¥ 586
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アバンチュリエ(1) (イブニングKC) コミック – 2011/6/23


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 586
¥ 586 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

アバンチュリエ(1) (イブニングKC) + アバンチュリエ(2) (イブニングKC) + アバンチュリエ(3) (イブニングKC)
合計価格: ¥ 1,799

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容説明

ミステリーの世界でホームズと並ぶ永遠のヒーロー、アルセーヌ・ルパン。貴族や金持ちからしか盗まない怪盗であり女性には優しい義賊の顔も持つ。ベル・エポックの時代を駆け抜けた冒険家(アバンチュリエ)の活躍を『ジキルとハイドと裁判官』で漫画界に新風を吹き込んだの森田崇が愛を込めて劇画化!

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063523675
  • ISBN-13: 978-4063523676
  • 発売日: 2011/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2011/6/23
形式: コミック
全世界の人々が、一度は聞いたことがあろうその名、その作品。 モーリス・ルブランが生み出したフランスの大怪盗、アルセーヌ・ルパン。 それを原作としたコミカライズ作品が本作「アバンチュリエ」です。

基本的に原作に忠実で、(といっても自分はこの巻収録の話が入ってる「怪盗紳士」ともう一つ、「ルパンの大失敗」しか読んだことは無いのですが。)大幅な原作改変等は殆どありません。 原作の持ち味そのままに、話の秀逸やルパンのカッコよさを表現しようとしている所に作者のルパン愛が感じられます。

絵は決して上手いとは言えないのですが、構図や魅せ方等の描写はとても上手で、物語に引き込まれます。

「新訳」と銘打ってはいるものの、今のところは原作通りで、更にもう一度原作を読みたくなってくるとても良質なコミカライズ作品です。 というか既にこの作品は「コミカライズ」の域を越えて、一つの作品として十二分に面白さを発揮していると思います。

ルパンファンの方もそうじゃない方も、ぜひ一度読んでみて下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 毒書家 投稿日 2011/7/3
形式: コミック
ホームズに比べ実は影が薄いのがルパン。
ルパン研究もホームズ研究ほど盛り上がらず研究書の出版点数も少ない。
この本が起爆剤になることを心から願う。
著者がルパンファンとネットで情報交換しつつ、
原作に忠実な作品作りに努めていることを高評価。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mitinoku トップ500レビュアー 投稿日 2011/6/25
形式: コミック
元の話を知らなくても、元の話を知っていればなおさら、
楽しめるルパン作品が登場した。
この作品のルパンは色男で陽気で頭脳明晰で、そして、
やはり大胆不敵。
あっさり刑務所を脱獄したかと思うと、スタスタと正面から
戻ってきたりする。
原作の持つルパンという雰囲気を損なうことなく再現していて
実に愉快。

自分を逮捕するのに右往左往する警察官や、人から奪った
財宝をとられまいと震える悪党をニヤニヤして眺めながらも、
知らずに脱獄の手助けをしてしまったガニマールには良心の
呵責を覚える。
それが、アルセーヌ・ルパンという男。
読む者すべての心を奪う義賊である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tawaku 投稿日 2011/6/24
形式: コミック
原作を知っている人間としては、まだ序盤で絵的に地味なのは仕方ないと思う所も有ります。
基本的に面白いし原作ファンとしても好印象です。

見どころは
・小指を立てながらフランスパンむさぼる(ルパンよりカッコいい)ビクトワール
・ミス・ネリー萌え
・カオルン男爵の顔芸
・ルパンの脱獄劇
こんな感じです。

原作知らない人は謎解きも楽しめる感じになってますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック