通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に使用感がありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、書き込みなどのチェックは万全を心がけておりますが、万一検品ミスがございましたらご連絡下さい。アマゾン配送センターより安心、安全に365 日年中無休で発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オタク市場の研究 単行本 – 2005/10/14


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 372


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オタク市場の研究 + オタクの心をつかめ  最強の購買欲をもつ顧客たち (ソフトバンク新書) + オタクのことが面白いほどわかる本
合計価格: ¥ 4,568

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

オタクが市場を変える。オタクが市場を創る。オタク人口170万人、オタク市場規模4100億円 野村総合研究所が「アキバ系」ではない新しいオタク像を提示。

登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2005/10/14)
  • ISBN-10: 4492555412
  • ISBN-13: 978-4492555415
  • 発売日: 2005/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 135,624位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 soft_energy 投稿日 2005/12/7
形式: 単行本
様々なメディアで野村総研の数字は引用されており、

兼ねてから野村総研には興味があり、今回、この本を手にとってみました。

読んでみました感想としては、オタク市場の研究と銘打っていますが、

研究と言うよりは、オタクを簡単に紹介しているだけと言う感じがしました。

コンテンツ産業や自動車・ファッション業界に関する内実を、

簡単に紹介していますが、簡単すぎて、新たに知識を仕入れるには至りませんでした。

所謂、「萌え」産業についての考察が、もう少し見られるかな?と思っていたのですが、

一般論に終始してしまっているのが残念でした。

コンテンツ産業についても、オタクの消費行動についても、

マーケティングについても、各々に優れた本があると思いますので、

あえて、この本を買う必要性を薄いのではないかと思います。

ただ野村総研らしいグラフの使い方や、オタクの定義付けには、

好感が持てました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2006/3/6
形式: 単行本
「オタク市場は4000億円」野村総研が、従来あまり語られなかったオタクの購買行動を分析。その実状と可能性に迫る。

と、真面目に言うとそうなのですが、本書はどちらかというと、「オタク(というよりマニア)のことをもっと分かって欲しい」と思う著者たちが、経済やマーケティングの手法を使って作ったネタ本」というのがしっくり来ます。

マーケティング理論等で新たな知見がある訳ではなく、どちらかというと古典的な分析の枠組みを使って「それらしく」見せながら、実は「コミックオタク」や「アイドルオタク」「鉄道オタク」といった各オタク(マニア)のディープな世界へ、読者を道案内するというのが著者のねらいでしょう。各章の末尾にまとめられている脚注の「濃さ」がそれを物語っています。

なお、本書で扱う「オタク」の範囲は非常に多岐に渡っているため、いわゆる「萌え系」や「アキバ系」に代表される一般的なオタク像からは少々乖離があります。

もっと濃い世界を見てみたい方は森永 卓郎『萌え経済学』や、堀田 純司『萌え萌えジャパン』をどうぞ。オタク市場の規模の捉え方も人それぞれで比較すると面白いですよ。

お堅いイメージのある野村総合研究所までがこうした本を出すことにコンテンツ産業を中心としたオタク市場の勢いを感じます。オタク文化をくわず嫌いの方に、入門書としておすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高山の山さん 投稿日 2007/4/5
形式: 単行本
昨今成長著しい「オタク市場」であるが、この本はそんなオタクの市場を客観的、及び主観的両面から観察し、細分化した一冊である。

冒頭は割と専門的な用語も多く使用しているが、中盤以降はそれぞれのオタク分野(クルマ、アニメ、カメラなど)について細かく分類をしている。

また、その分類以前にもオタクを5つのタイプに分けて(例えばネットを多用する「情報高感度マルチオタク」など)いるのだが、人の事を笑えない愚生はどれに当てはまるかと思ってそれぞれを細かく読んでみたが、どれにも当てはまらなかった。

そこで別のコーナーを読むと、例えばアイドルオタクがカメラオタクになってしまうのは、「オタクが凝り性であるがゆえ、或る分野のテーマに興味を持つうちに、その追求手段であった他の分野にも熱中してしまうからと思われる」からだそうだ。…であれば5つのタイプに分けるのはあまり意味が無かったのではないか?

しかし、オタク市場が巨大化しているのは看過出来ない現象であるので、これから大学などの研究機関でこれらについて色々と研究してみるのも面白いだろうし、景気が回復するヒントのもなるのではないかと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック