Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 756

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
オバマ 危険な正体
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

オバマ 危険な正体 [単行本]

ウェブスター・G・タープレイ , 太田 龍
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,052 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オバマ 危険な正体 + 新版 300人委員会[上]支配される世界
合計価格: ¥ 3,996

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

彗星のごとく現れ、アメリカ新大統領に予定どおり当選したバラク・オバマは、ウォール街金融勢力と、狂気のロシア嫌い外交家ブレジンスキーによって育成された「洗脳大統領」である。
―日米のマスコミが身をすくませて報じないこの事実を、ベテラン調査記者が克明に報告。

内容(「BOOK」データベースより)

彗星のごとく現れ、アメリカ新大統領に予定どおり当選したバラク・オバマは、ウォール街金融勢力と、狂気のロシア嫌い外交家ブレジンスキーによって育成された「洗脳大統領」である。―日米のマスコミが身をすくませて報じないこの事実を、ベテラン調査記者が克明に報告。

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2008/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862398
  • ISBN-13: 978-4880862392
  • 発売日: 2008/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 201,528位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
166 人中、127人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By respectden VINE メンバー
今まさに旬のオバマ大統領の危険性を訴えた著作。英語版を入手していたものの積読状態だったところにこの翻訳がそれも陰謀論の大家、太田龍さん監訳で出たのはもっけの幸い。
一読仰天、目が回るほど面白い。あっという間に読めてしまうが語られる内容は深い。
スカル&ボーンズの息がかかったブッシュ大統領は911人口テロを起こし暴走しまくりイラクへ攻め込んだことは最早常識と化している一方、改革を訴えるオバマはいい人だと思っていた意識がきれいさっぱり吹き飛んでしまう。なんと、爽やかなオバマは、ロシアと戦争したくて仕方ないブレジンスキーとその背後のロスチャイルド系秘密結社に育成された洗脳大統領であり、選挙に際しては替え玉まで用意されていたらしい。ブッシュにはできなかった大衆動員をオバマは巧みな演説で成し遂げる点で、単なる独裁者より危険なファシスト(国民揃って自由を放棄させられる)なのだという。彼は武力を用いずに政権転覆をさせる技術、ポストモダンクーデターの一部をなしており、ブレジンスキーのロシアとの最後の戦いに向けた布石にすぎないそうだ。ショーペンハウアーの諦念の哲学が、行動する哲学、ファシズムのある意味源流であるニーチェへと変貌を遂げたように、ブッシュ大統領の時代が大衆動員を伴うオバマの時代(それはファシズムの時代)へと変貌していっている真っ最中なのだと説明される。
イン
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
35 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 本格派 トップ100レビュアー
Amazon.co.jpで購入済み
この本は、「世界は闇の金融勢力によってコントロールされている」ということを前提に進められていることを最初に断っておく必要がある。この考えを認める気がない人は読むべきではない。なぜならこの本ではそのことを証明するのが目的ではないため、それが事実だと納得させられるだけの証拠を提示していないからだ。その点を確認したい人は別の本を当たるべきだろう。

オバマが危険な人物だというのは、主にその背後関係を指している。つまり、ズビグニュー・ブレジンスキーという、世界を裏から操っている組織の一つ、三極委員会の設立者の一人が、オバマを大統領の座に着かせた原動力であり、しかも最大のブレーンなのである。

ブレジンスキーはポーランド出身であり、そのためロシアに尋常ではない敵意を抱き、ロシアを中国と戦わせることで崩壊させようと企む。カーター政権でも外交政策担当主席顧問を務め、世界を核戦争へと導くべく尽力した人物である。
その他のブレーンも極め付きの自由市場主義者であり、金融資本のための政治が行われることは間違いないだろう。
ブッシュを始めとして、その取り巻きが政策を決めることは過去の事例から見ても確実なことであり、オバマがどのような人物かにかかわらず、すでにオバマ政権の政策は見えていると言っていいようである。

著者は9.11
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
38 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By New JJ-K 72 トップ1000レビュアー
Amazon.co.jpで購入済み
2007年4月の会員向けHPで既にオバマの当選を宣言していた副島隆彦さんは、2004年の民主党党大会の基調演説をオバマが行ったのを見て、金融パワーエリートが次期大統領にオバマを選んだと分ったそうですが、本書ではカーター大統領の事例を交えてその辺のことも述べられています。

職場のドイツ人の携帯着信音は「オバマ・オバマ・・・」で、3月からルワンダのNGO等で働き、社会基盤調査を行う英国の才女がオバマに希望しいてると言うのを聞き、国境を越えたオバマ人気はちょっと異常だなぁと感じていました。

本書を読み彼の取り巻き(ブレジンスキー等)の実態が明らかになるにつけ、今の米国人は正に、将来自らを苦しめることになる首相(小泉)を自ら嬉々として選んだ(当時の私も含む)日本人と同じじゃないかと気付きました。

小泉はそれが日本の為との信念だったかはさておき、年次改革要望書に沿うが如く、改革を推進し、戦争へと導く法案を次々と通し、無能なマスコミはそれを取り上げず、その様相は元共同通信ハノイ支局長で芥川賞作家の辺見庸氏が凶弾したファシズム以外の何者でもないと思いますが、本著者がオバマの登場、操作されたマスコミと選挙戦をムッソリーニやヒットラーと照らしてファシズムとして取り扱っている点に納得感がありました。

過度に意見がふ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
53 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ビタミン・トム トップ500レビュアー
アメリカ・初の黒人大統領バラク・オバマが、熱狂的な国民の支持に迎えられて、ワシントンで大統領就任式が、明日(2009年1月20日)行なわれる。

歴史的に見て民主党の大統領では、フランクリン・ルーズベルトとジョン・F・ケネディを思い出す。
彼らの政策を、歴史の教科書で、再確認してみるのもいいかも知れない。
共和党のジョン・マケインは、なぜ、無名のオバマに大統領選挙で、破れたのだろうか。

アメリカを動かしているのは、誰だろうか?
そんなことを考えていたら、この『オバマ 危険な正体』に出合いました。
ジョン・コールマン著『300人委員会 凶事の予兆』を訳された太田龍氏であることも、とても興味深くなりました。

ひとつの視点として、マスコミが報じない世界を観ることができました。

p36 繰り返すが、現在の金融危機の中心にあるのはデリバティブ問題だ。

2009年1月17日、日本経済新聞・朝刊の特集欄で、『THE WORLD IS CURVED(世界は曲がっている)』の著者ジョン・スミスの「バブル崩壊 金融どう再生」を読むと、この「デリバティブ問題」が見えてくるかも知れません。

グローバル化された経済の行くヘ、100年に1度と
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xab8689fc)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック