Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
イアラ (小学館文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

イアラ (小学館文庫) [文庫]

楳図 かずお
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 627 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  
文庫 ¥ 627  

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

イアラ (小学館文庫) + 愛の奇蹟 (小学館文庫―イアラ短編シリーズ) + 内なる仮面 (小学館文庫―イアラ短編シリーズ)
合計価格: ¥ 1,881

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

恋した女性のあまりにも哀しい最期。女が死の直前に叫んだ言葉「イアラ」の意味を知るため、男は悠久の時を生き続ける…。楳図かずお、伝説の名作が文庫版で登場!(イアラ)▼第1章/さなめ▼第2章/しるし▼第3章/わび▼第4章/かげろう▼第5章/うつろい▼第6章/望郷 (イアラ連作短編シリーズ)▼ねむり▼雪の夜の童話▼指●あらすじ/天平の世の昔、土麻呂(つちまろ)は奴婢の娘・小菜女(さなめ)と恋に落ちた。だが、大仏を建立するために土麻呂は都に狩り出されてしまう。男に逢いたい一心で、ぼろぼろになりながら都まで歩いてきた小菜女。力尽きて現場の前に倒れていた女を救ったのは、建立の指揮官・国中公麻呂だった(第1章)。 ●本巻の特徴/緊急出版決定! 恐怖マンガの巨匠・楳図かずおが描いた、あの伝説の名作が蘇る!! 世の平安のため、聖武天皇が行なった大事業“大仏建立”。だが、その陰には若い男女の尊くも哀しい悲劇の物語があった。“大仏のたましい”として、生きたまま胎内に溶かされる女。その記憶を胸に永遠の時を生きる運命を負った男。時空を超えたドラマの結末は…!

登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: 小学館 (2002/03)
  • ISBN-10: 4091924387
  • ISBN-13: 978-4091924384
  • 発売日: 2002/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 110,400位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 楳図先生を国宝に 2009/12/10
By ramjac
形式:文庫
大大大大大傑作!!!!!
大大大好きな火の鳥・復活編と同じくらいか、それ以上の圧倒的読書体験。めくるめく愛の物語。
それもたった一冊。たった一冊でこれだけ壮大なスケール。正直火の鳥より凄いんじゃないかな。
楳図先生を「まことちゃん」とかホラーの人でしょ?と言う人達全員に、「イアラ」をプレゼントしてあげたい。
たった600円ぐらいだし。安い!
何億回生まれ変わっても楳図先生にはたどり着けないっす。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 時空をも超える愛 2010/2/20
By 椅子人間 殿堂入りレビュアー トップ500レビュアー
形式:文庫
地球の創世から、遥か未来までの物語…。ストーリーが動き出すのは、奈良時代。“さなめ”は大仏建立の際、その魂となるため生きたまま灼熱の銅に溶かし込まれ、絶命寸前に「イアラ」という謎の言葉を絶叫した。ある日を境に不老不死となった彼女の恋人・土麻呂は、愛するさなめの生まれ変わりと、イアラという言葉の意味を、悠久の時を生き続けながら探し求める。

楳図マンガとしてはやや地味で淡々と進行するし、決してわかりやすい面白さがあるとは言えません。しかし、傑出したテーマ・内容の深みとオリジナリティーがあります。物語の終章と結末には、完全に予想の遥か上をいかれてしまいました。

人気の面では苦戦し長らく絶版だった時期もありましたが、その間はずっとプレミア本状態でした。また84年と02年の二度にわたって、豪華愛蔵版(それぞれ収録作品は違います)も編まれています。間口は狭いが好きになった人には熱烈に愛される…そんなタイプの作品なのだと思います。

短いページの中に長大な年月を描くため必然的にコマ割りは小さくなる。その小さいコマに細密な絵がびっしり描き込まれてるので、文庫サイズだとチマチマして見えるのがもったいない。最低でもA5版くらいで出してほしい。

なお「イアラ」本編の他、イアラ短編シリーズから「ねむり(4頁)」「雪の夜の
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 イアラー!! 2012/8/5
By きんぐ トップ50レビュアー
形式:文庫
楳図マンガに影響を受け続けて、気が付くと40歳です。
最初に見た楳図マンガは忘れもしません。
小学2年の時に読んだ「まことちゃん」2巻でした。

結構、色々な楳図作品を読みましたが、多分、全ては読破しておりません。
この「イアラ」もその一冊でした。

奈良の大仏建立時に人柱にされた女性の最後の言葉「イアラー」の意味を
辿って時を超えて過ごす男の物語です。

悠久の時を過ごすという部分で、おろちの男性版というには、やや言葉が足らず、
どちらかと言うと手塚治虫「火の鳥」に近い作品とも言えると思います。
しかし、手塚作品とは別の終末が待っています。

また、最終話では、旧映画版の猿の惑星にも似たテイストを持っています。
楳図先生の、この手の作品は日本の未来を暗示している作品が多い気がします
(恐怖マンガ・ギャグ漫画を除く)。

最後に、あの2人はどうなってしまうのか?
漂流教室を読破した時にも感じましたが、ちゃんとメッセージ性のある作品です。
まだ、お読みでない大人の方に、ぜひお勧めしたい作品です。

ぜひ、この感動を共有しましょう!
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
 読んでいて手塚治の『火の鳥』が何度か頭をよぎった。読み終えてから『火の鳥』と同時期に描かれたと知って驚いた。これも何かのシンクロにシティ? 人と人、あるいは出来事と出来事がつながることに、私たちはある種の安心感を得ているのではないだろうか。それが時代を超えてなら、なおさら私たちに与えるものも大きいのだろう。だからこそ、こうした物語は作者を変え、時代を変え、描かれていくのでは。
 古くは平安の時代から昭和の「現代」まで、『火の鳥』とは異なり、ひたすら時系列にそって語られる壮大でかつ無駄の無い物語に、人間の愚かさや強かさを知らされるのは言うまでも無く、最後の最後では読者自身をまざまざと見せつけられることになる。天晴。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 楳図かずおの最高傑作? 2013/7/13
By tenbun
形式:文庫
私は、時空を超えた愛を描いた漫画で、これを超える作品を知りません。

大仏の一部と化した女が、その死の直前に叫んだ言葉「イアラ」の意味を知るため、男は時空を超えて、その言葉の意味を探し求めます。
さて、男が、たどり着いた、「イアラ」というその言葉の意味とは、……、

読み終えた後も余韻が残る傑作ですね。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 世界の始まりと果てで
この物語世界の始まりで愛する女サナメが死の瞬間謎の言葉「イアラ」を叫ぶ
主人公土麻呂はその「イアラ」の意味を探し求め、サナメの生まれ変わりを... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: Ma-
5つ星のうち 5.0 とても良い
商品の状態は、とても良品であり価格も良心的。
欲しい本がこちらにあれば、お願いしたいと思います。
投稿日: 12か月前 投稿者: ことえり
5つ星のうち 4.0 文庫本サイズなのが、つらいが…。
わが魂の故郷とでも言うべき作品。

老眼には厳しい文庫本サイズで、読みづらいのが難点。
投稿日: 17か月前 投稿者: 石原 隆
5つ星のうち 5.0 涙が止まらない
ぜひ、読んでみて下さい。この結末に、涙が止まりませんでした。
投稿日: 2012/3/29 投稿者: rko
5つ星のうち 3.0 ちょっと長いかな
あの時代にこの作品を作った才能は認めるが、

今読むとちょっと退屈で、やや無駄に長く感じます。
投稿日: 2011/12/1 投稿者: ASD
5つ星のうち 4.0 楳図かずおの、多次元世界
悠久の時間(とき)の流れと、変転の中で、永遠を

追い求める男女の愛と運命。... 続きを読む
投稿日: 2006/7/13 投稿者: 佐倉ごるふ
5つ星のうち 4.0 永久の叫び
古代、悲恋の死を遂げたさなめ。死の直前、さなめの絶叫したイアラという言葉の意味を求めて、時空を超えさなめを追う男。交わることのない二人。そして、人類最後の時…。追... 続きを読む
投稿日: 2005/5/14 投稿者: オニタ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック