通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★クリスタルパックで梱包しています。中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

<イラスト図解>病院のしくみ 単行本 – 2005/2/17


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 235


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

<イラスト図解>病院のしくみ + 最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界 (最新 業界の常識) + 2014-2015年度版 イラスト図解 医療費のしくみ
合計価格: ¥ 4,644

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

基本的な病院のしくみから、各現場の仕事内容、診察・検査のしくみ、病院経営のアウトライン、病院とお金、医療ビジネスの最新トレンドまで、病院のすべてをやさしくイラスト図解する。

内容(「MARC」データベースより)

病院のサービスが期待される中で、病院をよりよく機能させるのに必要な具体的データを一覧で解説。病院経営上の多くのヒントが得られるようまとめる。すでに医療界で働いている人の教科書としても役立つ内容。

登録情報

  • 単行本: 180ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2005/2/17)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4534038763
  • ISBN-13: 978-4534038760
  • 発売日: 2005/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 35,316位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 daphnetin VINE メンバー 投稿日 2005/9/6
形式: 単行本
多分、病院に勤務されている、または医療関係のお仕事に就いている方に
とっては、当たり前の内容だと思います。
しかしながら、私のような健康診断の時期や病気になるまでは病院とは
無縁の人々にとっては、病院の基礎から丁寧に解説がしてあり、非常に
わかりやすくまとめてあります。
解説図やグラフ込みの見開きで1コマ(例えば、院長の仕事、など)の
解説が完了するので混乱することも無く、更に、専門的な用語についても
注釈が付いているので、すぐに理解できて、前の項目へも戻って確認し
やすくなっています。
医療関係の著書にありがちなショッキングな表現にならず、比較的中立の
立場から病院の将来像を描き、そこへ向かう病院のあるべき姿に対して
明快な意見が述べられています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 文科系MR 投稿日 2005/4/25
形式: 単行本
私自身MRですが、病院の経営からしくみ、仕事まで非常にわかりやすく書いてあり、また自分が今後仕事をするにあたって参考になる話題もありました。会社ではなかなか教えてもらえない、いまさら聞けない事もしっかり書いてあります。新人MR・学生さんはもちろん医療関係の仕事を考えてる方は読んできっと損はしないと思いますよ。簡単でわかりやすい入門書です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 taizo16 投稿日 2005/2/18
形式: 単行本
私も含めて一般の人にとってブラックボックスだった“病院”を明らかにしたものだ。
病院というのは、外に対する情報発信が少ないと思う。
病院のことを知るのは、ERのようなドラマか、医療事故などがあったときにクローズアップされるときだけだ。
一番身近で、接触が多いのだが、その真の情報は驚くほど少ない。
そのため、イメージだけが先行して、その患者にとっての判断基準がまわりのメディアに流されがちである。
私が病院のランキングに疑問を抱くのは、一般的なランキングが個々の患者には適用しない場合が多いと思うからである。
普通のビジネスの場合、成功事例や、そのビジネスのやり方について、いろいろな本が出版されている。
研究もされているからであろう。
しかし“病院”はその閉鎖性から、アウトプットをまとめて情報提供する人材にも恵まれなかった。
それを川越氏と木村氏は挑戦した。
情報を整頓して、主観を排除して、客観的に述べてある。
お膳立てはできている。患者はこの本を読んで自分で、病院に対して、主観をもつことができるだろう。
難を言えば、イラストや図の部分はカラーの方が見やすいと思う。
しかし上記のことを差し引いても、すばらしい本に間違いはない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 FFCCmaker 投稿日 2005/5/12
形式: 単行本
いくつかの大病院勤務20年以上になる医師の私ですら、恥ずかしながら知らなかったことが多く、「そうだったのか」って内容もいっぱい。今回、医療界に初めて入職した新入職員への教育目的で購入したが、図らずも自分のためになること、予想外だった。医師を含む中堅以上の病院職員諸君、自分のホームポジションの再認識を!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しぶーすと 投稿日 2005/3/11
形式: 単行本
かりに、「病院」が就職活動中の学生だったとします。
面接官は、読者のみなさん。
「病院くん」の得意なこと、不得手なこと、性格、将来性が知りたくなりますね。
どんなことをかんがえていて、どんな役割をはたしてきて、これからどうなりたいのか、
どんな悩みをかかえていて、どんな仲間がいて、どうやって乗り越えようとしているのか。
『病院のしくみ』を読むと、その辺りがふむふむとわかる(読み解ける)、というのがわたしの印象です。
だから、
とにかく「いい病院が知りたい!」とか「早い話しが、病院ってなんなわけ?」というせっかちさんには、ちょっぴり不向きかも。
でも、「なんでそうなるのか、理屈を知っておきたい!」という理論派や
「自分が医療業界に向いているのか悩んでいる」とか「医療業界に興味がある」という方々にはもってこいではないでしょうか。
医療業界のぷろがこっそり読みたくなる本かもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 so- VINE メンバー 投稿日 2010/5/5
形式: 単行本 Amazonで購入
病院の経営がなぜ苦しいのか、何が難しいのか。なぜ、医療費は高いのか?

不満があるのであれば、その事について学ぶ事も大事だと思います。

お金を払っているのだから、最高の医療を受けられる事が当たり前だと思っている方が多いと思いますが、
患者が医療従事者に大して横柄な態度を取れるのは、様々な制度や歴史があるからだと理解している方は少ないと思います。

正しく理解する事で、本当の問題点や利用者である我々患者が意識しないといけないポイントや問題点が分かると思います。

また、健康診断や検診など知っている様で知らない事を学ぶことが出来ます。

治療についても様々な種類やパターンがある事や、病院の経営は本当は難しいんだと言う事を知る事で
病院や医療に対する見方が変わるかもしれません。

全体を通して、完全に網羅は出来ていないので(当たり前な事ではあるが)
ざっくりと学びたい人、知りたい人向けです。

ところどころ、極端過ぎる例えなどがあり「?」という箇所もありますが、「入門」という事ではOKなのではないでしょうか。

興味を持ったけれど、医学書なんて読めない〜。という方には入りやすい本ではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック