが。
普段文章を読まない、または読みなれてない若年層の方なら読みやすいのか・・・いつぞや流行った携帯小説を読んでる気分でした。

会話はいくつか面白いと思えるところがあったのでキャラクターの関連性自体はよく作ってあるのだと思います。
ただ、どこかにいそうなキャラばかり。ラノベや創作を探したらどこかに絶対いるようなキャラたちです。
私的にはマリーのただの萌えキャラ成り下がりが本当に気に入らなかったです。原曲ファンとしては尚更。

じんさん信者ではないという方は買わないほうがいいと思います。
ファンとして買いましたが、「読まないほうが良かった、原曲
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック