Amazon Kindleでは、 オレたち花のバブル組 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
オレたち花のバブル組
 
 
1分以内にKindleで オレたち花のバブル組 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

オレたち花のバブル組 [単行本]

池井戸 潤
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (245件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,800 通常配送無料 詳細
ポイント:54pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン
約30万タイトル 小説や新刊、ベストセラーも対象。10/13まで。 「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン へ。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
文庫 ¥ 713  
単行本 ¥ 1,800  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オレたち花のバブル組 + オレたちバブル入行組 + ロスジェネの逆襲
合計価格: ¥ 5,220
ポイントの合計:  156pt (3%)

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

ドラマ『半沢直樹』原作本! (TBS日曜劇場7月7日~)

傑作企業小説

今度の敵は小役人。
お前ら、まとめて面倒みてやるぜ!

あのバブル組が帰ってきた!

東京中央銀行営業第二部次長の半沢は、巨額損失を出した老舗のホテルの再建を押し付けられる。おまけに、近々、金融庁検査が入るという噂が。金融庁には、史上最強の“ボスキャラ"が、手ぐすねひいて待ち構えている。一方、出向先で、執拗ないびりにあう近藤。また、精神のバランスを崩してしまうのか……。空前絶後の貧乏くじをひいた男たち。そのはずれくじを当りに変えるのは自分次第。絶対に負けられない男たちの闘いの結末は?!

前作の「オレたちバブル入行組」から、責任もピンチもパワーアップして帰ってきました。連載時とは結末もキャラクターもがらりと変わり、ほろ苦さも加わったバブル組をお楽しみください。

すべての働く人にエールをおくる等身大サラリーマン小説

内容(「BOOK」データベースより)

巨額損失を出した老舗ホテルの再建、金融庁“最強のボスキャラ”との対決、出向先の執拗ないびり…“絶対負けられない男たち”の戦いの結末は!?すべての働く人へエールをおくる長篇小説。

登録情報

  • 単行本: 323ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/6/13)
  • ISBN-10: 416326700X
  • ISBN-13: 978-4163267005
  • 発売日: 2008/6/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (245件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 84,603位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
73 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 半沢直樹 再び吼える。 2013/7/18
投稿者 mobus トップ500レビュアー
形式:文庫|Amazonで購入
今回の軸は「半沢vs金融庁 黒崎」「近藤vsタミヤ電機社長」という二つの構図で展開されます。
前作以上にパワーアップした外敵及び内敵に悪戦苦闘しつつ「売られた喧嘩には倍返し」の精神
で次々にそれらをぶち壊していく姿は、ドキドキわくわくしながら読み進めます。

銀行内の派閥争いに知らず知らずに巻き込まれ、気が付けばど真ん中で五里霧中の半沢。
「タミヤ電機」の粉飾や帳簿の改ざんに気が付き、病んで塞ぎこんでいたがバンカーとしてのプライドを取り戻す近藤。

池井戸さんの作品は、人間の「こころ」の描写がとてもに巧いと思う。
お陰で感情移入しやすいのです。

半沢はある意味、サラリーマンなら誰もが理想とする行動力・信念を持ったヒーローなのです。
ダーティーな部分はあるものの、花という妻、信頼できる同期の仲間、部下に支えられる彼は
人としての魅力がとても素晴らしく描かれていると思います。

ただ、今回のラストは「ロスジェネの逆襲」につながりますが、驚きの結末を迎えます。
世の中そう甘くないのだ!!と。バンカーとしての最大の転機をどう乗り切るのか。
楽しみです。(って、既に読んでいますが。)

※TVドラマの後半はこちらを原作になるようですね。
金融庁最強のボスキャラ黒崎のと戦い!楽しみです。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 みやさま トップ1000レビュアー
形式:文庫
 半沢の「倍返し」は言うまでもなく面白いですが,本書の魅力のひとつに近藤の復活があります。
 パワハラ的な上司によってメンタルになって休養を余儀なくされた半沢の同期近藤。
 どこの組織でも同じかもしれませんが,一度メンタルで休養すると,打たれ弱いというレッテルをはがすのは相当難しく,いわゆる本筋のラインからはずれたコースへと余儀なくされます。その一方で部下を精神的に潰した上司は,自身の責任など皆無でつぶれる方が悪いという意識を持っていることから,結局損をするのは部下だけということになってしまいます。
 近藤はもともと優秀な人材で,本来なら銀行にとって貴重な財産になりえたのに,一人の無能な上司のせいで,組織にとっての財産を喪失させているわけで,本来ならその上司をラインから外すべきなのですが,なかなか現実にはそういきません。
 結局出向となり,出向さきでも遠慮して我慢しているうちに,またしても病気の予感がしだす近藤。
 そのまま再発してダメになってしまう人は現実に少なくありません。
 そんな近藤を復活させるきっかけとなったのは,これまで忘れていた近藤の中の銀行員としての誇りと怒りでした。
 
 遠慮ばかりしていても,認められることはない。だったら思いっきり本音でいこうじゃないか。本当の自分をさらけだし,それ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
62 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 コーキ
形式:単行本
バブルという好景気と不良債権・リストラという不景気の両方を経験しているバブル世代が、銀行や企業の不正に真正面から立ち向かっていくストーリーで一気に読んだ。エリートコースを渡り歩いてきた半沢と、忙しさから病気になって出世コースから外れてしまった近藤、立場が正反対の二人が同期同士でお互いを励ましながら自分が信じる道を貫く様子は読み応えがあった。金融庁の黒崎と半沢の対決はお互い論理的な主張を展開していて読み応えがあったし、銀行内部の不正告発も根回しの様子がリアルに描かれていて最後まで目が離せなかった。特に近藤が銀行員としてのプライド、今まで支えてくれた同期への友情、家族への苦労を天秤にかける場面は緊迫感があってよかった。
このレビューは参考になりましたか?
66 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 正義の味方 トップ500レビュアー
形式:単行本
池井戸潤氏の名前は知っていたが読んだことはなかった。初めて手にした本書は非常に面白く満足できた。題名から横田濱夫氏的銀行小説かとたかをくくっていたら全く違う。江上剛氏が描く銀行トップの抗争や反社とは違う。高任和夫氏の描く50歳前後の窓際族行員の悲哀と喜びとも違う。現実に銀行内にある話が緊迫感もって展開され、内容は正しいし、中堅行員となった入行同期の連携、活躍が素晴らしい。本書はバブルで空前の大量採用時代の行員同期の話で、出世コースに乗った者、脱落してしまった者、勧善懲悪の頼るになる同期がいる、持ち場持ち場で支援する同期がいる、そのバブル入行組の活躍が清々しくもあり、行内での力関係や人間関係がおどろおどろする。「東京中央銀行」は旧産業中央銀行と旧東京第一銀行が合併し、ご他聞にもれず「Tだ、Sだ」と摩擦は大きい。主役の営業第二部の半沢次長、法人部の時枝調査役、半沢への協力者の渡真利、システム部から取引先企業へ外部出向第一号の近藤等々の同期が、行内の不審な動きの解明に或いは金融庁検査対応に、結束強く協働して当たる。
所管部移管がなされた「伊勢島ホテル」の巨額投資損失事件と、近藤が出向先の「タミヤ電機」の浮き貸し事件や粉飾決算をめぐり、そこに金融庁検査、特に銀行いじめの悪名高い検査官が加わり、各担当部、関連部が非常に難しい対応を迫られる。しかも読者と等身大の日常の銀行内また取引先
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 なかなか面白い。
テレビ見てから読むと更にいいね。こんな生き方格好いいですね。半沢さん
投稿日: 2日前 投稿者: 井上 恵
5つ星のうち 5.0 前作に引き続き面白かったです
理不尽さと戦う半沢。
新たな脅威との闘いが面白かったです。
前作と同じワクワク感で読めます。
投稿日: 7日前 投稿者: oh_iris
5つ星のうち 4.0 銀行界の内幕は大変ですネ
テレビもいいけど本のほうが尚いいと思います。

銀行マンの友達もいますが、子供の就職先は銀行以外を選んだほうがいいとアドバイスを... 続きを読む
投稿日: 21日前 投稿者: 喜納 政信
5つ星のうち 5.0 痛快な前作、より現実味ある今作
帰省の移動中暇だったので、駅の書店で前作の単行本を何となく購入。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: Egg toast
5つ星のうち 5.0 頑張れ、バブル入行組
半沢直樹シリーズの第2弾です。TVドラマは見ないので、よくわかりませんが、TVドラマはこちらが原作のようですね。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: 993改
5つ星のうち 5.0 バブル世代に共感
 バブル華やかりし頃の売り手市場に入行したエリート銀行員の活躍。バブルを経験した自己肯定感の高い世代が共感する部分多い。
投稿日: 1か月前 投稿者: 奈良太郎
5つ星のうち 1.0 題材が苦手
バブルに金融機関に入った父に勧められました。父は感動と経緯を主人公に抱いていたが、私自身、主人公の底意地の悪さと犯罪すれすれの復讐劇にまったく感情移入できず、後味... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: しよーたろー
5つ星のうち 5.0 とても面白い本です。
テレビの半沢直樹を見て購入しました。テレビとは若干内容の違うものでしたが、それぞれ楽しめました。
投稿日: 2か月前 投稿者: リアパパ
5つ星のうち 5.0 面白かった
一気に読んでしまいました。ストレートな面白さです。ぜひどうぞ!!
投稿日: 3か月前 投稿者: ケロヨン
5つ星のうち 5.0 起承転結がすごい
難しそうな内容で書いてあるが、話としては結構単純なので読みやすい。王道なストーリーで悪いヤツが地獄をみて良い奴が勝つというパターン。最後のほうはどちらが悪者かわか... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: ちゅん
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック