Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫) [文庫]

ソルジェニーツィン , 木村 浩
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 529 通常配送無料 詳細
ポイント:15pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン
約30万タイトル 小説や新刊、ベストセラーも対象。10/13まで。 「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン へ。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫) + ハツカネズミと人間 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 929
ポイントの合計:  27pt (3%)

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

1962年の暮、全世界は驚きと感動で、この小説に目をみはった。当時作者は中学校の田舎教師であったが、その文学的完成度はもちろん、ソ連社会の現実をも深く認識させるものであったからである。スターリン暗黒時代の悲惨きわまる強制収容所の一日を初めてリアルに、しかも時には温もりをこめて描き、酷寒(マローズ)に閉ざされていたソヴェト文学界にロシア文学の伝統をよみがえらせた芸術作品。

登録情報

  • 文庫: 278ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1963/3/20)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4102132015
  • ISBN-13: 978-4102132012
  • 発売日: 1963/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 54,861位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
47 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアー トップ10レビュアー
形式:文庫
「おい、赤軍水兵諸君、がんばれよ、外は絶対零下三十度だぞ!」「こんな日が、彼の刑期のはじめから終わりまでに、三千六百五十三日あった。閏年のために、三日のおまけがついたのだ...」。

旧ソ連の田舎の中学校の無名教師がノーベル文学賞に輝くことになった名作中の名作である。それだけのことはある。とにかく、すごく面白い。一瞬のスキもなく、読者を極寒のシベリアに引きずり込んで離さない。中身は200ページ程度だから、そんなに時間はかからない。そして、残るものは重い。

ソルジェニーツィン氏が死去したというニュースが本日流れた。89歳。激動の人生を駆け抜けた旧ソ連の反体制派の象徴だった。「収容所群島」や「ガン病棟」も面白かったが、一冊となるとやはりこの作品だ。冥福を祈りたい。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 hijikata
形式:文庫
収容所生活の悲惨さをクローズアップしておらず、登場人物の個性が強いので、

大きな盛り上がりはないものの読み易かった。

主人公シューホフは、極寒、空腹の悲惨な環境でも自我を棄てる事なく、

前向きに1日を務め、むしろ明るささえ感じる。この1日のような生活を10年も続けたとは

想像を絶する。

収容所仲間に小包が送られて来ても、空腹を抱えてるのに無理に分け前に預かろうとしない

ところが気に入った。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 また読むために、そっと本棚に戻す 2012/2/15
投稿者 gaki15
形式:文庫|Amazonで購入
読み終えた後にそっとため息をつき、カバーのしわを伸ばし本棚に戻す。
本書にはこんな魅力があります。

最初に読んだのはもう30年前になるでしょうか。大学に入学したての時。
当時の本書の読後感は、まるでヘミングウェイのような筆致、というもの。
乾燥した淡々と綴るイメージがありましたが、30年を経て読み直すと、
乾いた印象よりもむしろ、「主人公の内面を押し出した」作品でした。

ヘミングウェイの「淡々とした乾いた文体」が好みなので、当時はそう
感じてしまったのでしょう。
何でもない(決して日常空間ではありえないラーゲルの中のことですが)、
主人公の一日をこれだけ濃密に描くことができる作家はほとんどいないでしょう。
それだけは確信できます。
ヘミングウェイの「The two hearted long river」もまた何でもない「釣り」を
描いた傑作。どちらも近代文学の傑作として100年後にも読み継がれていくでしょう。

この小説のあらゆるページにキラ星のように、経験した者のみが表現できる文が
あります。
私には、後半部分のこの文でした。
「今の彼には、ただ熱いばかりでろくな実も入っていない野菜汁の一
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
41 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 longmorn
形式:文庫
元々は高校時代、夏休みの宿題の読書感想文用に購入しました。以来、読み返すこと10回以上、下手な人生論の書よりもよっぽど私を厳しくかつ温かく励ましてくれています。落ち込んだ時や何をしても満足感を得られない時など、この小説に立ち返ります。
舞台は旧ソ連時代の強制収容所。収容されたこと自体が理不尽であるのに、主人公はその中でたくましく前向きに生き抜きます。10年の刑期のうちのたった一日だけが描かれているのですが、その中に、生きる智恵、人生を楽しむコツ、みたいなのがちりばめてあります。
悲惨な一日なのになぜか心が温まり、最後のページでは「幸せってなんだろう?」と思わずにはいられません。
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 完璧な小説 2004/7/25
投稿者 茂木健一郎
形式:文庫
小学生の時、この作品を読み、イデオロギーも政治的な立場も全く関係なく、とにかく面白くて、それ以来10回は繰り返し読んでいる。
題材の選び方、エピソードのバランス、主人公の造型、読後感。どのような視点から見ても、まさに完璧と言ってよい完成度の小説である。
単に趣向が良いとか、文体が良いとかいうだけではなく、世界全体を引き受けるフィロソフィーの深度も含めて、このような完成度に達している短編は、他にジェームズ・ジョイスの「ダブリン市民」などごく少数しかないと言えるだろう。
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 人間は何の為に生きているか? 2004/4/24
投稿者 時代錯誤
形式:文庫
スターリン下の恐怖政治の批判めいた事柄を手紙に書いたと言ういわれの無い罪で、内務省人民委員部(NKVD)に逮捕された赤軍大尉ソルージェニツイン。死刑執行人に数ヶ月に渡る拷問の後、十数年の強制収容所(ラーゲリ)で過ごした。これは、極寒の強制収容所での、ソルジェーニツィンの生活を基に描いた作品だ。十年の強制労働を科されたシューホフの3653日の中の一日を描いた実話に近いこの作品で、彼はソ連の非情な全体主義体制を描いている。恐るべき秘密警察の支配する、密告と盗聴の中で生きる市民の恐怖と辛酸を、この小説を読む者は気が付くでしょう。全体主義ファシズム国家USSRとスターリンの暴虐は尋常の物ではなかった。人類史上最悪の独裁者であった。人間屠殺者の事実上の犯罪数字は、今も尚深く国立公文書館の扉の中に、或いはKGBの秘密文書局の中に秘匿されて真実は明らかにされていない。いまの擬似ソビエト体制が瓦解し、真に開放された暁には、その秘密文書も太陽の下に晒される時が来る出だろう。その時こそ世界中の人間達は恐怖と嫌悪に顔を引き攣らせる事であろう。共産党独裁的支配のためにフランス革命の恐怖政治を真似たと言うが、スターリンの方法はその千倍もの悪で充満している。

デニーソヴィチのラーゲリでの犬の様な一日は、人間の尊厳を否定した世界である。その中で生きる為には、絶望しないこと常に非情な中に居て
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 酷寒のラーゲルの一日。懸命に生きる人々と、心正しき人生の意義。
... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 洛陽浩月楼主人 弱水狂子
5つ星のうち 5.0 悲惨なのに、美しい……
美しい小説だった。
淡々と描かれる収容所の生活は過酷そのもので、
人間のズルさ汚さ、弱さがどんどん描かれていくのだけれど、... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: おぐりん
5つ星のうち 3.0 ソルジェニーツィンの人間的深み
ノーベル文学賞受賞作家の自伝的小説。
ソ連強制収容所における囚人の一日が綴られる。

酷寒、餓え、... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: Alwis
5つ星のうち 5.0 おもしれー
収容所での生活が事細かに書いてあります。... 続きを読む
投稿日: 22か月前 投稿者: ハンバート・ハンバート
5つ星のうち 1.0 さあ行くぞ
 世界中に衝撃を与え、ソルジェニーツィンがノーベル賞をもらうに至った中編作品である。わりあい大人になってから読んで、拍子抜けした。退屈の一語に尽きる。... 続きを読む
投稿日: 2012/5/13 投稿者: 小谷野敦
5つ星のうち 5.0 究極の人間群像を描いた芸術作品
ラゲールの極限状態での生活、人間模様を見事に描いた文学を超えた芸術作品。意志さえあればどんな環境でも人間は生きられる、仕事の喜びまでも見出せるのですね。兎に角一般... 続きを読む
投稿日: 2012/5/10 投稿者: アンジエニユー100mmf2.0
5つ星のうち 5.0 幸福とはこういうものだろうか
落ち込んだときに、この一冊を手に取るという女性から教わって
とても気楽に読み始めた。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/26 投稿者: びぶりおん
5つ星のうち 5.0 Один день Ивана Денисовича
ソ連時代の極寒の強制労働収容所での生活。... 続きを読む
投稿日: 2011/10/3 投稿者: князьモリタ
5つ星のうち 5.0 限界状況・不条理を超えた主人公
スターリン独裁時代のソヴィエト連邦を支配していた恐怖政治。
その代表的・象徴的存在が「ラーゲル(ラーゲリ)」(強制収容所)。... 続きを読む
投稿日: 2011/8/6 投稿者: 長井瘋癲
5つ星のうち 5.0 感動するというよりは引き込まれる
詳しい時代背景などの前知識がなくても小説として十分におもしろく読むことができる。読むことによって逆に時代背景に興味を持つようになるかもしれない。... 続きを読む
投稿日: 2011/3/10 投稿者: プーカ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック