Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
ぐりぃど☆アイランド カートに入れる
¥ 2,980  通常配送無料 詳細
リサイクル通販 ファーストクリエイティ... カートに入れる
¥ 2,649 + ¥ 500 関東への配送料
模型倶楽部 カートに入れる
¥ 2,800 + ¥ 350 関東への配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kanon カノン
 
 

Kanon カノン

インターチャネル
Dreamcast
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
クリスマスにプレゼントしたいゲーム特集
大切な方へ、お子さんへ。Amazon.co.jpがオススメするクリスマスにプレゼントしたいゲームの特集。 テーマ別、年齢別、今プレゼントされているゲームランキングなど、プレゼントにぴったりなゲームをラインナップ。 今すぐチェック

商品の仕様

  • ジャンル:アドベンチャー
  • プレイ人数:1P
  • メディア:GD-ROM1枚組
  • ビジュアルメモリ用 ブロック数:4ブロック~
  • 型番:T-20105M

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

Kanon カノン + AIR + ビジュアルメモリ DC (ホワイト)
合計価格: ¥ 8,175

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00006LJFY
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2000/9/14
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: ゲーム - 29,764位 (ゲームのベストセラーを見る)

商品の説明

Kanon ~カノン~ 価格(税別)6,800円 99年にPC版が発売され大ヒットし、今でも多くのファンを魅了してやまない「Kanon」の全年齢版を移植! Dreamcast版では、フルボイスに。原作のイメージを損なわない豪華な声優陣を起用。

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 泣きゲー 2007/3/2
投稿者 クレイス VINE メンバー
ファン: 5つ星のうち 5.0   
泣けたゲームの話をすると、必ず話題にあがるタイトルです。PC版発売当初は「カノンと加奈はどっちが泣きゲーか?」という物議がなされたほど、感動的なゲームとして有名です(私は両方名作だと思います)

瞳が大きめのキャラクターには好みが分かれると思いますが、騙されたと思ってプレイしてみてください。DVDを観てからでも良いと思います。ゲームはマルチストーリーなので、アニメを観て感動した人は、ゲームでアニメとは違う結末を楽しんでみては如何でしょうか?
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 泣きエロからエロを抜いたDC版 2011/12/14
投稿者 助六座 トップ1000レビュアー VINE メンバー
ファン: 5つ星のうち 5.0   
もともとは十八禁。それをがっちり抜いて全年齢にした作品。もっともエロは重要性が低いストーリーなので違和感は全くない。よくあるようなエロシーンだけ抜いたような感じではない。

ある意味、文庫本のように手軽に楽しめる泣きげーの頂点にあった作品では、と思う。これ以降は泣き路線がしつこく濃厚で投げ出したくなるような大作が続く。鬱になるって。
マジで涙腺が緩んで泣いてしまった。

当時のPCは大画面など夢のまた夢で、大画面フルボイスはゲームの特権だった。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

関連商品を探す