¥ 1,728
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オタクのことが面白いほどわかる本 単行本(ソフトカバー) – 2009/5/30


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,319


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

オタクのことが面白いほどわかる本 + オタク市場の研究 + オタクの心をつかめ  最強の購買欲をもつ顧客たち (ソフトバンク新書)
合計価格: ¥ 4,568

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

オタクとはどのような人々か?いかに上手に付き合うかこれを読めば、オタクを「変わり者」と思わなくなります。10種類のオタクを概要・歴史・市場に分けて解説。さらに10種類のオタクをコラムで紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

榎本/秋
著述家。文芸評論家。1977年東京生まれ。歴史全般と本の紹介を主に活動している。ダイナミックな歴史の流れを分かりやすく図版などをからめて紹介することを得意としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 中経出版 (2009/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806133582
  • ISBN-13: 978-4806133582
  • 発売日: 2009/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 192,857位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 B級大好き トップ1000レビュアー 投稿日 2012/5/24
形式: 単行本(ソフトカバー)
 面白かったです。本書はまず「そもそもオタクって何?」というオタクの定義からスタートします。そして、オタクがいつ頃から生まれ現在までどのように変遷してきたのか、という所謂”オタクの歴史”が丁寧に紹介されています。オタクというと、まだまだネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、本書はオタクを揶揄することなく、真面目に「オタクってこういう人なんですよ」と論じています。自分はオタクだと自覚している人が読めば、「あ、確かに俺(私)こんなんだわw」と思うかもしれません。オタクの精神構造の部分はなかなか興味深かったです。

 オタクの全体像を論じた後は、具体例として、アニメオタク・インターネットオタク・ゲームオタク・マンガオタク・パソコンオタク・読書オタク・フィギュアオタク・芸能人オタク・特撮オタク・コスプレオタクの10パターンのオタクを挙げ、それぞれのオタクの歴史や傾向などが事細かに解説しています。これだけのジャンルをカバーするのは大変な労力であったと推察しますが、筆者はよく調べていると思いました。どの章も興味深く読むことができました。また、この10パターンの他にも、「その他のオタク」として、いくつかの○○オタクも紹介されています。

 各ジャンルのオタクについてよく分かる本です。オタクに対してネガティブなイメージを持っている人、自分はオタクだと自覚している人、どちらが読んでも面白い良書だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック