¥ 4,536
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アジャイルソフトウェアマネジメント 単行本 – 2006/3


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,536
¥ 4,536 ¥ 1,745


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報



2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アジャイルソフトウェアマネジメント
「TOC(制約条件理論)」や「リーン生産」といった製造業の経営・生産理論の視点から、アジャイル開発のマネジメント手法を論じた。システム開発の「スループット(生産能力)」を最大化するための方法や投資対効果の測定方法を理論的に解説する。全編を通じてインベントリ、操業費用、投資といった経営・生産関係の言葉が並ぶため、ある程度の予備知識がないと読みづらいかもしれない。それでも、システム開発プロセスを改善するための新たな試みとして興味深い。


(日経コンピュータ 2006/06/12 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

制約条件理論(TOC)、クリティカルチェーンを取り込んだ決定版!これが、品質向上・納期短縮・コスト削減を同時に実現する究極のソフトウェア開発だ。

登録情報

  • 単行本: 385ページ
  • 出版社: 日刊工業新聞社 (2006/03)
  • ISBN-10: 4526056162
  • ISBN-13: 978-4526056161
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 873,053位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2009/4/23
形式: 単行本
Just In Timeは、単なる下請けいじめでしかないことが分かっていて書いているのだろうか。
発注者が在庫を持たないためには、下請けで在庫を持つだけのことである。
それを、さもすごい手法かのように書く本書は、まゆつばの可能性がある。

ソフトウェアの本にしては、真正面から原価計算について述べている。
そのことだけでも、十分価値がある。

よい内容と、怪しげな内容が混在しているので、より分ける力が読者には必要かもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kazz 投稿日 2007/12/30
形式: 単行本
買ったのは一年以上前で、前提となる知識がないと読んでもさっぱりわかりません。
私の場合、たまたまTOC(制約理論)に関する本を読む機会があり、その後に再び読む機会があったのですが、ソフトウェア開発者の誰もが悩んでいるプロジェクト管理について、感覚的にはわかっているけど、論理的には説明しづらい部分をTOCやROIを使って説明しています。
半分は理論に費やし、残り半分は実践での使い方が書いていて、読み物としてとても面白いです。
ただし、制約理論についてのある程度の理解がないと私には難しすぎました。
「ザ・ゴール」/「ザ・ゴール2」や「チェンジ・ザ・ルール」を始めに読むことをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック