Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
オークションの人間行動学
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

オークションの人間行動学 [単行本]

ケン・スティグリッツ , 川越 敏司 , 佐々木 俊一郎 , 小川 一仁
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,592 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オークションの人間行動学 + オークション理論の基礎―ゲーム理論と情報科学の先端領域 + マーケットデザイン入門―オークションとマッチングの経済学
合計価格: ¥ 8,532

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

ネットオークションでは、どうして落札価格が2番目の価格(をちょっと上回る価格)になるのか知っていますか?

インターネットで身近になったオークションには、独自のメカニズムと理論があります。
経済学の中でもホットな分野である「オークション理論」をわかりやすく解説するのが本書です。
ゲーム理論、行動経済学、実験経済学を駆使して最新の理論がどのように入札行動を分析するのか、
経済学からわかるネットオークションの必勝法とは?

付録では、最新理論に必要な数学的な解説も収録しています。
ネットオークションのユーザーから、学生、教員まで、広く学べる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

21世紀の経済システム「オークション」を学ぼう。ゲーム理論、行動経済学、実験経済学の華麗なる協演。

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2008/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822246639
  • ISBN-13: 978-4822246631
  • 発売日: 2008/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 96,365位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
内容自体は、標準的なオークションを紹介しつつ、なぜセカンドビットオークションが利用されたり、イングリッシュオークションが主流なのかなど、様々な理論を数式無しで読める点では、幅広いユーザー向けかもしれないです。最初はノンフィクションの読み物程度かなと思って読んでいましたが、補論では数式を使って一般化されているので、教科書的な意味合いもあります。
しかし、なかなかページが進まない原因が翻訳された文章です。数行読み進むとなぜか止まってしまう、そしてまた進む・・一歩進んで二歩下がりながら読んでいます。

後半は、ネットオークション(e-bay)がメイントピックスですので、オークション理論を理論的に学ぶよりも、ある程度のオークション理論の概要をつかんだあとに読んだほうが良いかもしれません。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By TOAD
形式:単行本
 インターネットオークションについて,これほど読みやすく,かつ理解を深めてくれるものはないだろう.これを読めば,オークションの制度の謎 ― 例えば,最高入札額がなぜ開示されないのか ― について,理論的に理解できる.本書は,e-bay の2位価格落札制度を解説しており,日本のヤフオクでは1位価格での落札なので,留意して読む必要があるが,そのことが全体の趣旨を損なうことは全くない.むしろ,制度こそが,オークションの真の勝者を選ぶことを理解するうえで,かえって良い思考実験の場所を提供している.
 オークションは資源配分の場であり,経済学では極めて重要な役割をになう場所である.にもかかわらず,振興のインターネットオークション市場について,ここまできちんと分析されたものは少ない.平易で気取らない文章だが,言及している内容は極めて奥深い.学術的な新しい知見が一度に得られる.落札者が自分の留保価格より払いすぎる「勝者の呪い」や,他人の入札価格を引き上げるいじわる行為,などについても,実験経済学の文献を引用しながら解説されている.例えば,本書では,制度および開示される情報が「勝者の呪い」にどう影響するかについて理解するのにそう時間はかからない.しかしこのテーマに取り組んだ著名な学術書には,Kagel and Levinの Common Value Auctions and the Wi
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
絵画の高額落札がニュースになり,サザビーズやクリスティーズなどの伝統的なオークションハウスの名前を耳にすることはしばしばある。しかし,それでも「オークション」というとeBayやYahoo!などのインターネットオークションを思い浮かべるひとも多いかもしれない。本書は,コンピュータサイエンスを専門とする著者による,新しいタイプのオークション理論についての入門書である。本書の特徴は,「インターネットオークション」に固有な問題に対して多くのページを割いているという点にある。

オークション理論は,「出品されている商品に対する入札者の評価値」や「入札者が他者の入札行動を観察できるかどうか」などを基準としてオークションを幾つかのタイプに分類したうえで,出品者や入札者の行動を分析する。この分類は,伝統的なオークションハウスで行われるオークションや公共事業の競争入札に対してはそれなりにうまい分類方法であると言える。しかし,既存のオークション理論による標準的な分類には馴染まないたくさんのオプションや機能がインターネットオークションには備わっている。例えば,自動延長ルールや即買価格,出品期間の長さなどである。そのため,スナイピング(狙い撃ち入札)といったインターネットオークション特有の現象も観察される。著者は,多くの学術的な成果を援用しながら,これらの問題を解説している。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 深い 2013/8/15
形式:単行本|Amazonで購入
まだ読んでいる途中ですが、かなり面白いです。1円オークションとかバンバンやっているヒトは役に立つと思います。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック