Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 606

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
オタク市場の研究
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

オタク市場の研究 [単行本]

野村総合研究所オタク市場予測チーム
5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,052 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オタク市場の研究 + オタクのことが面白いほどわかる本 + オタクの心をつかめ  最強の購買欲をもつ顧客たち (ソフトバンク新書)
合計価格: ¥ 4,568

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

オタクはもはやニッチではない。アニメ、コミック、ゲーム、アイドル、鉄道など、12分野のオタク市場に対して、野村総合研究所が試みた初めての真面目なマーケット分析。

内容(「BOOK」データベースより)

オタクが市場を変える。オタクが市場を創る。オタク人口170万人、オタク市場規模4100億円 野村総合研究所が「アキバ系」ではない新しいオタク像を提示。

登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2005/10/14)
  • ISBN-10: 4492555412
  • ISBN-13: 978-4492555415
  • 発売日: 2005/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 128,007位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 実際に読んだ感想としては。 2005/12/7
投稿者 soft_energy
形式:単行本
様々なメディアで野村総研の数字は引用されており、

兼ねてから野村総研には興味があり、今回、この本を手にとってみました。

読んでみました感想としては、オタク市場の研究と銘打っていますが、

研究と言うよりは、オタクを簡単に紹介しているだけと言う感じがしました。

コンテンツ産業や自動車・ファッション業界に関する内実を、

簡単に紹介していますが、簡単すぎて、新たに知識を仕入れるには至りませんでした。

所謂、「萌え」産業についての考察が、もう少し見られるかな?と思っていたのですが、

一般論に終始してしまっているのが残念でした。

コンテンツ産業についても、オタクの消費行動についても、

マーケティングについても、各々に優れた本があると思いますので、

あえて、この本を買う必要性を薄いのではないかと思います。

ただ野村総研らしいグラフの使い方や、オタクの定義付けには、

好感が持てました。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー
形式:単行本
「オタク市場は4000億円」野村総研が、従来あまり語られなかったオタクの購買行動を分析。その実状と可能性に迫る。

と、真面目に言うとそうなのですが、本書はどちらかというと、「オタク(というよりマニア)のことをもっと分かって欲しい」と思う著者たちが、経済やマーケティングの手法を使って作ったネタ本」というのがしっくり来ます。

マーケティング理論等で新たな知見がある訳ではなく、どちらかというと古典的な分析の枠組みを使って「それらしく」見せながら、実は「コミックオタク」や「アイドルオタク」「鉄道オタク」といった各オタク(マニア)のディープな世界へ、読者を道案内するというのが著者のねらいでしょう。各章の末尾にまとめられている脚注の「濃さ」がそれを物語っています。

なお、本書で扱う「オタク」の範囲は非常に多岐に渡っているため、いわゆる「萌え系」や「アキバ系」に代表される一般的なオタク像からは少々乖離があります。

もっと濃い世界を見てみたい方は森永 卓郎『萌え経済学』や、堀田 純司『萌え萌えジャパン』をどうぞ。オタク市場の規模の捉え方も人それぞれで比較すると面白いですよ。

お堅いイメージのある野村総合研究所までがこうした本を出すことにコンテンツ産業を中心としたオタク市場の勢いを感じます。オタク文化をくわず嫌いの方に、入門書としておすすめします。
このレビューは参考になりましたか?
投稿者 マイク島田
形式:単行本|Amazonで購入
オタク。の本質が分かる気がする。拘り気質で何でも突き詰める。なにかの分野でオタクに人は、何をやってもオタク(物事を突き詰める)。そういう人がプロデュースする製品、サービスには魂が宿る。エッジが立っている。そういう人たちにこそ製品の企画、開発をまかせたい。そのなかからこそイノベーションが生まれるのではないだろうか。各事業に数人のオタクを抱え、重用することが新規性の高い製品を生み出せなくなっている大企業がなすべきことなのではないだろうか。と思いをはせさせてくれた一冊。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック