Amazon Kindleでは、 オレたち花のバブル組 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オレた&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料、Amazon配送センターより発送】表紙に若干のスレ、ページ部分に多少の経年によるヤケがございます。しかし、読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。お急ぎ便、代引き、コンビニ受取対応。ATM、ネットバンク、Edyによる支払いも可能です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オレたち花のバブル組 単行本 – 2008/6/13


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
¥ 1,800 ¥ 695
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 1,800 通常配送無料 詳細 1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オレたち花のバブル組 + オレたちバブル入行組 + ロスジェネの逆襲
合計価格: ¥ 5,220
ポイントの合計:  157pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

巨額損失を出した老舗ホテルの再建、金融庁“最強のボスキャラ”との対決、出向先の執拗ないびり…“絶対負けられない男たち”の戦いの結末は!?すべての働く人へエールをおくる長篇小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池井戸/潤
1963年岐阜県生まれ。慶応義塾大学卒。98年『果つる底なき』(講談社)で江戸川乱歩賞、2010年『鉄の骨』(講談社)で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』(小学館)で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 323ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/6/13)
  • ISBN-10: 416326700X
  • ISBN-13: 978-4163267005
  • 発売日: 2008/6/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (256件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 133,728位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Egg toast 投稿日 2014/8/17
形式: 文庫
帰省の移動中暇だったので、駅の書店で前作の単行本を何となく購入。
ドラマは見ていなかったですが評判も良いことだし、まあ面白いんだろうと予想はしてましたが
面白いどころの騒ぎじゃなく、どんどんページを読み進めてあっという間に読破し
結局往路で前作、復路で今作を一気読みしてしまいました(^^ゞ

とにかく全てにおいて痛快な前作に比べ、今作はメンタルを壊した同期の復活劇が描かれたり
ラストでの主人公の処遇が腑に落ちないものだったりと、より現実味のある展開が特徴です。
もちろんそれは「物語の中でのリアル」であり、本当の現実世界はもっと厳しい結果になることの方が多いでしょうが、
言いたい放題、やりたい放題の半沢直樹が今作もまたまた一人勝ち!という展開だったら
(きっとそれでも面白いでしょうけど)お話としては今より薄いものになってしまっていたかも。

また、半沢直樹というキャラクターも銀行の一構成員としてお役所の目を誤摩化すことを普通にやったり、
敵の本丸をギャフンと言わせるために小物をギリギリの線で見逃したりと常に絶対正義の人ではない。
そこも妙に人間臭くて、でも物語に引き込まれた読者はその判断にうんうんと共感できるから不思議です(笑)
非常に楽しく読め
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
75 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mobus トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
今回の軸は「半沢vs金融庁 黒崎」「近藤vsタミヤ電機社長」という二つの構図で展開されます。
前作以上にパワーアップした外敵及び内敵に悪戦苦闘しつつ「売られた喧嘩には倍返し」の精神
で次々にそれらをぶち壊していく姿は、ドキドキわくわくしながら読み進めます。

銀行内の派閥争いに知らず知らずに巻き込まれ、気が付けばど真ん中で五里霧中の半沢。
「タミヤ電機」の粉飾や帳簿の改ざんに気が付き、病んで塞ぎこんでいたがバンカーとしてのプライドを取り戻す近藤。

池井戸さんの作品は、人間の「こころ」の描写がとてもに巧いと思う。
お陰で感情移入しやすいのです。

半沢はある意味、サラリーマンなら誰もが理想とする行動力・信念を持ったヒーローなのです。
ダーティーな部分はあるものの、花という妻、信頼できる同期の仲間、部下に支えられる彼は
人としての魅力がとても素晴らしく描かれていると思います。

ただ、今回のラストは「ロスジェネの逆襲」につながりますが、驚きの結末を迎えます。
世の中そう甘くないのだ!!と。バンカーとしての最大の転機をどう乗り切るのか。
楽しみです。(って、既に読んでいますが。)

※TVドラマの後半はこちらを原作になるようですね。
金融庁最強のボスキャラ黒崎のと戦い!楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハピシブ 投稿日 2014/1/22
形式: 文庫
日本の産業に血液である資金を供給し、日本経済を発展させるために存在するはずの銀行。経営者の資質を見抜き将来性にかけるのが、銀行員の役割。しかし、金融庁は過去の決算内容と不動産担保でのみ判断し、容赦なく融資先を分類する。分類されると、貸倒引当金を積んで、銀行の利益が減る。創業直後から黒字は難しい。だから、日本では起業家が育たない。一般の人に金融庁の分類の仕組みをみせたことが、半沢直樹の最大の功績だと思っている。

池井戸潤さんがやりたかったのは、 そんな金融行政に対する倍返しだと思う。

実際は、行政に刃向かうことなどできず、SFA担当が検査員に対して手厚い接待を行うらしい。昔は、MOF担当という名前だった。

誠実な経営者に 融資して、会社が育つと銀行員は、この上ない喜びを感じる。だから、合併前の旧行の違いによる派閥争いに巻き込まれても、銀行員でありたいと願う。

その一方で、銀行ともたれ会い担当者と仲良くしておけば、融資が受けられると思っている甘い考えの会社(この本では、田宮電機)にも、痛烈な批判がむけられている。

直接、お金を商品として扱うので、不正に手を染める人もいる。でも、表面に出てくるのは、わずかで大抵は刑事告訴せずに、うやむやにされる。だから、次の不正が起きる。

半沢直樹も最後は、不正を土下座で許している。ここは、倍返しになっていない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
64 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 コーキ 投稿日 2008/8/16
形式: 単行本
バブルという好景気と不良債権・リストラという不景気の両方を経験しているバブル世代が、銀行や企業の不正に真正面から立ち向かっていくストーリーで一気に読んだ。エリートコースを渡り歩いてきた半沢と、忙しさから病気になって出世コースから外れてしまった近藤、立場が正反対の二人が同期同士でお互いを励ましながら自分が信じる道を貫く様子は読み応えがあった。金融庁の黒崎と半沢の対決はお互い論理的な主張を展開していて読み応えがあったし、銀行内部の不正告発も根回しの様子がリアルに描かれていて最後まで目が離せなかった。特に近藤が銀行員としてのプライド、今まで支えてくれた同期への友情、家族への苦労を天秤にかける場面は緊迫感があってよかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック