中古品
¥ 1,156
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★送料無料 保証付  【Amazon直送につき365日毎日発送】☆両表紙に軽い擦れがありますが、書き込み、線引きございません。本文及び中身は、概ね良好で、中古本としては、普通の状態です。☆カバーなどの外観は、中古のため使用感や小さな破れ、擦れ、ヨレ細かな傷がある場合がございます。 ご承知の上でご購入ください。☆帯なし★状態説明に錯誤 瑕疵等ある場合は返品返金等対応させて頂きますので安心してお買い求め下さい。★アマゾンの便利なサービスが使えます(お急ぎ便、コンビニ受取り、コンビニ払い、ATM ネットバンキング Edy払い、アマゾンポイント)◆※商品管理ラベルはキレイにはがせるタイプを使用しています。
買取サービス
最高買取価格

¥ 114
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アメリカン・ゴッズ 上 単行本 – 2009/2/28

3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 893


キャンペーンおよび追加情報



Amazonで直接、商品を販売
出版社様が商品を委託し、常備することができる 「e託販売サービス」。売り逃し防止に、ぜひご活用ください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

出所まであと五日。三年の服役を終え、残りの日数を数えるシャドウ。あと、四日。あと、三日。そして…。その日まで四十八時間と迫ったとき、看守に呼び出されたシャドウはこう告げられた。今朝、愛する妻が自分の親友と浮気の末、自動車事故で亡くなったと―。呆然と立ちすくむシャドウの前に、奇妙な男が現れる。彼の持ちかけた仕事を引き受けた瞬間から、シャドウの数奇な運命の歯車が回り始めた。

著者について

イギリス生まれ。アメリカンコミック「サンドマン」の原作者。世界幻想文学大賞、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ブラム・ストーカー賞など数々の文学賞を総なめにする。著書に『コララインとボタンの魔女』『アナンシの血脈』『グッド・オーメンズ』『スターダスト』など多数。

登録情報

  • 単行本: 422ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2009/2/28)
  • ISBN-10: 4047916080
  • ISBN-13: 978-4047916081
  • 発売日: 2009/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 587,910位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hoge2 投稿日 2013/8/3
形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカで古くからの神々と新興の神々が争うという大きな物語を背景に、巻き込まれた主人公が遭遇する事件やその他いくつものエピソードが語られていきます。
全体としては、それぞれのエピソードや登場するキャラクターの個性が面白く描かれており、またクライマックスに向けての伏線の張り方も巧みで、楽しんで読むことが出来ました。
ただ話が横道にそれて冗長に思える点が若干あることと、現代の神話ということならクライブ・バーカーの「ウィーヴワールド」や「イマジカ」などの作品のほうが小説世界のスケールが大きく幻想的な描写も優れていると思い、星を一つマイナスしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/7/25
形式: 単行本
SFというよりファンタジーに近いが子ども向けではない。
一言で言えば、主人公がいろんな神々の争いに巻きまれる話だけど、まさに神々のオンパレードで、世界の宗教史に馴染んでない自分には、この面白さの半分も理解できていない。
でも、その主人公がなかなか魅力的な男で、感情移入させられ、物語に一気に引き込まれていく。
下巻も楽しみ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒュー VINE メンバー 投稿日 2009/3/17
形式: 単行本
 まだ上巻しか読んでませんが、主人公の奥さんの幽霊が出てくるだけで、だからどうなのだろうか?という話です。性的描写は少しいやらしいです。
 イギリス人だけど、アメリカに住んでいるのでしょう。アメリカの街が細かく描かれていますから・・・
 期待せず、下巻に行くのが良いでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック