天地創&... がカートに入りました
+ ¥ 340 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 追跡可能です。キズ等御座いますが、概ね綺麗な状態です。お客様へ少しでも早く届きますようご注文確認後12時間以内を目標に、24時間以内に発送致します。雨でも中身が濡れないよう防水梱包済です。です。何点ご注文頂いても配送料は340円ですので、是非当店の他の商品も合わせてどうぞ。丁寧な梱包、迅速な発送、素早い対応を心がけております。併売等しておりませんので、こちらからキャンセルは致しませんのでご安心下さいませ。御質問、御要望等あれば、お気軽にお申し付け下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 天地創造
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

天地創造

プラットフォーム : SUPER FAMICOM
80件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 12,744
価格: ¥ 12,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 744 (6%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、yume_senko ★ご注文の際はコメント欄をご確認下さいませ★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
  • SUPER FAMICOM
  • スーパーファミコン用カセット
  • エニックス ENIX
  • ロールプレイング RPG
中古品の出品:26¥ 2,284より

レトロゲームストア
【こちらもチェック】レトロゲームストア
懐かしのファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイなどのを集めたレトロゲームストアを開設。当時の思い出深いゲームの数々をもう一度楽しもう。 こちらからチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

天地創造 + ガイア幻想紀 + スーパーファミコン(本体)
合計価格: ¥ 52,800

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0000645P8
  • 発売日: 1995/10/20
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (80件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 5,158位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

107 人中、102人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 コロ 投稿日 2006/12/3
Amazonで購入
この間初めてプレイし、30歳過ぎにして非常に感動させられ涙しました。
このストーリーは歳を重ねた人ほど深く心に沁みるのではないかと思います。

最後まで解かれない疑問があったり、アイテムや魔法のバランスの悪さ、ダンジョンの難解さ
など、すべてにおいては完璧ではないかもしれませんが、音楽や映像、特にストーリーの良さ
がそれを補って余りあります。
一度クリアしたあとにデモ映像をあらためて見ると、デモ映像の秀逸さが良くわかります。

人間って何。その答えのひとつがこのゲームの中にあるような気がします。
子供の代まで伝えたい作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
91 人中、85人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キーヤン 投稿日 2002/6/6
なんのへんてつもない小さな村に住んでいる普通の悪がき。その村に開けてはいけない扉が一つだけあるのだがそういわれると開けたくなる・・・と、そこから少年は奇怪な現実を目の当たりに世界を復興させる旅にでるのです。
アクションや謎解きが他のゲームよりも数段快適で面白い事にはまってしまい、買ったときには全然予想できないほどの個性的なストーリーに快感しました。
・・・そして終盤になると手が止まってしまう。ここでこの冒険を終わりたくない。話しが短いわけではない、むしろ長かったせいかもしれない。全然飽きてないしもっともっと遊びたい。それと、ずっとこうして主人公とこの世界でいろんな冒険をしていたいと強く思ったからです。
ぜひこの気持ちを味わってもらいたいです。
私が今も1番好きなゲームは「天地創造」のままです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
63 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヘリウム 投稿日 2006/8/15
とある日、友人と昔のゲームの話しをしていたら、その友人に「天地創造」を進められ、やってみることにしました。

ちなみに自分はどんぴしゃでスーファミ世代でした。中でも「クロノトリガー」が好きでしたが、今はこの「天地創造」が間違いなく一番です。
自分が小学生の頃にこんなソフトがあったなんて本当に驚きました。
書き表せない感動がこの「天地創造」にはあります。

機会があったら是非みなさんもやってみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 宏邑 投稿日 2008/9/6
人それぞれ感性の違いがありますので、このゲームをプレイして「つまらない」と感じる方もいらっしゃるかも知れません。でも、私はこのゲームが大好きです。

発売当時は小学生で、お年玉をはたいて購入し(今思えばスーファミはソフトが高かった・・・)時間さえあれば兄を押しのけて電源を投入し、ひたすらプレイしていました。
今思えば当時の私には「天地創造」の言葉の意味すら分かっていなかったと思うのですが、2回、3回と繰り返しプレイしてはまた最初から・・・何度もやって効率よくプレイできるようにはなっても飽きることはなかったと記憶しています。
我が家のスーファミが限界を迎えて眠りについてからも、このソフトだけは処分する気になれず、10年以上たったいまでもスーファミ本体を買いなおそうか迷っているところです(笑)

大筋のストーリーはもちろんですが、それ以外で起こる小さなイベント(個人的にイワシの缶詰の発明イベントが好きでした)が楽しくて、旅先の町で売られている現地ならではの食べ物やわんこそばのミニゲーム(指が痛くなりましたw)など、よみがえった世界の隅々までひたすら歩いたものです。
ストーリーに大きな分岐があったり、やりこみ要素が豊富なわけでもありませんが、ストーリーとは関係ない隠れた場所があったり、あちこちで出会う仲間たちなど、子供
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/17
普通のRPGとはなんか違う。よく違う違うとは言われるけども、これは別格。明らかにテーマが重い。ゲームの終盤までいくと、徐々に一人でいることの寂しさがよくわかってくる。“神様ってこんなんだろうなあ”そう思えて仕方ないのだ。また、今この世にある世界をフィールドにしているため、よく重ねてみてしまう。これが藤原カムイのなせる業。
それと、この物語のPS2版orグレードアップ版を心からお願いしたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鬱ウラウラ 投稿日 2008/8/16
数々のゲーム会社がプレイステーションに市場を移す中、スーファミ時代後期にエニックスから発売されたクインテット三部作最後のアクションRPG。
クインテットの作品らしい、自分が神様になって生物の住める豊かな大地を創造するという壮大な世界観が存在している作品である。

・ストーリー

地球の裏側に住む人々、そのうちの一人である主人公アークはひょんなことから村長の家にある開かずの部屋に忍び込むことになる。
そこで不思議な生物と出会い、今では荒廃してしまった地表(私たちが本来住む地上)を復活させるという使命を負うことになってしまう。
始めは腐った大地を、次に豊かな緑を、そして・・・と次々に復活していく地表。
アークとなったアナタは世界を自由に駆けながら元ある姿を創造していくことだろう。
そこには苦難もあるが、復活させた生命との会話などきっと喜びを目にすることもできるはずである。
しかし、物語のある時点でアナタは大切な何かを失い、落胆するはずである。
くさく書くならば「大人になってしまった」ということかもしれない。
それは作中では決して深く書かれていないが、必ず喪失感を感じるはずだ。
それでもアナタは自分の創造した生命たちを温かく見守り、時にはその身で守っていかなけ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー