インセプション [Blu-ray] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

インセプション [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 344件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,180 (46%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,157より 中古品の出品:8¥ 999より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でインセプション (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

ブルーレイ2枚3090円
人気ブルーレイタイトルが 2枚3,090円
この商品は 「ブルーレイ2枚で3,090円」 キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらの リンク をご参照ください。 対象商品の一覧はこちら


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • インセプション [Blu-ray]
  • +
  • インターステラー [Blu-ray]
  • +
  • アメリカン・スナイパー [Blu-ray]
総額: ¥4,173
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: レオナルド・ディカプリオ, 渡辺謙, ジョセフ・ゴードン=レヴィット, マリオン・コティヤール, エレン・ペイジ
  • 監督: クリストファー・ノーラン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2011/07/20
  • 時間: 148 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 344件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0050ICKEQ
  • EAN: 4988135860347
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,379位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

盗むのは、おまえの 〈アイディア〉

他人の頭の中に侵入してアイディアを盗むプロフェッショナル集団
今、絶対不可能なミッションが始まる

インセプション

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態―
夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。
コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、裏切りに満ちた企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。
だがその才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。

そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。
彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。
だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった。
今回は彼が得意とするアイデアを盗み取るミッションではなく、コブとその部下のスペシャリストたちで構成されたチームは強盗とは真逆の行為―
つまり 「インセプション」 とはアイデアを“盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度、究極のミッションを意味する。
これを成し遂げればそれこそ真の完全犯罪となりうる。

しかしながら最高の技術を持ち、細心の注意を払って準備を行ったが、予測していなかった展開が待ち受けていた。
彼らの動きを全て先読みする手強い敵と対戦する準備は到底できていなかったのだ。
その敵の存在を予見できたのはコブただひとりだった――。

【フォトギャラリー】

インセプション インセプション インセプション
インセプション インセプション インセプション


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙の共演で贈るSFアクション。他人の潜在意識に侵入してアイデアを盗み出すスペシャリスト・コブに、特別なミッションが下る。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
いやはや古めかしいSF用語を思わず引っ張り出したくなるほどに面白かった! ティーン・エイジャーの頃にA・ベスターやP・K・ディック・小松左京に触れて味わったあの感覚を、21世紀の現代のスクリーン上に現出させてくれた稀有な、というか今更小説じゃ無理、映像ならではのSFサスペンスの快作でした。

物語の骨組みは往年の「スパイ大作戦」だし、夢侵入というアイディア自体はそれこそ手垢にまみれた感のある2・3番煎じなんですが、 夢が深層化するにしたがってウラシマ効果的な時間圧縮が起こるというナイスなアレンジ、さらには各階層の重力変化や聴覚が呼応し始めて加速してゆくクライマックスは圧巻の一言。まさに「胡蝶の夢」が表出した瞬間でした。西欧人にはこうした多重階層は古い宗教的な世界観としての地獄とかもダブるんでしょうか。現実世界に辛くも帰還したメンバーたちが、万感の思いを込めて見合わせる顔と顔…まさにSFでしか味わうことの出来ない名シーン。

要所要所のディテールにも、映画愛に溢れたセンスが光ります。難攻不落の富豪の金庫室はまるっきりボンド映画のアジトだったり、その奥の院に仕込まれた問題のブツは明らかにO・ウェルズの…(おっと、これ以上はルール違反かな?)だったり。このエピソード一発であの御曹司のヒトの良さ(というか凡庸さ)が際立ちますよね。名作SFへのリスペク
...続きを読む ›
コメント 151人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
情報を奪うスパイとして活躍する主人公だが、直接的に書類やデータを奪うのではなく、
情報を持っている人を眠らせて夢の中で情報を盗むという設定。

間違いやすいのだが、「誰かの夢の中に入り込む」というイメージではなく
ターゲットを含む複数の人間で同じ夢を共有する。
そのため、ターゲット以外の意識も夢に反映される。

そういう設定が独特で魅力的なのは確かだが、冒頭の編集の仕方がかなり意地悪で、
時系列をいじってラストシーンから始まる上に回想シーンに飛び、
さらに夢の中の出来事だったりするので
最初の30分ほどは意味がまったくわからないまま話が進む。
あまりにも何のことかわからなくて不安になるが、
劇中で初心者にレクチャーするシーンでやっと説明をもらえる。

そこさえ乗り越えれば一気に内容が面白くなってくる。
もともとビジュアルのインパクトは素晴らしく、
いろいろな世界観での強烈な映像が楽しめるのは見事。
これだけ衝撃的な見た目はなかなか味わえない。

どれがどのレベルの夢で何が現実かをつかむのが大変だが、
それこそがこの作品の魅力とも言える。
キャラクターも魅力的だし、面白い作品には違いない。
ただ、非常にややこしいのも確かで、観終わった後に即2回目を観たくなる作品。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
この映画でもっとも重要な物語は妻の幻影にとりつかれた男が夢と決別し、現実と向き合うという物語だ。
産業スパイをめぐる派手なアクションシーンそれ自体も面白いのだが、真に重要なのはディカプリオ演じるコブの破滅と再生の物語だ。

インセプション(植えつけ)においてコブは妻を夢にとらわれた人間にしてしまった。
結果として彼女は自殺することを選ぶ。
何度となく彼の妻がミッションを妨害しようとするのも、彼が妻の幻影を捨てきれないためだ。

第4層でコブは妻に「ここ(虚構の世界)で一生暮らそう」と言われる。
しかし彼は悩んだあげく、「君は現実ではない」と妻に言い渡す。
現実に戻り子どもと過ごすことを決め、妻の死を受け入れる。

インセプションは時列系的には終盤のシーンが映画の一番冒頭部分にもってこられている。
多くの映画でこの手法が使われるのはただなんとなくかっこよくするためではなく、このシーンの直前あるいはこのシーン自体が作品中の最も大事な「転機」を表していることがほとんどだ。
シドニールメットの「その土曜日、7時58分」しかりスコセッシの「グッドフェローズ」しかり)

過去の決別し、妻の死を受け入れたコブとサイト―は同じ虚無の世界(リンボ)に落
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ユイト VINE メンバー 投稿日 2010/7/21
形式: Blu-ray
クリストファー・ノーランらしいトリッキーな構成と映像で魅せる圧倒的なエンターテインメント大作だ。予告編でも流されている「夢」での映像はどれもこれも凄まじいもので、前半の複雑な世界観の説明が続く部分もこうした映像の面白さのおかげで興味が持続する。流石に「ダークナイト」を超える、という作品にはならないものの、ダークでスタイリッシュな作風は相変わらずで、「ダークナイト」とは違った楽しさに満ちた刺激的な作品になっている。

基本的なストーリーは、主人公が自分の犯罪歴を消すためにプロフェッショナルを集めてチームを作り、あるミッションを遂行する、という極めてシンプルなものなのだが、そのために導入されている「夢」に関するルールがやや複雑で、それに関する仕掛けや演出が多い為に、一度見ただけでは完全には把握しきれない点が多い。したがってぼんやりと観てしまうと置いていかれる可能性がある。

とはいえ、その欠点を補って余りある迫力あるアクションシーンは素晴らしい出来で、特に無重力状態でのアクションは誰もが息をのむはず。他のシーンも標準以上に緊張感のあるアクションの連続だし、現実世界とは異なるルールで動く世界での作戦遂行シーンはどこを切っても楽しい。単純に映像とサスペンスの洪水に身をゆだねるだけでも楽しめるだろう。
ラストカットでは「どうだ」とほくそ笑むノ
...続きを読む ›
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック