中古品を購入
¥ 521
中古品: 良い | 詳細
発売元 relibro
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙、裁断面にすれきず、背やけ、色あせがあります。本文、きれいです。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手! 単行本 – 2004/3/19


7個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,692 ¥ 776
単行本, 2004/3/19
¥ 264
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 4,494 ¥ 1,594
--このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

メディア掲載レビューほか

イグ・ノーベル賞
 ユニークかつ誰も考えつかないような研究に対して贈られる「イグ・ノーベル賞」の歴代受賞者を紹介。コーンフレークがふにゃふにゃになるプロセスの物理学的考察、BGMがカゼを予防することの実証など、いずれもバカバカしくも愛すべき研究ばかり。日本人も過去に9回受賞しているとか。


(日経ベンチャー 2004/06/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

誰も真似できない真似すべきでない研究の数々。

登録情報

  • 単行本: 468ページ
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ (2004/3/19)
  • ISBN-10: 448404109X
  • ISBN-13: 978-4484041094
  • 発売日: 2004/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 207,485位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

30 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 漆原次郎 投稿日 2004/7/28
形式: 単行本
 この本を読めば、けっこう多くの人様が鼻クソをほじっていることがわかるし、バタートーストを落とすとバターの面が床に付く場合が多いことがわかるし、人がどのくらいの率で地獄に行くのかもわかる。日本のテレビ番組で言ったら、「トリビアの泉」のムダ知識と「探偵ナイトスクープ」のチャレンジ精神とを合わせ、それにシニカルさを加えたような感じ。笑いのツボは、やっぱり万国共通だった。
 有名どころでは、フランスのシラク大統領やアメリカのクエール元副大統領といった面々にも賞が贈られている。受賞理由はそれぞれ「原爆投下50周年を核実験で記念した」ことと「自分の迷言によって教育の重要性を雄弁に訴えた」こと(いやはやシニカル!)。日本人の受賞者では犬語翻訳機、「バウリンガル」の開発者がいっとき有名になったけれど、それ以外にも「ミニ恐竜とミニ女王の化石」を見つけた方、「ハトにピカソとモネの作品の識別を訓練」させた方、「兼六園の銅像がハトに人気のない理由」を考えた方……まだまだたくさんいたいた。
 私のベストは「ジャコウネコの排出物から集めた世界一高価なコーヒー」。グッドアイディアだし、けっこう美味しそうなんじゃと思っていたけれど、鼻をつまんで目ん玉をひんむいて試飲するゲストの方々の写真を見て大爆笑した。しかもなんとそのゲストの方々は、本家ノーベル賞を受賞した先生たちだというからすごい!
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Char_Liberte 投稿日 2008/8/26
形式: 単行本
1991年からやってる、由緒正しいアホな賞だ。例を挙げればいかに馬鹿馬鹿しいかわかってくれよう。

◎ダッチワイフを介在した淋病の伝染について(医学賞)
◎ゴルバチョフが反キリストでない確率の算出(地獄についての専門的研究に関する受賞)
◎ミステリー・サークルの発生と謎(アートヤその解釈に関わる受賞)
◎スパム・メールの父(文学賞)

などなど。経済学賞も、「リスクを引き受けないとしたロイド(英国保険会社)の投資家」「世界的な経済の崩壊を防ぐために、充分な数の本を売った(下巻に収録)」など散々だw

馬鹿馬鹿しい本を薦めやがってチキショウと思ったあなた。たとえば「強迫観念症と恋愛とは、生理学的に区別できない」という主張があったとしよう。そこから「ああだめんず/さげまんにひっかかっているのかもしれない」と自分を冷静に見つめ直す視点を取り戻すもよし、「生体反応を超えたところに人間を理解することがくるんだ」と学術的に調べるもよし。受賞した研究の背景に、意外な社会問題を垣間見ることもできる。

多様な楽しみ方ができるはず。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 MASAYUKI 投稿日 2006/11/6
形式: 単行本
日本でも最近話題になりました。

バウリンガルが確か受賞していたと思います。(ちなみにたまごっちも受賞!)

他の方も書いていましたが、ノーベル賞と紙一重ですよね。

昭和の中頃ですと21世紀になると動物の話ができるようになるなんて、未来予想では良く見受けられました、その一歩と考えるとある意味ノーベル賞でも良い!と思いますけど。

兎に角、誰が考えてもくだらない研究から良い意味で紙一重の話しまで満載。

私はシラクの平和賞が一番ブラックで好きでしたけど。

この類の話しが好きな方は是非ダーウィン賞も読んでみて下さいね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 haohao 投稿日 2005/8/27
形式: 単行本
大真面目だが、どこかエキセントリックで、奇妙キテレツな研究に贈られるイグ・ノーベル賞であるが、研究開発のフィールドで仕事をする私は、「ノーベル賞とイグ・ノーベル賞は紙一重」との印象を受けた。どちらも、思いこみが他を抜きに出ているから難しい研究を遂行するすることができるのであって、中途半端であっては仕事が完成しない。両者の違いは恐らく学問的価値があるかないかだけであって、恐らく根本的なところでの差異は思ったより小さいと思われる。
個人的には、MRI(磁気共鳴画像法)装置のなかで被験者に性交させ、その断層写真を専門雑誌に発表した一件が相当おかしかった。5★。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 げるやん 投稿日 2006/10/18
形式: 単行本
この本はイグ・ノーベル賞の受賞対象を俯瞰するのにはいいでしょう。

70あまりの研究(?)が載っています。

イグ・ノーベル賞がどういったものかを知りたいのであればおすすめしますが、

この本を読んで科学に対する興味や親近感がわいたり、知識を深めることは難しいです。

解説は一つの受賞対象につき3〜5ページで、かなりあっさりしています。

研究や実験の結果・結論が載っていなかったり

(そもそも結果が出ないようなことにも賞が与えられている)、

載っていてもきわめて簡潔だったり、

授賞式のスピーチの紹介にページの多くが割かれている場合もあります。

受賞対象の中にはほんとうに面白い、すばらしいと思えるものもありますが、

単なる皮肉(シラク大統領の行った核実験に対して)や

吊し上げ(先物取引で大損害を出した人物に対して)など、

またはとうてい科学的とは言えない研究にも多く与えられていて、

賞のすばらしさよりも、くだらなさに感心してしまいました。

賞自体がジョークであるように、この本もジョーク集と考えた方が適当です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック