この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アルフォンス・ミュシャ 単行本(ソフトカバー) – 1986/4/18


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 642
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"


キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容紹介

ミュシャのレンドルコレクションを全部収録ア-ル・ヌ-ヴォ-の先駆者,アルフォンス・ミュシャの最高作品を集めているイワン・レンドルコレクション(ポスタ-,カレンダ-,カット等)を日本で初公開.

内容(「BOOK」データベースより)

レンドルのミュシャ・コレクション。スーパーテニスプレーヤーの秘められた芸術的感受性によって選びぬかれた、アール・ヌーボーを代表する画家ミュシャの傑作作品を初公開!

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 111ページ
  • 出版社: 講談社 (1986/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062027429
  • ISBN-13: 978-4062027427
  • 発売日: 1986/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 29.4 x 22.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 184,516位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

69 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 swk 投稿日 2004/3/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
とにかく、作品数が多いです!
「ミュシャの絵が好き!」
といった方にも、
「絵の資料がほしい!」
と言った方にもお勧めできます。
「公式じゃないし…」
と言った心配はありません。
むしろ公式本よりも作品掲載数が多いくらいです。
ただ、ほとんどがミュシャのリトグラフ(ポスターなどの作品)ですので、
パステルで描かれた作品や、油絵、装飾具などは無いです。
あと、個人的に良かった点は、
絵の横にある解説文が無いことです。
作品は作品だけで掲載、
解説文は巻末に日本語と原文(英語)で載っています。(ただし対訳ではないようです)
解説文が隣にない分、絵の一枚一枚が大きくてきれいでした。
一部白黒のものもありますが、かなり良いものと思われますので、
星5つの評価とさせていただきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2005/4/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
 16年前、実はこれがテニス・プレイヤーのイワン・レンドルの蒐集作品集だとは知らずに購入しました。なにしろ書店の棚で最初に目に入った背表紙には「アルフォンス・ミュシャ ALPHONSE MUCHA 講談社」としか書かれていませんし、おまけに表紙カバーにも「THE IVAN LENDL COLLECTION」と、さほど自己主張するでもないサイズのアルファベット文字が記されているだけ。どこにもイワン・レンドルの名を借りて売らんかなという下心はさほど見られなかったのです。
 しかしそれにもかかわらず本書を迷うことなくレジへと持っていって2060円(当時の税込み価格)を支払ったのは、やはり掲載されている作品群がまさに傑作ぞろいだからです。見ていて溜息が出るような絵ばかり。
 そして16年たった今も、さすが日本の印刷技術は世界の最先端を行くだけあり、私の手元にある89年版第9刷の図版は全く色あせることなく今に至っています。
 本書は19世紀末から20世紀初頭にかけてミュシャが生み出したおよそ100点のポスターを掲載しています。
 そよ風の涼やかさをも感じとれる淡い色調。肌のやさしさを感じさせる均整の取れたボディライン。浮世の憂さとは無縁の慈愛に満ちた面立ち。細部まで手を施した装飾的衣装の数々。
 ミュシャの描く若き乙女たちはそのいずれもが、見
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 marin トップ1000レビュアー 投稿日 2010/6/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
ミュシャの絵(ミュシャ風も含めて)はカレンダー、タロットカード、塗り絵等様々なシーンででてきますが、”ミュシャの絵は苦手”という方はまずいらっしゃらない程素敵な絵ですよね。私はミュシャの画集はこれしかもっていませんが、掲載作品も多く、”これもミュシャ?”と思えるような、バラエティーにとんでいると思います。

ミュシャの画集をどれか一冊欲しい方、これもお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 わわわ 投稿日 2005/6/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
この画集はすごいです!私は、ミュシャについてそこまでの関心があったわけでもなく、値段も手ごろなのと、評価が良かったのを参考に購入しました。でも、今ではかなりのミュシャファンになっちゃいました。どの作品も綺麗に載っていていっぱい楽しめます。しかも大きい。ページをめくっていくのも負担にならないです。ミュシャの誰からも好かれる魅力が余すことなくギュッと詰まっているんです。値段以上の感動を与えてくれるので、私みたいに軽い気持ちで買っても十分ですよっ!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2004/10/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
大きくてたくさん載ってます。
表紙も硬いカバーじゃないのでめくりやすいです。
夜の一息つく時間に眺めて心癒されるのもまた良し。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
ミュシャの本を探しているなら、この本を買いましょう。
どうしてこの価格で出せるのか不思議なくらい良い本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 AmaRiver 投稿日 2004/9/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
ミュシャのリトグラフが多数収録されていて、収録点数は約90点数位です。巻末に「ミュシャ画集・図版解説」が日本語と英語で載っていて、絵を見ながら個々の作品の生い立ちなどを知ることが出来ます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ycam 投稿日 2006/11/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
ミュシャ本は生涯の作品をダイジェスト的に扱ったもの(習作やデッサン・装飾品・パステル画・油絵など)と、ミュシャ作品の中核をなすポスター画をメインに扱ったものとの2種類に分けられますが、これは後者の方です。

前者の生涯系の本は多数の作品を掲載しているものの、見たい作品を探すのが面倒だし、読み飛ばさなければならない無駄なページが多いため、日常的な使用には向きません(はじめはたくさん載っていて嬉しいのですが、だんだん煩わしくなってきます)。

このレンドルコレクションでは重要な作品はほとんどすべて掲載されているだけでなく、無駄なページがないので、気軽に鑑賞するのに適しています。

この類のミュシャ本は意外になく、これの他は1991年の展覧会図録しかないようです。とにかく、一番手にするのが多い本です。

20年以上のロングセラー商品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック