¥ 648
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オネー&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オネーギン (岩波文庫 赤604-1) 文庫 – 2006/9/15


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 67


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オネーギン (岩波文庫 赤604-1) + スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫) + 大尉の娘 (岩波文庫)
合計価格: ¥ 2,268

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



登録情報

  • 文庫: 232ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (2006/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003260414
  • ISBN-13: 978-4003260418
  • 発売日: 2006/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 81,501位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サッキ- 投稿日 2005/7/22
形式: 文庫
映画『オネーギンの恋文』をみて興味をもち、読みました。まだ小説というジャンルが確立しきっていない頃のもので、あちこち話題がとんでいるような感覚は受けます(もともとの作品は詩形式らしいのでそうなるのでしょうか)。が、テーマは普遍的で本質をとらえたおもしろい作品です。登場人物の心理描写が少し物足りないため説得力を欠く感じもうけますが、なにかイギリスのオースティンの内面描写に通じるものがあります。まとまりに多少かけるものの、すばらしい作品に加えられるべきものではあると思います。
このストーリーを謝って解釈している感想も結構見受けられますが(結局オネーギンは後から惜しくなっていいよっただけじゃん、タチアナあっぱれとか・・・)結局はオネーギンも、周囲の意を汲んで結婚し、周りからは人生の成功者と賛美されているタチアナも、ふたりとも真実の恋に、そして人生に破れたという悲劇です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/1
形式: 文庫
かつて社交界の寵児だったが、今は、若くして人生に絶望した無為な日々を送るオネーギンと、彼に恋する純真な田舎貴族の娘タチヤーナの物語。昔の作品なので、時代がかった表現や描写も多々ありますが、それも古きよき時代の大らかさを感じさせてよいです。
なんといっても、タチヤーナの純真さ、素朴さが、ロシアの大自然の風景とあいまって美しいです。夢みる文学少女の元祖といった感じで、不器用で傷つきやすい彼女の恋心は、読む者の胸もしめつけます。
現在、広く読まれている作品ではありませんが、タチヤーナには一読の価値があるのではと思います。十九世紀好き、ロマン主義好きの方にはお勧め。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しゅてんだる 投稿日 2008/11/17
形式: 文庫
 すれ違いとすれ違い。
 早すぎた女と遅すぎた男。
 非常に恋愛小説らしい恋愛小説、いや、失恋小説らしい失恋小説と呼ぶべきか。

 あまりに優雅な暮らしぶりや拳銃を交えての決闘の場面、古き良きロシア的教養などが
今となっては浮世離れしたものとして想像の妨げとなることは多少あるかも知れないが、
200年にもなろうかという時を隔てた作品でありながらも、物語の展開は現代の人間が
読んでもそうは退屈しないほどにスピード感溢れたもの。
 ただし、好き嫌いがはっきりと分かれる類の小説であるようにも思われる。
 厭世的でありつつも同時に情熱的な主人公。ときに過剰なまでに絢爛豪華な文章。
 いかにも、好きな人は好きだろうし、苦手な人は苦手だろうし、という小説。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 oct 投稿日 2013/12/11
形式: 文庫 Amazonで購入
中学生のとき「オネーギン」を読み、タチアナの純愛に涙した。メトロポリタン歌劇場の映画を覧てその感動が蘇ってまた感激した。岩波文庫がある筈と書斎を探したが見当たらなかったので購入した。少年時代の恋愛が想い出されて感無量だった。客観的に見れば悲恋に終わった方が良かったと思うが、ひたむきな感情の美しさに心が洗われた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Bookie 投稿日 2012/3/4
形式: 文庫
20歳の頃ロシア語を学んでいた。

英語圏向けのソ連発行の中級読本'We Read Russian"を購入した。
この本の中に「オネーギン」前半の山場である「タチヤーナの手紙」と
後半の山場である「タチヤーナのオネーギンへの返答」が
一部省略して掲載されている。

「オネーギン」についてはNHKラジオのロシア語講座で
ロシアの夏と冬の情景描写の部分を学習していた。
こちらはわかりやすいのであるが、
'We Read Russian"掲載のクライマックス部分は手ごわいので、
本翻訳書を入手した。
大雑把なストーリーは立場の大きく異なる男女のすれ違い悲話となるが、
原書を入手して訳書との並列読みをした。

多感な時期に読んだせいか
ヒロイン「タチヤーナ」は私にとっての永遠の女性になっている。

少し後に、二期会が原語で上演したオペレッタの「オネーギン」をみたが、
『手紙』の部分は忠実に再現されていた。
しかしながら、演技者がかなり年上のためがっかりした記憶がある。

可能であれば
14行一連の詩で構成されている原書を読まれることをお勧めする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック