Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 [単行本(ソフトカバー)]

安宅和人
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (98件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,944 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 + 論点思考 + 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
合計価格: ¥ 5,400

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

人生は何かを成し遂げるためにはあまりにも短い。

コンサルタント、研究者、マーケター、プランナー……
生み出す変化で稼ぐ、プロフェッショナルのための思考術
「脳科学×マッキンゼー×ヤフー」
トリプルキャリアが生み出した究極の問題設定&解決法

「そもそも」から見えてくる、知的生産の全体像
「イシュー」とは、「2つ以上の集団の間で決着のついていない問題」であり「根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題」の両方の条件を満たすもの。
あなたが「問題だ」と思っていることは、そのほとんどが、「いま、この局面でケリをつけるべき問題=イシュー」ではない。
本当に価値のある仕事をしたいなら、本当に世の中に変化を興したいなら、この「イシュー」を見極めることが最初のステップになる。

目次

はじめに 優れた知的生産に共通すること
■序章 この本の考え方―脱「犬の道」
■第1章 イシュードリブン―「解く」前に「見極める」
■第2章 仮説ドリブン(1)―イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる
■第3章 仮説ドリブン(2)―ストーリーを絵コンテにする
■第4章 アウトプットドリブン―実際の分析を進める
■第5章 メッセージドリブン―「伝えるもの」をまとめる
おわりに 「毎日の小さな成功」からはじめよう

内容(「BOOK」データベースより)

MECE、フレームワーク、ピラミッド構造、フェルミ推定…目的から理解する知的生産の全体観。「脳科学×戦略コンサル×ヤフー」トリプルキャリアが生み出した究極の問題設定&解決法。コンサルタント、研究者、マーケター、プランナー…「生み出す変化」で稼ぐ、プロフェッショナルのための思考術。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 248ページ
  • 出版社: 英治出版 (2010/11/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862760856
  • ISBN-13: 978-4862760852
  • 発売日: 2010/11/24
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 13.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (98件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,096位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
162 人中、140人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
一年前くらいでしょうか、この本を読んで、それはたいへん興奮しました。20代から10年以上自分のせっせとやってきたことが100%著者の言う「犬の道」だったわけですから。目から鱗が落ちる、と言いましょうか、なるほど非常に簡単な話だけど、仕事の成果の質を上げるのには、その仕事の価値(イシュー度)と関係なく、大変な労力がかかるので、先にプロの技術を身につけてから、より重要な問題に取り組もう、と思っても、もう時間も体力もない。だからまず、とっても大事な「イシュー」を探りだして、仕事の質は低いが重要な問題を扱うことから始めなさい。それしか時間を節約する未知はありません、というのが著者の主張です。

横軸を「イシュー度」、縦軸を「解の質」としたグラフを考えると、誰でも左下の角(しょうもない問題をヒドイ品質で解く)から右上の角(とっても大事な問題を最高の質で解く)を目指すことには変わりない。左下の角からまず上へ移動して、プロとしての仕事の「解の質」を改善することに集中し、それから右横へ水平移動しようとするのが著者の言う「犬の道」。殆どの人がこっちだという。それに対して、ちょっとインチキのようですが、始めっから大事な問題(イシュー)を扱うために、グラフの左下の角から右下の角へワープして、そこからエッチラオッチラ上へ移動して、右上の角(とっても大事な問題を最高の質で解く)へ至ること
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
667 人中、567人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 良書。ただし読み手による 2011/1/8
By アマゾネス愛子 トップ1000レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)
内容は
「まず何よりもイッシュー(論点)を限定せよ」
と言う一点に限定される。
「努力・努力・努力と言う犬の道」は絶対ダメだとも書いている。
「それではイチローになれない」と書いてある。

→論点を集約して、一点突破する
→ただし短時間で。長いこと考えても無駄。
→悩むと考えるは違う。答えの出ない問題を追求するのが悩む、答えがある問題を追求するのは考える。
(悩むはムダ。やめろ。ただし家族や恋人など愛や哲学は構わない)

要するに彼自身のキャリア
東大で生物学→マッキンゼー4年→エール大で脳科学4年→マッキンゼー→ヤフージャパンCOO
に集約されるマッキンゼー(コンサルタント)的で学者的な思考そのものである。
だから今すでにコンサルをやってる人や研究者なら「当たり前じゃないかこんなこと」となるだろう。
MBA系の本を何冊も読んだことのあるビジネスマンにとっても当たり前の内容である。
しかし読みやすいし、初学者には向いている。
高校生、大学生、またコンサルにくわしくないビジネスマンにはおすすめだ。

 

しかし彼自身、新人の頃は数百枚のリポートを書いたと言ってるし、イチローや
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By TSS トップ500レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
 他の方のレビューにあるように仕事をするにあたって当たり前のことについて述べている。筆者もこのような内容が求められているこということについてびっくりしているという事実がそれを物語っている。
 当たり前のことではあるが、その当たり前を知らない人に向かって、その当たり前を説明するのは非常に難しい。この本はその難しいことを実現した本だと言える。新入社員が読んで役に立つかというと少し難しいかもしれない。 入社して数年経つ頃にこの本を読むと、仕事の成果がぐっと上がるのではないかと思う。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 本当にやるべきことを絞るために 2014/1/2
形式:単行本(ソフトカバー)
本書は「知的生産性を向上させる」=「本当にやるべきことのみに取り組むこと」=「イシュー度の高い問題に対して質の高い解をだすこと」を述べている本。

いわゆる知的生産性が低い状態というのは、「イシュー度の高い(=真に解決べき)問題を把握できずにいること」「解の質が低いことを指す」
例えば、目の前にある問題(イシュー度は問わず)を片っ端から解決すること、そもそも問題を解決できていないことである。
そして、本書では特に「イシュー度の高い(=真に解決べき)問題を把握できずにいること」にフォーカスし、解決すべき問題を絞ることの重要性やその方法、解の出し方について述べている。
記述方法も、非常に科学的なので面白く、わかりやすい。

「効率的に評価される仕事をしたい」「自分の人生にとって何が大事か見極めたい」と考えている方にはおススメの1冊。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 部下を抱える人に読んで欲しい!
著者の「犬の道」という視点がとても衝撃だった。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: 琵琶の音
5つ星のうち 3.0 コンサル本の中では良い方なのでは?
経営コンサルの思考法の解説本です。

ざっくりした内容は
1.問題の必要性を見極めて、高いものから優先的に検討すること... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: ronron
5つ星のうち 4.0 まずは一読
私は著者のブログを通してこの本の存在を知った。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: diemkarty
5つ星のうち 4.0 ヒューマンウェアである私たちがするべきは「犬の道」を避けることではなく
「バリューのある仕事」と「天才」の定義が興味深かった。
イシュー度と解の質を高い次元でものにすることについては何の異論もない。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 33
5つ星のうち 1.0 能書きばかりで実務的な視点がないと思いました。
どうしてもっと簡単に課題となる問題点を、チャンクダウンして答えを導く事が出来ないのだろう。... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: アベベブラザース
5つ星のうち 5.0 なるほどです。
問題解決に対するアプローチに常々なやんでいましたが、自分なりに仮説を立ててそれを元にシナリオを作っていき、検証していくというやり方がスゴくいいと思いました。続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: つ〜さん
5つ星のうち 2.0 あたりまえのこと
うまく仕事をこなしている人には必要ないでしょう。
当たり前のことを、ことさら難解なことのように回りくどい文章で書いているだけ。... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ミステリーマニア
5つ星のうち 5.0 なかなか読み応えのある内容
内田和成氏の「仮説・検証 BCG流 問題発見・解決の発想」に通じるものでありますが、実務面でより具体化されていると思いました。... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: amphibius
5つ星のうち 5.0 「なるほど」と納得できる再整理ができておもしろかった。
商品開発・マーケティングの業務を長期で続けていると、自身の中でアウトプットのパターンが出来上がってくるが、著書の中ではその「頭の中」で進む思考を脳細胞の働き方の説... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: 中沢 美鈴
5つ星のうち 5.0 読むしかない。
厚い本だが、厚い割に読みやすい。

実務家が書いているからだと思うが、文章がわかりやすい。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: kanchan33
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック