¥ 4,104
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
エロテ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

エロティック・ジャポン 単行本 – 2010/12/18


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 1,975


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

エロティック・ジャポン + 会田誠作品集  天才でごめんなさい
合計価格: ¥ 7,776

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“日本のエロティック・カルチャー”は世界からどう見られているのか?気鋭のフランス人女性ジャーナリストが論じる、あまりに奇妙で、あまりに豊饒な日本のエロス的イメージ。現代アートや浮世絵、風俗雑誌など、約300点にのぼる図版を収録。

著者について

1969年、フランスのジャーナリスト。パリ第三大学で現代文学を学んだ後、高等情報通信科学校で日本漫画とメディア論を専攻。日本関係の著書に『日本の〈愛と快楽〉辞典』『日本の〈欲望〉の対象』がある。

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2010/12/18)
  • ISBN-10: 430924534X
  • ISBN-13: 978-4309245348
  • 発売日: 2010/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 198,926位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

103 人中、94人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 katoler 投稿日 2010/12/30
形式: 単行本
本書は2006年にフランスの老舗出版社アルバン・ミッシェルから刊行された「日本のエロティックな想像力」の邦訳である。
原書は邦訳版よりも大判で全ページカラーの豪華本だ。かなりの高額本であったにも関わらずフランスで異例の売れ行きを示し、現在も版を重ねているという。私はこの本(原書)を数年前に知人から見せてもらったのだが、そこで紹介されている「日本のエロパワー」に正直驚愕し圧倒された。著者のアニエス・ジアール(女性)の日本の性風俗に対する博覧強記ぶりもさることながら、この本で紹介されている性的イコン・表象の多くは、私が見たことも聞いたこともないものであり、凄まじいエネルギーをもって迫ってきた。フランス語はわからないので、当時は図版をただ眺めているだけだったが、この本から、森口裕二の少女画や田亀源五郎のゲイ・エロティック・アートなどの存在をはじめて知った。
現在、日本の漫画・アニメ、カワイイ文化などが海外で受けていることから、御用学者や役所の連中も日本のソフト・パワーを世界に広めるのだと息巻いているようだが、そうした甘ちゃんたちが、この本の醸し出す毒気に晒されたひとたまりもないだろう。そもそも文化とは、連中が考えているような口当たりの良いものでもなければ、国威発揚の道具でもない。
かつて19世紀のヨーロッパで日本文化が紹介され、ジャポニズムと呼ばれるカルチャ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
44 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ワッフル 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/31
形式: 単行本
挿し絵がたくさんありますが、すべてモノクロです。絵は小さく文字が多い。表紙に期待し過ぎると違和感があります。

フランス人が日本の性文化をどう見ているか、あるいはどう誤解しているか、という点に興味があれば面白いかもしれません。

フランスの姉妹サイトのA...frを読む限り、原著はカラーで美しい本のようです。著者の目的は絵を見せることにもあったんじゃないでしょうか。

大きさはA...deに記載がありました。さすがはドイツ人。24.2 x 18 x 3.2 cm だそうです。日本語版は上にあるとおり 21 x 15 x 3.6 cm です。原著が少し薄いのはカラー印刷用の上質紙だからでしょうか。この本は『文藝春秋』などの月刊誌に近い紙質です。

フランス語の原著は英独仏の姉妹サイトで買えます。
ISBN: 2226166769
一時期はout of printだったんですが、増刷したんですね。現時点で28.55ポンド、35.99オイロ、33.25ユーロです。一冊だけなら送料を入れるとイギリスが安いと思います。ただし、原著も絵は小さいようです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 matsuwo 投稿日 2011/2/14
形式: 単行本
日本語版よりでかくてカラーらしいので、仏語版が欲しかったのですが、期待していたようなレゾネっぽいな感じではなく大量で長いの文字列!読めないフランス語の本買わなくて良かったっス。
内容は、著者であるフランス人女性ジャーナリストが日本の性をストレートに語った評論。文字が多く期待はずれかと思ったんですが、結構噛みごたえのある文章に引き込まれましたよ、半ば強引ですが。日本人が持つ特有の価値観や美学をまったく取っ払った形で、ガツンとこの手の題材を見せられるとちょっとビビリます。だけど面白い事に、それで「気付き」が起こったりするわけです。自分の意識してなかったフェティズムを突然認識させられたり。
全体の文章の雑さ、洋書ならではの日本語訳のニュアンスが気になる所などあったんですが、最後の訳者のあとがきを読んで膝を打ちましたよ。著者の極端な日本の認識を上手に訳し直し、かつ比較文化的な側面を壊さぬよう不自然なテキストをあえて残し違和感のある文章にしてあるようです。この匙加減は理解出来そうも無いけど凄い事だってことはわかります。
数多くの側面から箇条書きされたこの本、著者は総括するような文章を残しておりません。フランス人の為の日本性風俗百科とでも言いましょうか?内容は兎も角として、この本がフランスで沢山売れている事に何かがあるのでしょう。彼らが日本の何かに強い欲求を持ち、私たちは多少の誤解を受けながらも発信し続けているのです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 編集素浪人 投稿日 2011/3/6
形式: 単行本
 下ネタ得意の河出らしいスマッシュヒットです。逆のことを考えてみてください。これほどまでの情熱と好奇心をもってフランス・エロティカを語れる日本人がいますか? 皆無です。つまりこの著者はそこらの日本の大学教師ができないことを難なくやってのけているのです。日本語も満足にできないのにね。すばらしい。
 美しい誤解? いいじゃないですか。うちこみと惚れっぷりの強度が肝腎なのですから。それに、この人、基本的に知的で、ピジョーとかヴァルテルとかスクリーチなどからアカデミックな情報も仕入れていることは付言しておくべきでしょう。受け狙いの放言ではないということ。
 それにしても、おフランスの女に、持ち上げられたりいじられたりですっかりいい気分になってしまう日本人(わけても男)って何? 思わず苦笑してしまうのでした。All Japanese are perverse!
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック