通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
エースをねらえ! 全10巻セット (ホーム社漫画文... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: タバコ臭はありません。全10巻完結セットです。各巻カバーには軽いスレ、目立たない小キズがあります。小口などにごく軽い微ヤケがある巻があります。ページはきれいです。中古品としては、全体的にきれいだと思います。他にはダメージありません。アルコール除菌後にラップ梱包で保管しています。
買取サービス
最高買取価格

¥ 909
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

エースをねらえ! 全10巻セット (ホーム社漫画文庫) 文庫 – 2003/7/1

5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2003/7/1
"もう一度試してください。"
¥ 6,685
¥ 6,685 ¥ 1,980


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エースをねらえ! 全10巻セット (ホーム社漫画文庫)
  • +
  • ベルサイユのばら 全5巻セット (集英社文庫(コミック版))
総額: ¥10,028
ポイントの合計: 432pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

【中古・良品】【安心・安全・迅速なAmazon配送センターより24時間・365日出荷致します】 ☆本体はカバーに中古なりの擦り傷はございます。天面・小口にヤケがございますが通読に問題ない状態です。帯はございません。 ☆検品漏れにより説明の状態と大きく異なる場合はメールにてご連絡下さい。丁寧に対応いたします。 ☆除菌シートにて簡易清掃を行い、Amazon配送センターへ出荷しております。


登録情報

  • 文庫: 2500ページ
  • 出版社: ホーム社 (2003/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834279022
  • ISBN-13: 978-4834279023
  • 発売日: 2003/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 16.8 x 11.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,405位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 まぁちゃん VINE メンバー 投稿日 2004/1/7
【エースをねらえ!】はもうテニス漫画を超えています。
人生の指南書にまで高まった深い漫画です。
今、読んでも色あせない輝きをはなっています。最近の薄っぺらい漫画とは一線を画しています。
一気に何回でも読破したい漫画です。
記憶に残る至宝の名言
『負けることを怖がるのはおよしなさい!たとえ負けても、あたくしはあなたに責任を押しつけたりしない。それより、力を出しきらないプレイをすることこそを恐れなさい!!』
『男なら 女の成長を妨げるような愛しかたはするな!』
『大した苦しみもないかわりに、大した喜びもなく大した努力もしないかわりに、大した成果もえられずぬるま湯につかったように、生きて死んでいく人間が多い中で慟哭をあじわえる人間は、幸せなのだと!だからその慟哭と、真正面から対決しなければ、真の人生は生きられないのだと!』
『この一球は絶対無二の一球なり されば心身をあげて 一打すべし この一球一打に 技をみがき 体力をきたえ 精神力をやしなうべきなり この一打にいまの自己を発掘すべし これを庭球する心という -福田雅之助-』

『たった一晩でも、それが20年に値する時だってあるはずです。』
『愛している、愛している、岡に出会えて良かった』
『岡、エースをねらえ!』
コメント 109人中103人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
私が高校生だった時、クラスの男子のお勧めで全巻春休みに一気読みした漫画です。その時からこの漫画は私の人生のバイブルになりました。

お子様の私が度胆を抜かれたのは、宗方コーチの大人の愛とお蝶夫人の気高い生き様です。愛される事が人生の最大の幸せだと思っていた私に、この2人は、愛する事の幸せを強烈に教えてくれました。

岡ひろみに敗戦した後、お蝶夫人が築き上げた美学は私の理想の女性像そのものになり、子弟であり愛する女性に真摯な愛をひらすら注いだ宗方コーチの生き様は私の人生の目標そのものになりました。嫉妬心を無償の愛へと昇華させたお蝶夫人の気高さは私に本物のプライドを教えてくれ、人生最大の喜びは見返りを期待しない無償の愛だと宗方コーチに教わりました。

勝負とか、恋愛の成就だとか、そういったものを遥かに超えた究極の愛がこの漫画にはあります。親子愛、子弟愛、友情、恋愛、挫折、崩壊、復活、岡ひろみの強さは、真に人から愛された人間の持つ本物の強さです。そして人から真に愛された人間は、必ず、人を真に愛したくなるのです。

岡ひろみの強さの中には、この漫画の登場人物すべての人の愛が凝縮されていて、この漫画の登場人物すべての人は岡ひろみとの出会いで輝くばかりに成長します。時代を超え、老若男女問わず人生の指針になる名作です。
コメント 47人中44人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
もともと母が好きで小学生の時に読んだのがこの本との最初の出会いです。キラキラすぎる瞳、驚きに白目をむく異様な表情…お蝶婦人のセリフまわし等々今時のマンガに慣れた私にすれば「そりゃ明らかにおかしいだろう!」とつっこみをいれたくなるような場面も多々あるのにもかかわらず、それらを超越して非常におもしろい!!こんな大人な高校生・大学生が現代にいるだろうか?果たして当時にもいたのだろうか?と疑問に思うほど精神的に皆優れている。これは単なるマンガではなく大変ためになる精神・人生論を含んでいて、今になっても勉強させられる部分大である。また「岡ひろみばかりなぜそんなにもてる…うらやましい…」と乙女心をくすぐる恋愛模様もたっぷりで(もちろん最近のように激しいものではないが、それが逆に新鮮だったりする)グーである。そして当然スポ根としての要素もバッチリで、男性スポ根ものとは違ってテニスを知らなくてもすんなり入っていけると思う。私もこれでテニスを始めた口ですし。とにかくとってもおすすめなのでドラマで「これはなしかな…」と思っちゃった人もぜひ1度読んでみてください!!
コメント 30人中27人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
ドラマは観なかったけど、
この原作マンガは超名作。

ド素人のテニス部員、岡ひろみが、
宗方コーチによって、その秘められた才能を見いだされ、
プロテニスの道を進んでいくという、
いかにも少女漫画らしい、あり得ないシンデレラ・ストーリー。

テニスの試合展開は意外と地味だし、
(この点、テニプリとは大いに異なる)
ヒロインを取り囲む藤堂・尾崎・千葉といった男どもは、少女漫画だけに、顔良し・頭良し・スポーツ良し・性格良しと四拍子揃っていて、すごくいけすかない。

しかし、しかしである。
宗方コーチと岡の師弟愛はマジで泣けるのよ。
少女漫画なのに、あえて恋愛関係にしない所がいい。惚れた腫れたとか、そういうレベルを超越した究極の信頼関係が、ここにはある。
宗方コーチは感情を表に出さないクールなお人なのだが、宗方コーチが隠してきた熱い魂と優しい心が明らかになってくる物語後半は、涙の乾く暇もない感動シーンの連続である。

宗方コーチはまさに男の鑑。
あの不器用さがたまりませんよ。

というわけで、男も読むべし。
コメント 27人中23人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック