Amazon Kindleでは、 エロイカより愛をこめて 34 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 453
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
エロイ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エロイカより愛をこめて (34) (プリンセスコミックス) コミック – 2006/12/15


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

エロイカより愛をこめて (34) (プリンセスコミックス) + エロイカより愛をこめて 35 (プリンセスコミックス) + エロイカより愛をこめて 36 (プリンセスコミックス)
合計価格: ¥ 1,359

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 198ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2006/12/15)
  • ISBN-10: 4253194540
  • ISBN-13: 978-4253194549
  • 発売日: 2006/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

43 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 蘇冬 投稿日 2006/12/25
形式: コミック
青池先生は一体どこからこんな情報を集めてくるのだろうか?まるでジョン・ドレイクのように、そして少佐のようにものすごい情報を集めている。

松明式典とは初めてききました。うーん、軍事物は結構読んだのに・・・。

とってもかないません。34巻目でもまだ新しいことが出てくる青池先生の引き出しの多さに脱帽です。

少佐は警官の帽子も、特殊部隊のボディ・アーマー姿も決まっています。もちろんひげ面も。

伯爵とQがそれなりに活躍しますが、この巻は圧倒的に少佐でしょう。

番外編のドルイドのメーキャップの少佐・・・笑い声も素敵です。(爆笑しました)

是非日本に来て、歌舞伎の舞台にも立っていただきたいくらいです。

武蔵坊弁慶などはいかがでしょうか?大変迫力のある見得を見られると思うのですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2006/12/28
形式: コミック
エーベルバッハ家の執事さんが楽し気に見ていたDVD「ケルトの幻想」に出ていたフランツ・シュミットなる「売れない三流役者」の正体について調査を行いましたが、残念ながら本人を確認するには到りませんでした。
しかし、なんと同名の音楽家と作家がいることがわかりました。
おちぶれて趣味のコスプレDVDにチョイ役で出演している俳優さんにとって同名の有名人が同時代に存在することはなかなか厳しい人生が想像され、勤め先のご主人様に似ているという理由ではあれど、前述のごときファンの居ることは大きな慰めであろうと思われます。(了)

さて、戦車のごとき(いや、戦車をものともせぬ)マダムパワーで思いを遂げた伯爵ですが、そういえばあの可愛らしいおばさまスパイの登場する回のラストでの彼の思いはさて果たされたのやら、と野暮な思いに耽ってしまいます。
…少佐はワルツを?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サーメ 投稿日 2006/12/17
形式: コミック
何年も続くシリーズともなると、いわゆるオチの持っていきかたが読者に薄々わかるものですが、エロイカは毎度、いい意味で裏切られます。32巻で、東欧の国名がでたからミーシャが登場するなんて書いたけど、外れましたねえ。ケルトだけに収まらず、ドイツ連邦軍まで出てくると、こっちの知識もお手上げです。青池先生、調べ尽くしてネーム作ってます。脱帽です。

まるでジェイムズくんの登場がなかったんですが、フランス情報部のQが最後まで、嫌われキャラをやってくれました。ミーシャや白クマが、敵役にしては人間的なので感情移入しやすのに比べ、Qは性善説より性悪説ともいうべき孤高の人物。唯一、コワレてないだけか(笑い)。けっこう硬派ですねえ。

濃いキャラクターにより、番外編まで登場したケルトマニアのミレーヌ夫人。韓流に血湧き踊る、どこかの国の婦女子に似たものがあります(笑)。耽美がすっかり妄想になってしまいました。

今回の目玉は、やはり、少佐・伯爵・Qそろい踏みのコスプレ。カツラをかぶっても変装にならない少佐の部下たちが漏らしたように、変装一つとっても、やはり一流はどこまでも一流です(笑)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック