Amazon Kindleでは、 イニシエーション・ラブ (文春文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
イニシ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

イニシエーション・ラブ (文春文庫) 文庫 – 2007/4/10


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,022
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 194


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

イニシエーション・ラブ (文春文庫) + セカンド・ラブ (文春文庫) + 葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
合計価格: ¥ 1,890
ポイントの合計:  46pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

僕がマユに出会ったのは代打で出た合コンの席。
やがて僕らは恋に落ちて……。
「必ず2回読みたくなる」と評された驚愕のミステリー

2015年5月23日、全国東宝系にてロードショー!
監督:堤幸彦、出演:松田翔太、前田敦子、木村文乃他

内容(「BOOK」データベースより)

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167732017
  • ISBN-13: 978-4167732011
  • 発売日: 2007/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (514件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 12位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

755 人中、677人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 大和撫子人柱 投稿日 2008/1/24
形式: 文庫
お願いだからこんなところでネタバレしないでくださいよ…と言いたくなります。
私がこれを読む前にここのレビュー読んでたら絶対レビュー書いた人恨んでます。
思い切りネタバレしてる人がちらほらいるので未読の人のために書かせてもらいました。
この小説にあるのは予備知識がないからこその魅力です。

とにかく読む前にレビュー読んじゃいけません。絶対楽しめる!とは言えませんが個人的には今まで味わったことのないような本の面白さを体感できました。
読み終えた後が本当の始まり。予備知識なしで、是非軽い気持ちで読んでみてください。おすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
414 人中、324人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 buono_buono 投稿日 2008/5/24
形式: 文庫
本の裏表紙の「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する」という言葉に惹かれて読んでみました。

最初、終盤から「何かがヘン」と思っていましたし、最後の二行目で「全く違った物語に変貌した」(つまり「自分がそれまで思っていたのとは全く違う何かが隠されている」ということ)のはわかりましたが、読み終わった時点では著者が施した「仕掛け」の全貌はよくわかりませんでした。
そこで巻末の大矢博子氏の解説と、「『イニシエーション・ラブ』を理解するための用語辞典」を読み、所々にある太字部分を読み、該当部分を中心に再読してようやく理解できました。
この「用語辞典」は、一見、単なる「本書の舞台であるバブル期に青春を送っていない方々のための用語解説」に見えるため、特に私のようにバブル期に青春を送った世代の場合、「わかっているから」と読み飛ばしがちですが、本文を読み終わった後(絶対に「前」ではなく「後」)に、説明文中に太字が入っている項目だけでも読むと、その「仕掛け」がより理解しやすくなると思います。

この「仕掛け」に関し、私は他の本では見たことがなかったため素直に感心しましたが、その「仕掛け」がわかった後でも、「恋愛小説」としては、あまりに普通すぎる恋愛模様しか描かれていないと感じました。
「二回読みたくなる」は、私にとっては「(「仕掛け」を確認するために)二回読みたくなる」であって「二回読みたくなる(ほどおもしろい)」ではありませんでした。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 初夏の風 投稿日 2015/5/21
形式: 文庫
映画が公開されるようで、本屋さんにて映画の予告cmにつられて、思わず買ってしまいました。
もちろん、映画もみるつもりで。でも、本を読んで、映画をみる気がなくなりました。

ミステリーを期待して読むと、がっかりすると思います。読んだあとに残るのは、「騙された感」と、一種の気持ち悪さでした。入りは恋愛小説なのですが、所々の表現が、、、。
いうなら、地下にある薄汚い酒場で、焼酎片手に飲んでるほろ酔いのおじさんから、武勇伝として、過去の恋愛を聞かされてる、、、感覚。内容としても、薄いし、登場人物も魅力的でない。
自分には、下劣に、感じました。
最後のどんでん返しが知りたくて、読了しましたが、あとは、なるべく早くこの本を手放したくなりました(笑)買ったことを後悔する本は久しぶりです。読んでから、数日後には、処分。この本は自分の本棚に所蔵したくない、、、。

ただ、裏表紙に書いてあるように、「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する」というのは、その通りと思います。
でも、読者にはその仕掛けを味わうこと「だけ」しか楽しみがないんじゃないかと思わせるようなストーリー。

酷いこというようですが、生々しい表現が苦手な人には、おすすめしません。そんな方は、ネタバレを読むだけでいいのでは、、、。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
274 人中、203人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゲーマーではないけれど。 投稿日 2013/1/20
形式: 文庫
「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する」という煽りが気になって読んでみましたが・・・、
単純に、ラストに行きつくまでの話が全く面白くないってだめじゃん。
それなりに売れている本で、こんなにつまらない本を読んだのは初めてで、それがラスト2行よりびっくりです。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ABCポテト 投稿日 2014/1/9
形式: 単行本 Amazonで購入
「どんでん返し」「かならず2度読みたくなる」というコピーの本作。
個人的には、本当にすごい、面白い、と思ったのですが、レビューを見ると賛否が割れています。
そこで、なぜ意見がこうも分かれるのか考えてみました。

レビュアーの主張を大きく分けると、
評価の高い方:「(A)気持ちよくだまされた」「(B)伏線・ミスリードを探すのが楽しい」
評価の低い方:「(C)ストーリーがつまらない」「(D)トリックが予想できた」
というかんじに分けることができそうです。

(A)の方が面白いと思えるのはもっともですね。
ミステリ—は、作家にだまされた、というのも醍醐味の一つですから。

(B)の方は、途中でなんとなくトリックに気づいたけど、楽しめた、というタイプですね。
僕もこれでした。後半で「あれ?」と疑問に思ったのが5カ所くらいあり、前半との比較でトリックを確信。
ただ、著者が仕込んだ伏線は5カ所どころではなく、30カ所くらいはあるのので、2回目に読む時に「なるほど」と唸らされます。
1回目は「見破ってやるぞ」という気持ちで読み、結果「見破ったぞ」と満足したのですが、
2回目は最初気づけなかった伏線だらけで、「やられた」と感服し、良い読後感
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック