新・世&... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、ケースにスレなどの使用感がございます。特典や付属品は付いておりません。丁寧な梱包にて発送いたします。店舗併売のため、売り切れの際はご了承くださいませ。 155523
買取サービス
最高買取価格

¥ 1,270
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,400
通常配送無料 詳細
発売元: good_store●コンビニ・代引・お急ぎ便・ギフト包装など各種支払い・各種サービスをご利用いただけます。
カートに入れる
¥ 3,400
通常配送無料 詳細
発売元: 小熊まぁけっと
カートに入れる
¥ 3,080
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: 葵書店 ama
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

プラットフォーム : Nintendo 3DS
CEROレーティング: 12才以上対象
127件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,458
価格: ¥ 3,447 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,011 (47%)
ポイント: 17pt  詳細はこちら
3点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Fairy Realm (フェアリー・レルム)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:51¥ 2,960より 中古品の出品:51¥ 1,920より

【ここだけしか手に入らない】Amazon.co.jp限定特典、限定商品特集
Amazon.co.jpだけでしか手に入らない、限定特典付商品や限定商品の特集。あの人気のタイトルから、周辺機器まで。通常の予約特典にプラスして限定特典を手に入れられるものも。 Amazon.co.jp限定特典、限定商品特集をいますぐチェック。


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女 + 新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士
両方の価格: ¥ 6,665
ポイントの合計:  17pt

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00C38TVD4
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2013/6/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (127件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 748位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

87 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2014/3/11
Amazonで購入
ストーリーには一切興味がなくクラシック目当てで買いました。
クラシック+エキスパート固定でプレイ時間は210時間程度、現在18階です。
このプレイ時間はギルドに全職2人登録してとっかえひっかえプレイしてのものです。
パーティを固定していれば第5階層までクリアできていてもおかしくないのではないかと思います。

普通のゲームとしてみるなら、それなりに楽しめてはいます。
が、クラシックにリメイクとしての期待を寄せていた身としては残念リメイクの部類だと感じています。

残念点1:ギルドカードの仕様
半年以上やっててクラシックメンバーのギルドカードは11枚しかすれ違っていません。
ストーリー固定メンバーのギルドカード(=同じ顔ぶれ)ばかり来られても何が楽しいのか判りません。
ついでに勲章で第5階層のネタバレをしてしまうのもどうかと思います。

残念点2:逃走コマンドの仕様
恐らくIVのシステムを流用しており、戦闘不能者が出るまでなかなか逃走が成功しません。
本来は危険な相手だと思ったら逃げる判断も重要なのが世界樹ではありませんでしたか?
IVの場合は全体状態異常/全体縛りのスキルがあったため、何とか逃げずに戦えてバランスが取れていたの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
233 人中、162人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 らきしす 投稿日 2013/6/29
今作はストーリーモード+クラシックモードという事で贅沢だなと思い購入。

自動で線を引いてくれるフルオートマッピング、LボタンをAボタンに変換など、
便利な仕様が増えたのは非常に有難かった
しかしフロアジャンプは違う気がした

最下層でボスを発見→いったん町に戻る→いかにしてHPやMPを減らさずにボスまでもう一度たどり着くか?

という古き良きRPGの体裁を残し、それを楽しむのが世界樹の迷宮なのだとばかり思っていたので正直戸惑ってしまった
アリアドネの糸の有難さが半減してしまっているのは果たしてどうなのだろうか

ストーリーモードに関しては本当に平凡なRPGだと感じた
頭痛どんだけ起こるねんと突っ込みたくはなった
しかしこの一行ずいぶん呑気である
死と隣り合わせの空間というのがこの迷宮のはずなのだがアニメーションを見た感じ余裕ぶっこきすぎではないだろうか?
前作までのそういったプレイヤーサイドの「妄想」がごとごとくかき消されている気がするのは私だけだろうか
確かに今作は難易度が低い様に感じる(新規プレイヤーがどうなのかはわからないが)し、
実際私自身過去作と比べて全滅回数が異様に少ない
迷宮も時代の流れで
...続きを読む ›
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 他毛都利野尾木名 投稿日 2015/3/27
初めて世界樹をプレイする方は、ストーリーモードがあり自動マッピングやフロアジャンプ等の機能があるためプレイしやすくなっていると思います。

4までをやったことがあり、純粋に冒険者を楽しんでいた方にはあまりおすすめ出来ません。ストーリーをプレイして、わざわざ世界樹の迷宮のリメイクでこれをやる必要が有ったのかなと思いました。
フロアジャンプがあるため糸がほとんど不要になり、ハイランダーやガンナーが強くて他の職業がいらない子になったり、クラシックでは削られている部分もあったり、その他色々。ストーリーはもう普通のRPGな感じでした。今までの世界樹のイメージを崩したくないという方は、プレイしやすくはなっているので、クラシックでのプレイをおすすめします。フロアジャンプや自動マッピング等の機能が気に入らない方は使用せずにプレイすれば良いかと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
119 人中、80人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たけ VINE メンバー 投稿日 2013/8/20
Amazonで購入
リメイクだし、対象ユーザーは初めて『世界樹の迷宮』をやる人だと思う(実際にはシリーズのファンが買うんだろうけど)。その点で、ストーリーモードは正解だと思う。敷居を下げすぎた感じはあるが、とっつきやすくなったのは事実だ。旧作もやったけど、ほとんど忘れていたし、ストーリーモードのおかげで新鮮な感じがあった。マップも追加されてるし。システム面ではフロアジャンプもすごく便利。完成すればアリアドネの糸がなくても街まで帰ることができる。オートマップ機能も地図の書き間違いがなくなってよい。ただ、相変わらず置けるアイコンの数に制限があるのは難点。とくに第6層では足りなくなる。まぁ、それも工夫次第ではあるけど。

このゲームの最終目的はアイテム図鑑とモンスター図鑑を完成させることなのだけれど、理不尽に入手確率が低いアイテムもなく、誰でも図鑑を完成させることができるのも好ましい。3や4ではあまりに出なくてあきらめたから。本作でも七王のグリモアという特定の敵が落とすアイテムがあるのだけれど、どのモンスターが落とすのか、ドロップ条件を知らないと延々と作業を繰り返すおそれがある。勲章をコンプリートするには欠かせないが、攻略サイトが不可欠。

難易度の調整が三段階あるのもいい点で。知らずにエキスパートモードでゲームを進めたのだが、ストーリーモードをクリアするだけならとく
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー