Amazon Kindleでは、 エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
エーコ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫) 文庫 – 2013/2/9


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫) + アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫) + 塔京ソウルウィザーズ (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,933

選択された商品をまとめて購入


冬アニメ&TVドラマ
「暗殺教室」「流星ワゴン」ほか、1月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

わたしの名前は「エーコ」です。友達はいません。でも化学部の部室に居る、お節介な“喋る人体模型”の「トオル」君が、しつこく『自分は友達だ』と主張してきます…。半年前に起こした事件のせいでクラスから孤立した「エーコ」は、ある日入部した化学部の部室で喋る人体模型の「トオル」君と知り合う。まるでボイスチェンジャーを通したかのような声で喋る人体模型に「エーコ」はその正体をいぶかしみ「トオル」君がそれをやんわりと躱すというヘンテコな部活動が始まるのだが、そんな中、校内で女生徒が自然発火するという事件が起こり…。ひねくれ少女のシニカルな学園ミステリー。第19回電撃小説大賞“金賞”受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳田/狐狗狸
『エーコと「トオル」と部活の時間。』で第19回電撃小説大賞“金賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/2/9)
  • ISBN-10: 4048913409
  • ISBN-13: 978-4048913409
  • 発売日: 2013/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 446,473位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まったん 投稿日 2013/4/14
形式: 文庫
電撃の金賞受賞作と聞いて期待して購入。
内容はミステリーに分類されるのかな?

登場人物がむやみに多いですが犯人候補が少なすぎて、犯人が判明する過程やトリックを聞いていても、
まあこいつだろうね・・・くらいしか感想が出てきません。
また、エーコが事件に巻き込まれた理由の解説もありますが、なんで???という感じで理解不能でした。

人物描写も一人ひとりについて描写不足で、一例を主人公のエーコで挙げます。
エーコの人物描写で、「事件後」に世界の感じ方が変わったというのは設定として理解できますが、
その多少感性が変わった人嫌いの女の子と、戦闘時にでトンでも武器類を使いこなす女の子が一致せず違和感を覚えます。

ミステリーとしては出来が悪く、変わった感性の人間の主観で一風変わった世界を描写しているには人物の掘り下げが微妙かと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 バイシクル 投稿日 2013/3/14
形式: 文庫
好みの作品です。
電撃なら『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』に近い作風だと感じました。
乾いた雰囲気に、主人公のですます調がいい感じでマッチしています。

ヒロインは学校のヒエラルキーから外れた、孤高の女の子です。
こういうキャラは大好物なのですが、みーくんと比べるとややゆるい感じがしました。
ですが、みーくんほどドライさを徹底していない分、なじみやすいキャラではないでしょうか。

作風やキャラクターは大変好みなのですが、ミステリ部分が残念でした。
トリックや真相が悪いというわけではないのです。
ただいくつかのツッコミどころが無視できませんでした。

★ここからはネタバレですが、
たとえば、代表的なものでは以下のような点が気になりました。

劇中、なぜ犯人は屋上の梯子を使用しなかったのか? という謎が示されます。
それを刑事はこう推理します。

梯子は使用されていない。すなわち犯人は屋上の階段から堂々と下りていった。
なぜか。
犯人が校内を堂々と歩いていも気にされない人物だからだ。つまり外部犯ではなく内部犯。

という結論に達し、ヒロインも納得してしまいます。
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 平方直樹 投稿日 2014/4/10
形式: 文庫
過去に起きた事件が原因で酒焼けのようなハスキー・ヴォイスになり、感情の起伏が少なくかつ
シニカルな性格に成り果てたエーコ(通称)が身に振る火の粉を払っていくうちに目の前で自分に
敵意を抱く女生徒が次々と燃やされる事件に遭遇し、自身が疑われることを嫌った彼女が
人体模型の【トオル】とともに真相に迫る、本格推理小説と青春ミステリを掛け合わせ、
そして少しだけファンタジーの要素を加えた作品。
人体模型の【トオル】という「安楽椅子探偵」ならぬ「安楽椅子助手」
(これは小生が勝手に名付けたものですが)というキャラクターを出すアイディアもさることながら、
理系出身でないと描くことができないであろうハウダニットが秀逸で、ある意味電撃文庫らしくなく、
メディアワークス文庫での発行や、小説野生時代(角川書店)に掲載されていてもおかしくない作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック