通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
エリートなあなた (ベリーズブックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エリートなあなた (ベリーズブックス) 単行本 – 2012/3

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/3
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エリートなあなた (ベリーズブックス)
  • +
  • 結婚恋愛 (ベリーズブックス)
  • +
  • 不自然な関係 (ベリーズブックス)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

外資系メーカーに勤める28歳の吉川真帆は、6歳年上の黒岩修平と入社半年の頃に出会う。修平の的確な指導のおかげで働く喜びを感じ、同時に修平の優しさに惹かれていく真帆。二人が交際を始めるのに時間はかからなかったものの、周囲には秘密の仲が続き、そのうちに修平は取締役に抜擢される。真帆の元カレの出現や修平の米国本社配属など二人を取り巻く環境は次第に波乱を見せて…。エリートな彼との、極上に甘いラブストーリー。


登録情報

  • 単行本: 370ページ
  • 出版社: スターツ出版 (2012/03)
  • ISBN-10: 4883811727
  • ISBN-13: 978-4883811724
  • 発売日: 2012/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 476,069位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 myu 投稿日 2013/11/10
Amazonで購入
お話はしっかりしてるし 脇役はおもしろいし
ヒロインも 頑張り屋さんで好感がもてるんですが・・・
ジリジリするというか せつないというか
暗いストーリーじゃないけど重いんですね〜
2人が付き合い出してから ヒーローが海外赴任するまで
数ヶ月しかないのに 月1ぐらいでしか
プライベートタイムがないのもどうかと思いました
もう少し お互いの想いを深めていっているんだなと
思える部分があったらよかったなぁ

それから 帰国後の展開が説明のみだったのも残念。
それまでが 甘々じゃなかったぶん
秘密の関係が解除されてからの
ラヴストーリーが読みたかったです
コメント 1人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
基本は真帆視点。
時々黒岩視点が織り込まれているのですが、ラストの方で黒岩が帰国して短い再会の場面の後は、はほとんど黒岩視点。
しかも、過去話。
本社及び支社のことはまぁいいとして、アホ女にひっかかってHIV感染して自殺した親友の話って、この作品に必要ですか?
はっきりいって、いらない。
で、その過去話が終わったら、真帆との一時的な離別前のシーンが見開きで、次に再会後の後日談的な「説明」が見開きで、それでおわり。
は? です。
過去話なんかより、再会後の盛り上がりを書けよ、と最悪の読後感でした。

なんか作者の自己満足・自己陶酔を押し付けられただけのようで。
なんでこんな構成にしたんだか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック