通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
エリートセックス (幻冬舎新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書き込みなし。ページの折れ目なし。カバーに小傷あり。通常程度の中古本です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エリートセックス (幻冬舎新書) 新書 – 2007/5/30

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 164

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エリートセックス (幻冬舎新書)
  • +
  • 奥義直伝
  • +
  • フィンガーセックス (ベスト新書)
総額: ¥3,610
ポイントの合計: 86pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

年間セックス回数世界最下位、「イケない」男女の増加―。“いいセックス”を知らない日本人のために、カリスマAV男優である著者が、女性6000人との経験から「快感の絶対理論」を導き出した。快感のメカニズムがわかれば、あなたのセックスが、女性を心身ともに解放し大きく変える。だが、AVを教科書にしている限り二人が心から満たされることは永遠にない。セックスに特別なテクニックは不要。まず、今までの知識をゼロにリセットせよ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/鷹
1962年、秋田県生まれ。秋田商業高校卒業後、地元で日立の営業マン、秋田ビューホテルのホテルマンなどを経験。87年に上京、AV業界入り。88年に撮影スタッフからAV男優に転向。以来、AV出演約五〇〇〇本、共演女優は約六〇〇〇人を数え、名実ともにAV界トップスターの地位を築く。TVドラマ、バラエティ番組、雑誌、書籍などにも活躍の場を広げ、恋愛やセックス相談への真摯なアドバイスに女性ファンも多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 168ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344980344
  • ISBN-13: 978-4344980341
  • 発売日: 2007/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,132位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 本当にしびれるような良いセックス、まぁこんなもんか気持ち良くはなったけれど、というセックス、しない方が良かったなというセックスの違いはどこにあるのだろうと思っていた。
 
 この本にはその答えが明確になっていて、大きく頷く事が多かった。

 相手に対する「観察力」と「読解力」まさにその通りだと膝を打つ!

 女性がなかなか言えない事を、鷹さんは代わりにわかりやすい言葉にしてくれました。

 目の前にいる人をよく観察し、その求めるものを感じる。
よくよく見て感じてみれば、そこにはいろいろな相手の求めるサインが出ている。

 そして、女性と男性のボルテージの波の違いは、なるほどと納得。
「第5章」ここ重要と思われます。

 バーチャルよりも目の前で起こっている事や人、生身の体験を大切にできる人が、
この世に一人でも増えたらいい。

 この本は男性が読者の場合が多いかもしれないけれど、鷹さんは女性へも優しく語り掛けています。「イカなきゃ」いけないというその義務感が男を駄目にしているかもしれないと。だから、無理する事はないんだよと。

 私はこの本を読みながら、鷹さんにあったかく包まれているような安心感を得ました。
女性にもお勧めします。当然男性にもです。
コメント 66人中59人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 新書
加藤鷹の文章や語りは以前にも目にしたことがある。それらをこの本を含めて思い出せば、この人は自らの長年の経験を振り返り、極めて真剣にその意味を考えつつ言葉にしようとしていることがわかってくる。

「セックスには、その人が今まで生きてきた人生がそのまま出る。ものの見方や考え方はもちろん、人に対する思いやり、協調性、読解力や観察力などもすべて。僕に言わせれば、あからさまな人生そのものだ。」(150頁)

いい大人であれば、この言葉を前に、自らを振り返ってみるといい。もし何も感じないようなら、おそらくそれは人生におけるかなり深刻な問題を意味しよう。

世の中のすべては、互いに触れ合い、繋がり合って、そこに在るのである。セックスであれ、AV男優であれ、ピンクローターであれ、ぞんざいに扱っていいものは一つもないのだ。

それでも嫌悪感があるなら、無理して手にとって読む本ではない。ただ、どうせ読むのなら、いい加減にではなく、真面目に読むべきだと思う。

数字などは正直どうでもいいのだが、皮膚と粘膜と内臓とをもって6000人の異性と触れ合った経験を馬鹿にできる人が世にどれだけいるのだろうか。プロフェッショナルなAV男優としての加藤鷹の言葉は、それを馬鹿にする人が馬鹿に見えてくるだけの真実を含んでいる
...続きを読む ›
コメント 83人中67人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 Daina VINE メンバー 投稿日 2008/11/17
形式: 新書
加藤鷹さんの名前と肩書きだけは存じていました。
「その道の大家」といわれる人は、「その道」について、こんなにも具体的に表現できるものなのだ、と思いました。

女性の立場からの読後感は、「そうそう、そうなのよね、やっぱりこの人わかっているわ」。

セックスのときにお互い目を合わせるとか、行為に没頭せずいつ何時でも相手を思いやれ、
終わったあとは手をつなげ などなど・・・。

女性にしてみたら当たり前だけど、男の人にはわからないんだろうなあ、ということが
読みやすく書かれていました。

セックスの精神的指南書、とでもいいますか。
でも、これは実技よりももっと大切なことです。
相手を思いやることができるからこそ、人間に発情期はないのですよ、きっと。(笑)
(言い換えると、人間はいつでも発情期になれるというか・・・)

ソフトSMとか、第三の穴の使い方とかピンクローターの使い方とか。
ちょっと参考になることも書いてありました!

自分のセックス、これでいいのかな?と思っている男性にぜひ読んでいただきたいと思います。そして、パートナーにこうして欲しいな、と思っていても、なかなか言い出せない女性にも。
コメント 37人中30人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者の出演するAV作品を見たとき、氏が女性を滑らかに蹂躙していく姿に感銘を受けたことがある。言葉と動作とタイミングと、様々な要素を持って二人だけの世界を作っていく巧みなセックス。
カーマ・スートラや房中術、また最近で言うならスローセックスといったものに興味を持っている自分は、加藤鷹さんがいったいどのようなセックス観を語っておられるのか気になり、本書を手に取ってみた。
本書の中身は、女性を主体としたセックスの思想に一貫している。フェミニズムというわけではない。完全に男向けに書かれた本なのだ。セックスにおいて、男が果たすべき役割が丁寧に書かれてある。
そのための内容として、前戯、挿入、後戯に使うエネルギー配分は5:2:3といったような、具体的なことが非常に明快な言葉で綴られている。
あとがきの中で、鷹さんは「セックスライフが充実しないと、日本社会は決していい方向へ向かわない」と述べているが、その通りだと自分も思う。
コメント 11人中9人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック