中古品:
¥ 2,016
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆通常配送料無料◆盤面状態良好(レンタル落ちではありません)◆外箱、帯、ブックレット付き◆年中無休24時間365日Amazonから安心、確実に素早く発送◆お急ぎ便(プライム)、コンビニ受取り、代引き・ATM・ネットバンク・Edy支払い可能。アマゾン専用在庫のため在庫切れはありません。安心してお買い求めください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アフガン零年 [DVD]

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 1,666より

DVD・Blu-ray & CD English Store
Shop Amazon.co.jp DVD・Blu-rau & CD collections such as Foreign Movies,Anime,Music,TV Drama,Kids & Family titles and series, Amazon.co.jp Exclusive etc.Items Eligible for International Shipping & Region Free Blu-rays are available. DVD・Blu-ray & CD English Store


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


登録情報

  • 監督: セディク・バルマク
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2004/11/26
  • 時間: 82 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006A9JLU
  • EAN: 4932487022014
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 111,677位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

実話を元にした復興アフガニスタン第1作!タリバン政権下のアフガニスタンで生まれた少女「オサマ」の悲劇を描いた傑作戦争ドラマ! メイキングとして製作されたNHKスペシャル、クローズアップ現代で大反響を呼び起こしたアフガニスタン映画。興収5千万円突破、全国80館以上の劇場で公開、新聞やTVでも話題を呼んだ文部科学省選定作品。
父や叔父など一家の男性をみな戦争で失った少女は、貧困の中・祖母・母親と3人で暮らしている。女性が身内の男性を同伴せずに外出すると刑罰が加えられるタリバン政権下で、男性がいないということは、仕事に出ることもできず生活の糧を失うことを意味していた。母親は、少女を少年の姿に変えて働きに出すことを思い付く。「ばれたら、タリバンに殺される」と泣きじゃくる少女を、祖母は“虹をくぐると少年は少女に、少女は少年に変わり、悩みが消える”という昔語りの話でなだめながら、そのおさげ髪を切るのだが…。

内容(「Oricon」データベースより)

タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、生き延びるために男の子になりすます少女を姿を描いた実話を基にした悲劇の戦争ドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

23年にも及ぶアフガニスタンの戦争終結、復興第一作目、タリバン政権下の実話に基づいた映画です。この映画では、女性が外に出歩くことも禁じられたタリバン政権下に、家族が生きていく為に一人の少女は、物乞いしたり、少女の悲しい目と本当に受けている 顔の傷が真実となって、見るものに迫ってきます。アフガニスタンでは、女性は奴隷扱い 生まれた国が違うだけで。こんに女性の扱いが違うのか、観てて切なく、不条理を感じます。この映画は ゴ-ルデングロ-ブ外国語作品賞を受賞したのも納得出来る映画だと思います。
コメント 9人中8人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
 マリナにとって、タリバンの存在は悪魔そのものでした。しかし、女だけの外出を禁じた彼らの「掟」を破った瞬間から、マリナはタリバンとの戦いを始めます。つまり、それは自分の心の中の悪魔との戦いです。
 タリバンの追及におびえながら、言いしれぬ恐怖と戦います。ついに神学校で「女」呼ばわりする男の子たちに向かって、意を決して「女じゃない」と叫ぶシーンこそ、マリナが心の壁を突き破り、自分に克った瞬間だと思いました。
 NHKのドキュメンタリー番組で紹介されていましたが、当初、セディク・バルマク監督は「虹」というタイトルで、アフガンの希望を描こうとし、撮影を進める中で、変更したそうです。マリナの言いしれぬ悲しみは監督の創作の意図を砕くほど、厳しい現実だったのでしょう。
 子供の悲しむ姿は、純粋で無垢なだけに強く胸に迫ってきました。そしてそれがアフガンの現実なのでしょう。子どもたちをこんな悲しみに陥れる戦争の罪深さを改めて感じました。
コメント 10人中8人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2006/1/29
 タリバンが支配するアフガニスタンの首都カブール。人々は厳格なイスラムの教えを守って生きることを求められている。女性は外出時には肌を出すことを禁じられ、学問や労働に従事することが許されない。

 しかし男手がないある家庭の少女が髪を切り、少年の扮装をしてオサマという変名でミルク小売商の家で働き始める。彼女はやがて神学校で級友たちから少女ではないかと疑われてしまう…。

 タリバン政権下の女性たちの差別状況を描く映画はこれが初めてではありません。「カンダハール」(2001年)は随分と話題になりましたし、働くために髪を切って少年と偽る少女の映画には「少女の髪どめ」(2001年)があります。

 これら2作品を見た後では「アフガン零年」は既視感が強いというのが率直な感想です。特に「少女の髪どめ」の焼きなおしではないかという思いは否めません。

 さらにいえば、この作品は後出しジャンケンのような後味の悪さが残ります。タリバン政権が崩壊した後に作られただけに、打ち負かした側が打ち負かされた側を思う存分に糾弾できるという利点のもとに製作されたといえます。もちろんタリバン政権下の息の詰まるほどの女性差別のひどさは筆舌に尽くし難いものがあり、非難されてしかるべきものではありますが、当時の社会状況の苛烈さは既に多くのドキ
...続きを読む ›
コメント 18人中13人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
呆気にとられるような脚本。映画のではなくタリバンが作る脚本が、です。
タリバンが超禁欲主義であることは概念にありましたが、その考え方は、
「欲を起こさせるようなものを封じ込めよ」
負担は女性にかかってくる。ブルカをかぶって仕事もできず教育も受けられない。
女性は自分の人生を自分で決めることができない。
主人公の少女にいたっては、タリバンが半日で最終決定をしてしまう。
この映画、少年達に夢精処理を授業として教える場面があります。
冗談のような話ですが、いかに男根に意識がいっているかが象徴的です。
救いはタリバンの悪口歌が出来上がっていて、結婚式で女性達が歌うこと。
世界的大ヒットして欲しいぐらい。
主人公の少女は泣いてばかり。無力で哀れです。
流血するようなひどい暴力シーンはないのですが、ニコニコ笑って
花嫁に錠前をプレゼントしようとする夫など、
人の感情を閉じ込めて成り立つ社会の恐ろしさが見える映画です。
コメント 4人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
星5つです。

作品の内容については他のレビュアーの方がたくさん書かれているので、ここではこの映画を観るための最低限の前提知識を書きたいと思います。

タリバン政権下のアフガニスタンでは、女性は多くの権利を制限されていました。

まず、女性だけで外出することを禁じられていました。

また、学校に通うことを禁じられていました。

さらに、仕事に従事することも禁じられていました。

それゆえ戦争などで夫や息子などの男手を失った家族は、収入の道を絶たれ、物乞いになるか飢え死にするしかありませんでした。

このような状況が、映画の冒頭シーンでの

「私たちに仕事を。これは政治活動ではありません。ただ”ひもじい”のです」

という女性たちのデモや、

「この娘が男の子だったなら・・・」

という主人公の母の言葉の背景にはあります。

悲しい映画です。甘い夢や希望を見せてはくれません。

しかし救いがないわけではありません。

それは映画の中ではなく、DVD特典の中に見つけることができます。

ぜひ手にとってみてほしい1本です。
コメント 7人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック