Amazon Kindleでは、 アジア・ブラックロード をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,404
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
アジア&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アジア・ブラックロード 単行本 – 2007/7/27


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

アジア・ブラックロード + 海外ブラックロード 最狂バックパッカー版
合計価格: ¥ 2,000

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界一短気な旅行者・嵐よういちが次の取材先に選んだのはアジア!誰も知らない東チモールから、初めての中国まで、嵐節が全開。

著者について

1969年生まれ。東京都杉並区出身。独身。 20歳からイギリス、アメリカと留学(遊学?)して、その後、面白い写真を求めて海外を放浪する。55ヶ国以上を渡り歩く。 特に好きな地域は南米。 著書に『海外ブラックロード―危険度倍増版―』『海外ブラックロード―最狂バックパッカー版―』『海外ブラックマップ』(共に小社刊)がある。 哲学―楽しくなきゃ人生じゃない。

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 彩図社 (2007/7/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883926087
  • ISBN-13: 978-4883926084
  • 発売日: 2007/7/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.1  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 640,717位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 maro 投稿日 2012/1/31
形式: 文庫 Amazonで購入
海外旅行に関するこのタイプの本をいろいろ読んでるけど、
ちょっとマニアックな国や場所に行っただけの「旅行体験記」
やっぱり、取材を前提に行く旅行ってあんまり面白くないな。
普通の放浪記の方が読んでいてスリリング。
あと、著者がちょっと短気なところが、読んでてイラつく。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kk 投稿日 2013/2/22
形式: 文庫
まず、コイツの人間性がカス。文章からにじみ出てる。出版社も何でもかんでも書かせると信用失うので、やめた方が良い
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 morimoto38383838 投稿日 2011/7/20
形式: 単行本
ここまで面白くない本は久しぶりに読んだ。
歩き方と同じレベルのことしか書いてないじゃん。
ほんとは星ゼロ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 lx 投稿日 2014/3/5
形式: 文庫
別に誰もキミに旅行してくれといってないんだから。。。
なんかこう上から目線だしつまらない。
人の買春や薬、田舎を評論家の上から目線でエラそうに論評するんだかが、かといってなんか深みがあるわけでもない。
かといってちゃんとしたガイドブックにもなってないし。
こんな本読む暇があれば自分でどこにでも出かけて行けばよい。
本当にやばいことは本などには書けないんだろうし。
今時世界のどんな秘境でも日本人の一人旅とか良く見る。
この本ってなんの役に立つんだろうか。この本買って読んだことは、本当に金と時間の無駄でした丸
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chatacat 投稿日 2011/10/8
形式: 文庫 Amazonで購入
もうなんにも目新しい内容が無い。
ネタが頭打ちになってしまっている。
読んでいる最中も何の起伏も無く、し〜〜〜んとして、終わっても何にも思わない。記憶にも残らない内容とは悲しすぎるわ・・。

それなのに値段が高すぎる!これじゃあ読者が離れていくよ・・・。
もう今はツアー以外の旅行本出せば売れる時代じゃないのに、誰でも発刊している感じだが、その中でもこの著者は古株に入ると思うが、この内容では旅本のレベルが問われるよ・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キートン砂糖 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2011/10/28
形式: 文庫
思わせぶりな本のタイトル。
さぞかしアジアの闇に斬り込んでいくようなものだと期待して手に取りましたが・・・

なんか表層的にアジア各地を転々と「旅行」しただけの本でした。
「取材」ではないですね。

珍スポット紹介などクーロン黒沢のようにサブカルチャーに走るわけでもなく、内容は地球の歩き方レベル。

石井光太の物乞う仏陀 (文春文庫)などが、気合の入ったブラックアジアな「取材」であると思うのですが。
物書きとしてのレベルの差がハッキリと出てしまいますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 レゲエ 投稿日 2011/8/22
形式: 文庫
正直、購入して損をしてしまった。体験がつまらないのか、文章がつまらないのか。そのどちらにもあてはまる。二度とこの作者の作品は購入しないでおこうと思う。表紙をみて衝動買いをしてしまった人は多いと思うが、おそらく100%近い人が落胆する内容ではないかと思われる。このようなつまらない本が今後、出版されることがないことを願う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック