この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

オールドレンズ・ライフ (玄光社MOOK) ムック – 2011/5/30

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 2,381

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

オリンパスやパナソニックのマイクロフォーサーズマウント、ソニーNEXシリーズのEマウントユーザーを対象とした、
オールドレンズとマウントアダプターの解説書です。
魅力的なオールドレンズを多数セレクトし、独学でマウントアダプターを使いこなすためのノウハウを解説しました。
さらに、オールドレンズをおしゃれに演出するためのレザーストラップやカメラケースも豊富に紹介します。

第1章 ミラーレス機で紡ぐオールドレンズ・ストーリー
飯塚達央/飯田 鉄/河田一規/森谷 修/澤村 徹

第2章 はじめてのオールドレンズライフ

第3章 ミラーレス用マウントアダプター図鑑

第4章 厳選ファースト・オールドレンズ

第5章 オールドレンズQ&A

第6章 用途・タイプ別オールドレンズセレクション

第7章 収差が美味しいドラッグレンズ

第8章 オールドレンズ・コーディネイト

第9章 注目のカメラアクセサリーブランド


登録情報

  • ムック: 145ページ
  • 出版社: 玄光社 (2011/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4768303404
  • ISBN-13: 978-4768303405
  • 発売日: 2011/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 28.4 x 20.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 308,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
マウントやアダプターがカメラの機種によってたくさんあるため、どのようなものを購入すれば良いのか適切に解説している本を探していたところ、この本と出会いました。

他の本は機種別には解説していますが、アダプターやオールドレンズについては説明が足りなく満足していませんでした。

この本は、初心者にも分かりやすく、どのアダプターを購入すればよいのか、どんなオールドレンズがあり、どのような描写が楽しめるのかを丁寧に解説してくれています。

メーカー名が正確ではないという意見も他にありましたが、初心者はどこから購入すれば良いのかがきちんとガイドされていれば良いのだとと思います。

また、オールドレンズのコーディネイトも秀逸で、筆者のセンスが参考になりました。

値段は少々高めですが、ミラーレス一眼でオールドレンズとアダプターを楽しみたい初心者にはおすすめできる内容です。
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
オールドレンズの初心者に向けて書かれてます。

カメラに関しては、充分な知識があったものの、
オールドレンズは全くの初心者、の私にとっては、
とても興味深く、斬新な内容でした。

「おー、こんなレンズの世界があったのかー」と
大変に楽しく、ワクワクしながら読み進みました。

この本の影響で、Takumar、FD、MD、Carl Zeiss
等々のオールドレンズを複数本所有するに至り、
まさに、オールドレンズライフを楽しんでいます。

オールドレンズのディープな世界を覗かせてくれ、
楽しみ方を教えてくれ、とても参考になりました。

また、単に描写性能の評価だけに留まらず、ケースや
周辺機材とのコーディネイトという「外観の遊び」
に関する視点は楽しく、大いに興味をそそられます。

内容に誤記があったとしても、せいぜい★1減程度
極端に低い評価にはならないと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
この号はオールド一眼レンズとミラーレス一眼カメラとのマッチングについて書かれている。私もマニュアルフォーカス一眼レフカメラを多数所有しているがミラーレス一眼に装着できることは知らなかった。よって参考になった。初心者向けの書物とは思うがわかりやすい解説で良かった。かつ取り付け例としての旧レンズの説明や注意点も書かれており専門的内容はハイレベルだと感じる。旧一眼レフも処分しないで良かったと改めて感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
様々なオールドレンズで愉しんでいるマニアとして、手に取ってみましたが、首を傾げてしまうような内容でした。
この本の執筆者たちは、本当にオールドレンズを使うことに愉しみを感じ、実際に使っているのでしょうか?
愉しみを感じていたら、こんな内容にはならないし、実際に使っていたら、ここまで間違いだらけにはならないはずです。

気になった間違いを指摘しておきましょう。
オールドレンズを使う上で必要なアダプタ、最近、日本メーカーを駆逐して、メジャーになったKIPON、この本では焦点工房KIPONと紹介されていますが、まったくの間違いです。
焦点工房とは、KIPONを扱っている販売業者のひとつです。
つまり、AmazonでCanonの一眼レフカメラEOSを売っているからと云って、Amazon EOSと紹介するようなものです。
ちなみに、KIPONはアダプタのブランド名であり、Shanghai Transvision Photographic Equipment Co.,Ltdが作っています。

あと、もっとも基本的な間違いを指摘しておかなければなりません。
オールドレンズを使う時の撮影モードは、Aモード、絞り優先にせよと言い切っていますが、間違いです。
個性的なオールドレンズの
...続きを読む ›
5 コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
m4/3カメラを購入したのに伴い、レンズ沼に至る世界を覗いてみようと購入。各社のレンズとそのマウントアダプターに関して基本的な情報が網羅されており、ざっくりと全体像をつかむには良い本だと思う。ただ、発行年が2011年といささか情報が古いので現状とはかなり違うことを念頭に置く必要あり。また、オールドレンズとして有名かつ高価なレンズが多く紹介されているが、ここ数年の海外からの買い漁さりで市場での流通状況は大きく変わっていることも注意が必要。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック