Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
¥ 473
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
イワン&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫) 文庫 – 1963/3/20

32件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 135

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)
  • +
  • 宇宙からの帰還 (中公文庫)
  • +
  • 硝子戸の中 (新潮文庫)
総額: ¥1,704
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入



登録情報

  • 文庫: 278ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1963/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102132015
  • ISBN-13: 978-4102132012
  • 発売日: 1963/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (32件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,580位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

55 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2008/8/4
形式: 文庫
「おい、赤軍水兵諸君、がんばれよ、外は絶対零下三十度だぞ!」「こんな日が、彼の刑期のはじめから終わりまでに、三千六百五十三日あった。閏年のために、三日のおまけがついたのだ...」。

旧ソ連の田舎の中学校の無名教師がノーベル文学賞に輝くことになった名作中の名作である。それだけのことはある。とにかく、すごく面白い。一瞬のスキもなく、読者を極寒のシベリアに引きずり込んで離さない。中身は200ページ程度だから、そんなに時間はかからない。そして、残るものは重い。

ソルジェニーツィン氏が死去したというニュースが本日流れた。89歳。激動の人生を駆け抜けた旧ソ連の反体制派の象徴だった。「収容所群島」や「ガン病棟」も面白かったが、一冊となるとやはりこの作品だ。冥福を祈りたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gaki15 投稿日 2012/2/15
形式: 文庫 Amazonで購入
読み終えた後にそっとため息をつき、カバーのしわを伸ばし本棚に戻す。
本書にはこんな魅力があります。

最初に読んだのはもう30年前になるでしょうか。大学に入学したての時。
当時の本書の読後感は、まるでヘミングウェイのような筆致、というもの。
乾燥した淡々と綴るイメージがありましたが、30年を経て読み直すと、
乾いた印象よりもむしろ、「主人公の内面を押し出した」作品でした。

ヘミングウェイの「淡々とした乾いた文体」が好みなので、当時はそう
感じてしまったのでしょう。
何でもない(決して日常空間ではありえないラーゲルの中のことですが)、
主人公の一日をこれだけ濃密に描くことができる作家はほとんどいないでしょう。
それだけは確信できます。
ヘミングウェイの「The two hearted long river」もまた何でもない「釣り」を
描いた傑作。どちらも近代文学の傑作として100年後にも読み継がれていくでしょう。

この小説のあらゆるページにキラ星のように、経験した者のみが表現できる文が
あります。
私には、後半部分のこの文でした。
「今の彼には、ただ熱いばかりでろくな実も入っていない野菜汁の一
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 コナン.O. トップ500レビュアー 投稿日 2015/3/22
形式: 文庫
ロシアのノーベル賞作家ソルジェニーツィンのデビュー作にして代表作。
ソルジェニーツィンは、旧ソ連軍の砲兵中隊長だった対独戦中の1945年に、友人との手紙でスターリンを批判したことから逮捕され、8年に亘りカザフスタンのラーゲルに収容されたが、本作品は、そのときの体験をもとに描かれ、1962年に発表されたものである。当時のソ連はスターリンの独裁から解放されたとは言え、ラーゲルでの生活を克明に描いた本作品はあまりに率直なテーマであり、本作品を発表したソ連を代表する文芸誌の編集長はフルシチョフ首相に面会し、事前に許可を取ったという。
本作品は、「午前五時、いつものように、起床の鐘が鳴った」という簡潔な書き出しで始まり、「シューホフは、すっかり満ちたりた気持で眠りに落ちた・・・こんな日が、彼の刑期のはじめから終わりまでに、三千六百五十三日あった。閏年のために、三日のおまけがついたのだ。。。」という記述で終わっているように、ラーゲルの一日を、起床から、員数検査、現場作業、食事風景、点呼、就寝という平凡な日課に沿って克明に描きながら、その間に、百姓(ムジーク)、軍人、インテリ、オールド・ボルシェヴィキ、バプテスト信者、元富農、官僚などソビエト社会のあらゆる階層の人々を登場させ、彼らの行動と会話を通して、ソビエト社会そのものを歴史的奥行きをもって浮き彫りにしている。即ち、ラーゲ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
44 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 longmorn 投稿日 2003/11/4
形式: 文庫
元々は高校時代、夏休みの宿題の読書感想文用に購入しました。以来、読み返すこと10回以上、下手な人生論の書よりもよっぽど私を厳しくかつ温かく励ましてくれています。落ち込んだ時や何をしても満足感を得られない時など、この小説に立ち返ります。
舞台は旧ソ連時代の強制収容所。収容されたこと自体が理不尽であるのに、主人公はその中でたくましく前向きに生き抜きます。10年の刑期のうちのたった一日だけが描かれているのですが、その中に、生きる智恵、人生を楽しむコツ、みたいなのがちりばめてあります。
悲惨な一日なのになぜか心が温まり、最後のページでは「幸せってなんだろう?」と思わずにはいられません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック