Amazon Kindleでは、 オタクはすでに死んでいる 電子版 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
オタク&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★品質保障。概ね良好なコンディションです。カバーに傷みがあります。紙面の汚れが1ページにあります。全体に曲げぐせが少しあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。簡易クリーニング済。迅速に対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オタクはすでに死んでいる (新潮新書) 新書 – 2008/4/15


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 40


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オタクはすでに死んでいる (新潮新書) + 「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書) + オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
合計価格: ¥ 2,591
ポイントの合計:  62pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

テレビの企画で、いまどきのオタクたちに対面した著者が覚えた奇妙な違和感。そこから導き出された結論は「オタクはすでに死んでいる」だった。。小さな違和感から始まった思索の旅はやがて社会全体の病にまで辿り着く。自由自在に飛び跳ねる思考の離れ業のダイナミズムを堪能出来る一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

テレビの企画で、いまどきのオタクたちに対面した著者が覚えた奇妙な違和感。そこから導き出された結論は「オタクはすでに死んでいる」だった。小さな違和感から始まった思索の旅はやがて社会全体の病にまで辿り着く。日本人はなぜ皆、コドモになってしまったのか。自由自在に飛び跳ねる思考の離れ業のダイナミズムを堪能出来る一冊。

登録情報

  • 新書: 190ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/4/15)
  • ISBN-10: 4106102587
  • ISBN-13: 978-4106102585
  • 発売日: 2008/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (46件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 106,216位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

45 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミチロウ 投稿日 2009/2/7
形式: 新書
一気に読みました。 岡田氏の言うオタクが世にいなくなったという事でした。 昔のオタクは自分の好きな事が理解されなくても良い、 でも好きなことには追求するし布教もするという意欲。 例えばAさんがSFオタクでBさんがミリタリーオタク。 お互い好きな物を理解できなくともおのおの好きな世界を 追求すれば良いじゃないといった考え 今のオタクは萌えが解らないのはオタクじゃない! 好きな声優がいて彼女を有名にしたい!と口では言うが 行動力が無い。昔は学際に呼んだりしていたのに今の子は そこ迄しない 等。 うーん、読んで思ったのは昔のオタクは積極性があったのですね。 と感じましたし、今のオタクはやたらジャンルにうるさい人が多いな、、と。 例えば最近大きな本屋行った時に ジャンプマンガの「リボーンがおもしろくない、何処がいいの?」との発言に 「私はマジであんたの好きなDグレの方がつまらん、何処がいいの?アレ。」 とケンカしていた女子二人(良い歳した大人) (いいじゃないの好きな作品理解されなくても、、) 彼女らを思い出しましたよ。 オタクは今も健在ですが彼が言う昔のオタクがいなくなったという 話が近い気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 takeda99 投稿日 2012/7/22
形式: 新書 Amazonで購入
「オタク」という言葉の使われ方は随分と変わってしまったと思う。
元々は、二人称に「お宅」という単語を好んで使う人々を苦々しく思う人々が使い始めたものだった。初期「お宅族」の「お宅さぁ・・・」で始まる会話は自慢話か知識の押し売りであることが多く、聞いていて気持ちのいいものではなかったからだ。
それがいつの間にか、多種多様な「子どもじみた趣味」に没頭する人々全体を漠然と指す言葉へと変わっていった。
多分、この辺りが筆者の言う「オタク大陸」が最も豊かだった時期だろうと思う。
初期「お宅族」は恐らくやり方が下手だっただけで、自らの知識と知性を高め大陸全体を教化しようとした「貴族主義者」たちだったのだろう。
だが、彼らのある種献身的な努力に対して、オタク大陸」の外縁部でうろちょろするだけの半端者たちは、「単なる趣味の領域で教化などしていただかなくて結構」程度の感想しか持てなかった。

当時「お宅さぁ」と話しかけられるのが嫌で嫌でしょうがなかった大陸外縁部の第一世代は「オタクは死んだ」という実感をかなり以前から持っていたと思う。
悲しみでも喪失感でもなく、安堵感を伴ったその認識がどこから来ていたのか、この本を読んですっきりと理解できた。特定の小さなコミュニティの中であれ、マスメディアの中であれ、何だかやたらと大袈裟
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
74 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kazoo256 投稿日 2008/4/16
形式: 新書
約2年前のイベント「オタク・イズ・デッド」で著者が語った内容を基にした書下ろしです。(その時々で一般的に)「おたく」と呼ばれる(あるいは自認する)人々の姿を描きながら、「おたく」という日本語の「概念」の誕生と変容とその死を紹介しています。
でも、本書で著者が指摘したいのはいわゆる「おたく」の姿ではありません。世間的に「おたく」とみなされる(あるいは「おたくである」と自称する)ような、自己の嗜好に貪欲な人々にすら、著者がこれまでに見た事が無い人が増えていること、それはより多くの(オタクではない)人はそれ以上に変容しているということ、をP170で岩村暢子さんの著著(私もこの本には鳥肌が立ちました)を引用しつつ訴えています。
そのような(とりあえず、著者が語っている対象は日本の)社会に対して、個人としてどう幸せを追及していくのか、が結論となります。

タイトルに「オタク」と入っている時点で間口は狭くなりかねませんが、本書は「世界征服は可能か?」(これは先に書いたイベントの後、約1年前のイベントの内容が基だそうです)「いつまでもデブと思うなよ」に続く、「オタク・イズ・デッド」3部作の完結編ではないでしょうか。推測に過ぎませんが、著者は本当は「オタクは終わった」事が認知されていて欲しかったのかもしれません。しかし、「世界征服は可能か?」のレビューを見て
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 朧小林 投稿日 2011/9/14
形式: 新書
どうも。
恐らく『第三世代』に当たるおたくです。

おたくの変遷、人間はたまた時代の変化によるおたくの変化、そして、
『おたく大陸』とそこの住人達への手向け等が書かれています。

一般の人でも読めるのは読めるのだが、『おたく』というテーマがある分、当事者達の方がより感じる処が多いかと。

『第一世代』の存在を知って驚いた。こんなにも熱く真剣だったのか。

『げんしけん』などの
『オタク日常マンガ』を読んできた自分には正に青天の霹靂。

語り口も落ち着いており、読み易いです。

著者の理論も身に感ずることがあり、「確かに!」と共感させられます。

その鋭い洞察眼には、
敬服するばかりです。

人が変わり、時代が変わり、おたくも変わった。

それが良いか悪いかは別にして。

私は、好きであり続けるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック