Amazon Kindleでは、 アトリウムの恋人 (電撃文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中古品: 良い | 詳細
発売元 P&B
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 即日発送可能です★帯や特典は付属しておりません。表紙に擦れ傷がございますが、中身はコンディションは良好です♪アマゾンより迅速に配送され通常送料は無料です★おいそぎ便・コンビニ払い・代引き払い・edy払いが可能です♪
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アトリウムの恋人 (電撃文庫) 文庫 – 2011/5/10


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

アトリウムの恋人 (電撃文庫) + アトリウムの恋人 2 (電撃文庫 と 8-12) + アトリウムの恋人〈3〉 (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,955

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

とある理由により閉鎖された仮想世界「東京スフィア」。高校生の前田は、普段は言葉を交わさないクラスのアイドル青原遙花から、その存在について相談を受ける。身に覚えのない東京スフィアの入場チケットと大金100万円―その後も執拗にスフィアのことを調べたがる遙花は、前田の他にも数名の生徒を誘って、サークルを設立してしまうのだが…。そのチケットは、前田にとって歓迎すべき“招待状”なのか、それとも―!?『扉の外』『ラプンツェルの翼』の土橋真二郎が贈る、待望の新シリーズ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

土橋/真二郎
花屋の店員をしながら書いた『扉の外』で第13回電撃小説大賞・金賞を受賞し、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 299ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/5/10)
  • ISBN-10: 4048705431
  • ISBN-13: 978-4048705431
  • 発売日: 2011/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 583,284位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 元の木阿弥 投稿日 2011/5/11
形式: 文庫
土橋真二郎と云えば言わずと知れたラノベ界隈におけるゲーム小説の旗手である。
所謂売れ線から外れた内容である為、残念ながら打ち切りの憂き目にあった作品もあるが、その内容は高く評価されていた。

そんな土橋氏が1年ぶりに電撃文庫に戻ってきた。
本作は十八番のゲーム小説では無く、ごくありきたりな如何にもラノベ然とした作品だ。それで面白ければ問題は無いのだが薄っぺらいにも程がある内容には少々唖然とさせられた。

序盤から張られている多くの伏線は簡単に先の展開が予測させられる物で、後に大きな驚きを与えてくれる物では無い。主人公周辺のキャラクター達は実にテンプレに沿って形成されており、古式ゆかしいお約束の様な言動を見せる。
手堅くまとまっていると言えば聞こえは良いが、巷に溢れる大量のラノベ群の中に埋もれてしまう程度の個性であり完成度である。

過去、ラノベを土橋氏のゲーム小説しか読んだ事が無い読者が作者買いで本作を手に取ればあるいは新鮮さを感じるかも知れないが、幅広く読んでいる読者にとってはすぐ忘れてしまう程度の物だろう。

これが土橋氏の求めた新機軸であるなら誠に残念であるし、編集主導であるなら元の路線に戻すかそれが電撃文庫で無理だと言うなら、無理して電撃文庫で出さずここ1年がそうで
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 次狼 投稿日 2011/5/16
形式: 文庫
作者のファンで土橋作品はすべて買い揃えているのですが、今までの作品と比べるとかなり期待ハズレであまり楽しめませんでした。

話は分かりづらく、読んでても物語に惹きつけられなかったです。例えるなら、いきなり上中下巻の中巻や下巻を読まされたような、いまいち内容が頭に入ってきませんでした。
キャラのイラストもどこかで見たようなキャラばかりで、同作者同絵師のラプンツェルのときよりさらに劣化したような・・・(絵の好みは人それぞれですが)。
一番残念だったのはキャラクターですかね。はっきり言って魅力がない。今までの作品は男キャラも女キャラも個性的で面白い人ばかりだったので、これだけはしっかりしてほしかった。

やはり土橋氏には、扉の外や生贄のジレンマのような登場人物たちの心が抉られるようなダークなゲーム小説を書いてほしいと改めて感じました。なにより、そっちのほうがキャラの個性が活きるんじゃないかと。
次回作に期待です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 もふもふもうふ 投稿日 2011/5/11
形式: 文庫
電撃作家達は自分達が一年で貢献する値に応じてもらえる電撃ポイント(DP)というものを求めて戦っている

それは実は本編と関係なくて

本編はいつもの土橋作品ではありません
頭脳戦が少なめで物足りない
本物の私とはだれであろう...
アンドロイドに心があるのか...
が今回のテーマ

元リア充が自らのアイデンティティを取り戻す為に奔走するお話
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 若竹 投稿日 2011/5/24
形式: 文庫
この作者の作品を購入するのは初めてだったのですが、購入動機はこの作品の紹介文でした。
それだけ読めばこのような世界観が好きな方は興味をそそられるでしょう。かくいう私もそうでした。

世界観や設定は悪くないと思うのですが、料理の仕方が悪いような気がします。
他の方がおっしゃってるように、長編シリーズの終わりの部分を読んでるような気持ちでした。

文章も淡々と世界説明と描写が続き、主人公やヒロインの行動に共感できないというか、
どこか「もう散々読んできたんだからキャラの心情は理解できるよね」といわれてるような感じでした。
あまり内面の描写が無かったので、メリハリが無い平坦な感じを受けます。

内容も、一貫してボーイミーツガールのテイストを出せばいいのに、途中で美少女バトルのようなものを挿入したので、
違和感があり、さらに盛り上がりに欠けるというあまりよろしくない展開でした。

個人的に絵は悪くないと思いますが、作品を補うほどではないかと。

おそらく次回作がでても買わないでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 あいき 投稿日 2011/9/30
形式: 文庫
みんなのレビューに書いてあるがこれは土橋がいつも書くようなものではないです。
なんというかデスゲームとか不条理さが薄いです。
けど嫌いじゃない。
僕は土橋のファンなので、そう思うだけかもしれませんが、悪くないです。
土橋の独特のやり取りとか、テンポとか、ラストスパートとか、すごく好きです。
従来のファン、あるいはVR系が好きな人は確かに残念かも。
けど、普通のライトノベルを読むような人ならとても入りやすいと思う。
タイトルも上手だし、読了感も結構なもの。
テーマも一貫しているし、むしろ息苦しくなくて良いと思う。
土橋色って「不条理さ」だけじゃない。言いようの無い切なさとか、言葉にならない喜び、みたいなものなんだと…思うんだけどなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック