通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オバマ 危険な正体 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆帯付き☆全体的にコンディション良好なきれいな本です☆ 中古本になりますので、多少の使用感・色ヤケ、シミ等がある場合があります☆ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オバマ 危険な正体 単行本 – 2008/11/29

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2008/11/29
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オバマ 危険な正体
  • +
  • 宇宙一危険な発狂中国 この巨大怪獣を肥育してきたのは誰だ!
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 73pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

彗星のごとく現れ、アメリカ新大統領に予定どおり当選したバラク・オバマは、ウォール街金融勢力と、狂気のロシア嫌い外交家ブレジンスキーによって育成された「洗脳大統領」である。
―日米のマスコミが身をすくませて報じないこの事実を、ベテラン調査記者が克明に報告。

内容(「BOOK」データベースより)

彗星のごとく現れ、アメリカ新大統領に予定どおり当選したバラク・オバマは、ウォール街金融勢力と、狂気のロシア嫌い外交家ブレジンスキーによって育成された「洗脳大統領」である。―日米のマスコミが身をすくませて報じないこの事実を、ベテラン調査記者が克明に報告。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2008/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862398
  • ISBN-13: 978-4880862392
  • 発売日: 2008/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 592,217位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

トップカスタマーレビュー

今まさに旬のオバマ大統領の危険性を訴えた著作。英語版を入手していたものの積読状態だったところにこの翻訳がそれも陰謀論の大家、太田龍さん監訳で出たのはもっけの幸い。
一読仰天、目が回るほど面白い。あっという間に読めてしまうが語られる内容は深い。
スカル&ボーンズの息がかかったブッシュ大統領は911人口テロを起こし暴走しまくりイラクへ攻め込んだことは最早常識と化している一方、改革を訴えるオバマはいい人だと思っていた意識がきれいさっぱり吹き飛んでしまう。なんと、爽やかなオバマは、ロシアと戦争したくて仕方ないブレジンスキーとその背後のロスチャイルド系秘密結社に育成された洗脳大統領であり、選挙に際しては替え玉まで用意されていたらしい。ブッシュにはできなかった大衆動員をオバマは巧みな演説で成し遂げる点で、単なる独裁者より危険なファシスト(国民揃って自由を放棄させられる)なのだという。彼は武力を用いずに政権転覆をさせる技術、ポストモダンクーデターの一部をなしており、ブレジンスキーのロシアとの最後の戦いに向けた布石にすぎないそうだ。ショーペンハウアーの諦念の哲学が、行動する哲学、ファシズムのある意味源流であるニーチェへと変貌を遂げたように、ブッシュ大統領の時代が大衆動員を伴うオバマの時代(それはファシズムの時代)へと変貌していっている真っ最中なのだと説明される。
イン
...続きを読む ›
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
2007年4月の会員向けHPで既にオバマの当選を宣言していた副島隆彦さんは、2004年の民主党党大会の基調演説をオバマが行ったのを見て、金融パワーエリートが次期大統領にオバマを選んだと分ったそうですが、本書ではカーター大統領の事例を交えてその辺のことも述べられています。

職場のドイツ人の携帯着信音は「オバマ・オバマ・・・」で、3月からルワンダのNGO等で働き、社会基盤調査を行う英国の才女がオバマに希望しいてると言うのを聞き、国境を越えたオバマ人気はちょっと異常だなぁと感じていました。

本書を読み彼の取り巻き(ブレジンスキー等)の実態が明らかになるにつけ、今の米国人は正に、将来自らを苦しめることになる首相(小泉)を自ら嬉々として選んだ(当時の私も含む)日本人と同じじゃないかと気付きました。

小泉はそれが日本の為との信念だったかはさておき、年次改革要望書に沿うが如く、改革を推進し、戦争へと導く法案を次々と通し、無能なマスコミはそれを取り上げず、その様相は元共同通信ハノイ支局長で芥川賞作家の辺見庸氏が凶弾したファシズム以外の何者でもないと思いますが、本著者がオバマの登場、操作されたマスコミと選挙戦をムッソリーニやヒットラーと照らしてファシズムとして取り扱っている点に納得感がありました。

過度に意見がふ
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この本は、「世界は闇の金融勢力によってコントロールされている」ということを前提に進められていることを最初に断っておく必要がある。この考えを認める気がない人は読むべきではない。なぜならこの本ではそのことを証明するのが目的ではないため、それが事実だと納得させられるだけの証拠を提示していないからだ。その点を確認したい人は別の本を当たるべきだろう。

オバマが危険な人物だというのは、主にその背後関係を指している。つまり、ズビグニュー・ブレジンスキーという、世界を裏から操っている組織の一つ、三極委員会の設立者の一人が、オバマを大統領の座に着かせた原動力であり、しかも最大のブレーンなのである。

ブレジンスキーはポーランド出身であり、そのためロシアに尋常ではない敵意を抱き、ロシアを中国と戦わせることで崩壊させようと企む。カーター政権でも外交政策担当主席顧問を務め、世界を核戦争へと導くべく尽力した人物である。
その他のブレーンも極め付きの自由市場主義者であり、金融資本のための政治が行われることは間違いないだろう。
ブッシュを始めとして、その取り巻きが政策を決めることは過去の事例から見ても確実なことであり、オバマがどのような人物かにかかわらず、すでにオバマ政権の政策は見えていると言っていいようである。

著者は9.11
...続きを読む ›
1 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 著者は911テロについての陰謀論者であり、この本についても陰謀論が根拠無く提示
されている箇所が数カ所ある。また原書が悪いのか翻訳が悪いのか分からないが、文章の
構成で冗漫な点が見受けられる。

 だが、基本的にはオバマ氏とそのスタッフの演説、著作などから読みとれる事項を解説する
示唆に富む本であり、非常に興味ぶかい本でもある。

 オバマ氏がいかなる人物か知るには「オバマの危険 新政権の隠された本性」を読んで
から本書を読むべきであると思うし、カラー革命がCIAの陰謀などと書かれている点は
個人的にかなり萎えるが、オバマ氏の実態をするどく追求している本であり、オバマ氏に興味
を持つ人には必読の本の一つであると思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック