中古品
¥ 500
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アット・ザ・ヘルム―自分のラボをもつ日のために 単行本 – 2004/3

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 217

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アット・ザ・ヘルム
 「アット・ザ・ヘルム(舵を取る)」と題された本書は、新しくラボを持つことになった研究者や、将来自分のラボを持つことを目指す研究者に向けて書かれた一冊だ。

 ラボを持つ研究者には、自分の研究を進めるだけでなく、研究費をとり、ラボを管理して成果を出す能力が必要だ。しかし、ラボ管理の難しさは、ラボを持って初めてわかる。

 ラボに研究者を集めるための面接のコツは? ラボ内の人間関係をうまく作るには? 研究成果を上げる会議の進め方は? 外国籍の研究者をどう扱うか? など、科学専門書にはない「実用」の情報がふんだんに詰め込まれている。

 「こういったケースにはこう対処した方がよいでしょう」といったアドバイスはもちろん、欄外には様々な研究者から匿名で集めた体験談も掲載されていて参考になる。


(日経バイオビジネス 2004/06/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

あなたにも ラボヘッドとなる日は やがて来ます
バイオ研究の道に進む人に恰好のナビであり、サバイバル・ガイドとして好評の「アット・ザ・ベンチ」の著者が書き下ろした、研究室を主宰し運営するラボヘッドのための指南書。リーダーとしてのあり方、心がまえ、ラボの立ち上げ、運営のノウハウ、若手をどう指導するか等々、的確で気の利いたアドヴァイスを提供する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 427ページ
  • 出版社: メディカルサイエンスインターナショナル (2004/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895923576
  • ISBN-13: 978-4895923576
  • 発売日: 2004/03
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 831,262位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自分で研究者として一人立ちするのに役に立つさまざまなアドバイスや豆知識がちりばめられた本。前作の「アット・ザ・ベンチ」が研究者入門とすると、こちらはPI(Principle Investigator;主任研究員、とでも訳せばいいでしょうか?)入門の書です。将来自分がPIとなって研究室を主宰したいと考えている研究者や、どうしたら自分の研究室がよりよい研究室になるか考えている先生方に是非お勧めします。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラボに入って数年経つと、ひたすら実験ばかりしている自分に気が付く。アットザベンチではもう退屈だ、でもこんな自分がいつかラボを持てる日がくるのだろうか?すごい距離を感じるけど、いまいち実感がわかない。そんなとき、この本がいい気分転換になったし、勉強にもなった。
この本は、PIの目から見た、ラボの中の自分たち学生やスタッフのポジションをはっきりと意識させてくれた。そうか、うちのボスも大変なんだな。おれももうちょっとがんばろう、と思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大学教員として(PIとして)研究を率いる立場になった方々が読者層。研究グループやラボの立ち上げのときに考えるべき事柄や悩むことについて、筆者やその他先人の経験をもとに丁寧に説明、アドバイスされているのが素晴らしい。雇用主との雇用条件の交渉方法、スタートアップ・ファンドがあるからといってポスドクや博士課程の学生を盲目的に雇うのが正しいことなのか、グラントプロポーザルを書くときの心構えなど、微に入り細に入り細かく詳しくアドバイスをくれるのが非常に役に立った。独立したばかりのPIにとって座右の書です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック