中古品の出品:5¥ 10,200より

買取サービス
最高買取価格

¥ 2,190
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • オーソン・ウェルズのフェイク [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

オーソン・ウェルズのフェイク [DVD]

6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 10,200より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(9月30日まで)
その他のセール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下アニメBOXセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【50%OFFも】サマーセール開催中 ファッション、家電から食品まで「ほしい」が続々登場。 サマーセールをチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: オーソン・ウェルズ
  • 監督: オーソン・ウェルズ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2000/03/24
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005FX1X
  • EAN: 4510242161224
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 154,379位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

実在する贋作画家、偽自伝作家たちの事件を織り交ぜて作られた、オーソン・ウェルズ監督、主演の傑作ドラマ。

レビュー

『市民ケーン』のオーソン・ウェルズ監督、主演。2人のフェイカー、贋作画家ホーリーと伝記作家アーヴィングを中心に、虚実の入り交じった物語が展開していく。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作・出演: フランソワ・レシャンバック
監督・脚本・出演: オーソン・ウェルズ
撮影: クリスチャン・オダッソ/ゲイリー・グレイヴァー
音楽: ミシェル・ルグラン
出演: オヤ・ゴダール/エルミア・デ・ホーリー/クリフォード・アーヴィング/ジョセフ・コットン/ローレンス・ハーヴェイ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カレーライス 投稿日 2007/9/15
Amazonで購入
オーソンウェルズにまるで魂を抜かれたような傑作である。オーソンウェルズの言うとおり見て行くと・・・詐欺にあった気分だ(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アールでこの助 投稿日 2009/3/14
15年以上前にNHKでオンエアされたビデオを今でもたまに見ています。こんなに面白いのに最近再放送されていないのは悲しいね。オーソンウェルズのウソに見事にハマる事請け合いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
騙す事の楽しさ、騙される事の楽しさ。それが詰まった「フェイク(贋作)」。

細野不二彦の作品で「ギャラリーフェイク」という漫画があるが、90年代に描かれた漫画に先駆けて70年代にウェルズは「贋作」の醍醐味を映画で語っていた。

ファーストシーンで手品を披露するウェルズ。この場面こそこの映画のすべて。自ら「ペテン師」と称し、「嘘」を映像の中で「本物」にしていく作家としての、舞台俳優としての演目。

ファーストシーンが終わって1時間は、稀代の贋作家と稀代の偽作家のエピソードをインタビュー形式で淡々と語る。
やや退屈な1時間だが、ラジオ時代の「宇宙戦争」に関する面白いエピソードやピカソの情事は興味深い。
その後に訪れる17分間の「オヤ」のエピソード。今までの退屈さをなかった事にしてもいいくらい画面に吸い込まれる。どこまでが嘘で、どこまでが真実か。最後まで見ないと絶対に損をする映画です。

この映画のトリックはオープニングから既に始まっていた。
実在の美人モデル、贋作家、偽作家など様々な「フェイク」がインタビュー形式で出てくる。そこから既に「騙し」が始まっていた。

歳を取っても若い頃の情熱は失わない。
最後まで少年の遊び心で映画を作り続けたウェルズの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック