通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オレたち花のバブル組 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 <爆進堂>
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、キズ、地に小さなシミの跡があります。クリスタルパックに梱包し発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

オレたち花のバブル組 単行本 – 2008/6/13

5つ星のうち 4.6 274件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
¥ 1,800 ¥ 809
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オレたち花のバブル組
  • +
  • オレたちバブル入行組
  • +
  • ロスジェネの逆襲
総額: ¥5,220
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【アニメ・ドラマ・映画化原作本特集】
「重版出来! 」「スパルタ婚活塾」ほか、2016年春 放送・公開のTVアニメ、ドラマ・映画原作本をチェック アニメ・ドラマ・映画化原作本特集

商品の説明

内容紹介

ドラマ『半沢直樹』原作本! (TBS日曜劇場7月7日~)

傑作企業小説

今度の敵は小役人。
お前ら、まとめて面倒みてやるぜ!

あのバブル組が帰ってきた!

東京中央銀行営業第二部次長の半沢は、巨額損失を出した老舗のホテルの再建を押し付けられる。おまけに、近々、金融庁検査が入るという噂が。金融庁には、史上最強の“ボスキャラ"が、手ぐすねひいて待ち構えている。一方、出向先で、執拗ないびりにあう近藤。また、精神のバランスを崩してしまうのか……。空前絶後の貧乏くじをひいた男たち。そのはずれくじを当りに変えるのは自分次第。絶対に負けられない男たちの闘いの結末は?!

前作の「オレたちバブル入行組」から、責任もピンチもパワーアップして帰ってきました。連載時とは結末もキャラクターもがらりと変わり、ほろ苦さも加わったバブル組をお楽しみください。

すべての働く人にエールをおくる等身大サラリーマン小説

内容(「BOOK」データベースより)

巨額損失を出した老舗ホテルの再建、金融庁“最強のボスキャラ”との対決、出向先の執拗ないびり…“絶対負けられない男たち”の戦いの結末は!?すべての働く人へエールをおくる長篇小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 323ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/6/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416326700X
  • ISBN-13: 978-4163267005
  • 発売日: 2008/6/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 274件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 235,933位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mobus トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
今回の軸は「半沢vs金融庁 黒崎」「近藤vsタミヤ電機社長」という二つの構図で展開されます。
前作以上にパワーアップした外敵及び内敵に悪戦苦闘しつつ「売られた喧嘩には倍返し」の精神
で次々にそれらをぶち壊していく姿は、ドキドキわくわくしながら読み進めます。

銀行内の派閥争いに知らず知らずに巻き込まれ、気が付けばど真ん中で五里霧中の半沢。
「タミヤ電機」の粉飾や帳簿の改ざんに気が付き、病んで塞ぎこんでいたがバンカーとしてのプライドを取り戻す近藤。

池井戸さんの作品は、人間の「こころ」の描写がとてもに巧いと思う。
お陰で感情移入しやすいのです。

半沢はある意味、サラリーマンなら誰もが理想とする行動力・信念を持ったヒーローなのです。
ダーティーな部分はあるものの、花という妻、信頼できる同期の仲間、部下に支えられる彼は
人としての魅力がとても素晴らしく描かれていると思います。

ただ、今回のラストは「ロスジェネの逆襲」につながりますが、驚きの結末を迎えます。
世の中そう甘くないのだ!!と。バンカーとしての最大の転機をどう乗り切るのか。
楽しみです。(って、既に読んでいますが。)

※TVドラマの後半はこちらを原作になるようですね。
金融庁最強のボスキャラ黒崎のと戦い!楽しみです。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
言わずとしれた「半沢直樹」原作本です。

ドラマでは、切迫感がありジリジリと緊迫したナレーションで話が進みますが、
原作では、ところどころ砕けた口語体で難しい専門用語を軽く説明しているのが印象的でした。
(原作しか知らなかったら、若干軽い印象だったかも。)

ドラマでの土下座シーンは、ある意味「水戸黄門の印籠」のようなカタルシスを感じますが、
原作では物語の端々にある社会人の気概のような事が書かれているのに励まされました。
数多ある自己啓発本にも、この手の事は多く書かれていますが、
半沢直樹の奮闘の中でふと耳にした時、前向きな気持ちが湧いてきました。
(以下、抜粋)
・目の前の人事一つで全てが決まるわけでは決してなく、人生というものは結局のところ自分で切り拓くものである。
 肝心なことは、そのときどきに自分が全力を尽くし、納得できるように振舞うことだ。

・たとえどんな理由で組織に振り回されようと、人生は一度しかない。
 ふてくされているだけ、時間の無駄だ。前を見よう。歩き出せ。
 どこかに解決策はあるはずだ。それを信じて進め。それが、人生だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cow-g 投稿日 2015/11/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
何度も読める事
面白い映画の定義にも言えるんだけど、何度でも観れるのは面白いから
半沢シリーズと下町ロケットを一気に大人買いして、一気読みしてから、前にポチってた「空飛ぶタイヤ」やら「ルーズベルトゲーム」やらも読み返し、更に半沢シリーズ二巡目したりして
シリーズになってもブレてない事を確認出来た次第
因みに半沢シリーズはドラマ先行で原作後追いだったんですが、原作を映像が超える事は基本ないと思ってるんですけど、微妙になってきたかもなぁというのがホンネ
まぁ、別物、別次元の比較だと思ってればいい訳で、面白ければ何だっていいんですって事
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本の産業に血液である資金を供給し、日本経済を発展させるために存在するはずの銀行。経営者の資質を見抜き将来性にかけるのが、銀行員の役割。しかし、金融庁は過去の決算内容と不動産担保でのみ判断し、容赦なく融資先を分類する。分類されると、貸倒引当金を積んで、銀行の利益が減る。創業直後から黒字は難しい。だから、日本では起業家が育たない。一般の人に金融庁の分類の仕組みをみせたことが、半沢直樹の最大の功績だと思っている。

池井戸潤さんがやりたかったのは、 そんな金融行政に対する倍返しだと思う。

実際は、行政に刃向かうことなどできず、SFA担当が検査員に対して手厚い接待を行うらしい。昔は、MOF担当という名前だった。

誠実な経営者に 融資して、会社が育つと銀行員は、この上ない喜びを感じる。だから、合併前の旧行の違いによる派閥争いに巻き込まれても、銀行員でありたいと願う。

その一方で、銀行ともたれ会い担当者と仲良くしておけば、融資が受けられると思っている甘い考えの会社(この本では、田宮電機)にも、痛烈な批判がむけられている。

直接、お金を商品として扱うので、不正に手を染める人もいる。でも、表面に出てくるのは、わずかで大抵は刑事告訴せずに、うやむやにされる。だから、次の不正が起きる。

半沢直樹も最後は、不正を土下座で許している。ここは、倍返しになっていない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック