通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫) 文庫 – 2012/8/10

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)
  • +
  • アクセル・ワールド13 ―水際の号火― (電撃文庫)
  • +
  • アクセル・ワールド (14) ―激光の大天使― (電撃文庫)
総額: ¥1,869
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“大天使メタトロン”打倒のため、シルバー・クロウは新アビリティ“理論鏡面”獲得ミッションに励んでいた。四埜宮謡の助言もあり、ようやくその光明が見えはじめたハルユキだったが、突如現れた謎の最強“レベル1”アバター“ウルフラム・サーベラス”との交戦により、ミッション成就はいまだ果たせないままだった。そんな状況の中、“チョコレート装甲”を持つ、小さな貴婦人アバター“ショコラ・パペッター”がハルユキの前に現れた。彼女により、シルバー・クロウは待望のアビリティを得ることに―!?思わずペロペロしたくなるスウィートなアバターも登場する次世代青春エンタテイメント。


登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048867954
  • ISBN-13: 978-4048867955
  • 発売日: 2012/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,077位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ウルフラム・サーベラスへのリベンジ・マッチの終盤、サーベラスの左肩が喋り出すという、
絶妙な引っ張り具合で終わった第11巻。名前からして彼に『三つの顔』が存在することは
何となく分かっていたため、性格の異なる別の顔が現れるのは想定済みでしたが、
第12巻冒頭で、彼が何らかの形で『あの組織』と関わり、何かとんでもないことを
やらかそうとしていることを暗喩させ、読者をひきつけているところに作者の技量の高さを
窺い知ることができます。

ネタバレしない程度のあらすじとしては、ISSに汚染された仲間を救い出すべく立ち上がった
中小レギオン『プチ・パケ』のマスター、ショコラ・パペッターと邂逅した
シルバー・クロウとライム・ベル。図らずとも一戦を交えることとなった
マゼンタ・シザーが語る、加速世界上でいじめられ続け、ISSキットに手を出した
アボカド・アボイダの過去のくだりに、ISSキットの拡散イコール悪という側面だけではなく、
彼らなりの『正義』が存在していることを提示しています。

また、ついにと言うか、いよいよと言うか、黒雪姫の過去、
そして初代赤の王レッド・ライダーを殺めた本当の理由が明らかとなり、
それをハルユキにカミングアウ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
のんびりだけど着実に物語の進行する巻です。
前巻で出現したニュービーの謎を少しずつ解明しつつ、
突然のミッションをこなしてアビリティの習得、
そして、また少し仲間が増えそうな予感です。
黒の王の過去に関しても語られてきます。
切り出しはちょっと唐突でしたが、
新たな敵出現の展開になってきそうですね。

ただ、この作者の作品では丁寧にこれまでの補足などを
チラチラと語りの中で入れてくれるので
もしかすると読み飛ばして次巻にいっても
それほど問題はないかも知れません。
文章構成が、少し進んでは過去回想や説明で戻り
また少し進んでは戻りの繰り返しなので仕方ないのかも?
そう考えると内容的に大事なのは
本の厚さに対し3分の1程度のページ数かも知れません。

更に、劇中の進行がとてもゆっくりです。
ここ数巻を消費しても実時間では二週間程度しか
経過していないというのにビックリします。
まさに加速世界!ズレが半端ないです。
(現実と仮想が逆ですが…w)

そんな感じで少し中弛み感は否めませんが、
次巻にあるであろう決戦編に期待です。

...続きを読む ›
3 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 今回はこれぞアクセル・ワールドといった具合に牽引力のある脚本に、長い期間「おあずけ」状態であった私も十分に満足することができました。

 前巻では正直物足りなさが強かったのですが、それらを一蹴するかのような新展開の連続には休む間もなく読みふけったほどです。伏腺回収の仕方が上手くて、そこに新キャラが絡んできたり、ハルユキの主人公補正にニヤリと満足してみたりとストーリーを堪能することができました。そう感じたのは今回、いつも読むアクセルワールドとは違う側面を発見できたこととも関係しているのかもしれません。

 それは中盤でハルユキと対峙するISS使いの女性に若干、感情移入したことです。普段は敵キャラには腹立たしさを感じることさえあれど、好感を持つ部分はは少なかったと記憶しています。たぶん、語られる彼女を悪行に駆り立てる理由が、バーストリンカー云々ではなく、非常に人間臭いなと思えたからです。やはり敵とはいえ、信念を持ちつつ行動している人間には共感を覚えるのかなと感じるとともに、そう思わせてくれた作者の手腕に称賛をおくりたいです。

 次はまたちょっと期間が開いてしまうようですが、満足度の高い内容でしたのでこれを読み返したりしつつなんとか我慢して待てそうです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本巻の構成は、本編約300Pと、短編約30Pからなっています。

本編の内容は、前巻からのvsウルフラムサーベラス戦の結末、ショコラパペッターとの絡みからのアビリティ習得、黒雪姫の過去の秘密、ISキットの秘密、そして《加速研究会》との戦い。といったところでしょうか。

特に、黒雪姫の過去と、謎に包まれた白の王については、1巻からの伏線を一気に回収し、以外な真実が明らかになります。

そして終盤での《加速研究会》との戦いでは、遂に《四元素》の1人が再登場なの…

SAOPの発売により、発巻ペースが遅くなりますが、次巻も楽しみです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック