Amazon Kindleでは、 エロイカより愛をこめて 35 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 453
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エロイカより愛をこめて 35 (プリンセスコミックス) コミック – 2009/6/16


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

エロイカより愛をこめて 35 (プリンセスコミックス) + エロイカより愛をこめて 36 (プリンセスコミックス) + エロイカより愛をこめて 37 (プリンセスコミックス)
合計価格: ¥ 1,359

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 秋田書店 (2009/6/16)
  • ISBN-10: 4253194559
  • ISBN-13: 978-4253194556
  • 発売日: 2009/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

65 人中、64人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 momo缶 投稿日 2009/6/16
形式: コミック
2年半ぶりの新シリーズ開始!
収録内容
・聖夜の善き訪問者たち(番外編)
・古城販売作戦    (番外編)
・NO.22
 聖ヨハネの帰還   (新シリーズ)

聖夜の・・は、ミスター・Lの邸宅にロレンスと伯爵一行、そして少佐が集まります。伯爵はもちろん本職のため、少佐は自宅からの逃亡・・。おりしもクリスマス。ただでは済みません。

古城販売作戦にはフランスの妄想マダムが再登場。
少佐は父の命令であるドイツの城を売却することに。伯爵に頼みますが。マダムを巻き込み暴走(妄想)は留まることを知りません。騎士姿の伯爵をみれて大満足です。

聖ヨハネの帰還は、イタリアのローマへと連れていってくれます。闇ネットオークションなども出てきて、時代を感じますが、少佐以下、A〜Zに部長に伯爵一行と勢ぞろいです。35巻にはまだ出てきてませんが、ミーシャとのガチンコも待っています。
ビザンチン美術の謎と東欧武器密輸の追跡、盛り上がります!!

ロレンスいわく、「男騒ぎの大パーティ」!!
楽しみましょう!!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 蘇冬 投稿日 2009/7/21
形式: コミック
もうすでに30年以上連載されているので、伯爵も少佐も、各登場人物のキャラクターは分かっているつもりでした。
しかし、まだまだ意外なことばかりが。(笑)
鋼鉄パパの電話に血の気がひく「鉄のクラウス」の姿。伯爵でなくてもたまりませんね。
昔々、若い頃のお姿しか拝見していませんが、ぜひ「鋼鉄パパ」のお姿を出してもらいたいものです。
(みんな引くかなぁ。もしかして青池先生も引いたりして。)
また妻の言動に「愚痴る真面目夫A君」。少佐でなくても「うっとおしい。」と思いますね。(笑)
あとびっくりしたのはあの「部長」に悪態をつかれて衝撃を受けた少佐が、
「踏んばれ もちこたえろ クラウス」というセリフです。
少佐が自身のことを「クラウス」と呼ぶのは初めてではないでしょうか。
このシーンを読んでから、仕事で嫌なことがあると「踏んばれ もちこたえろ ○○(本名」と言ってがんばっています。(やれやれ)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 真紀 投稿日 2009/7/7
形式: コミック
二十年(?)前の超人気本ということで初めて読んで見ました。人物関係がややわかりにくい
ところがありましたが、非常に面白く楽しめました。ギャグが詰まりすぎていて、読んでいる
とすごく疲れましたが、それがまたいいですね。内容、雰囲気等初期の方とほとんど変わって
いないということなので、さっそく第1巻から読んでみたいと思います。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック