Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
アキ・カウリスマキ
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

アキ・カウリスマキ [単行本]

遠山 純生 , 上山 美保子
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

笑い顔で泣き、泣き顔で笑う、辛辣可憐なカウリスマキ・ワールドへようこそ。もっとも現代的にしてもっとも反時代的な映画作家、その全貌がいまここに。

内容(「MARC」データベースより)

笑い顔で泣き、泣き顔で笑う。辛辣可憐なカウリスマキ・ワールドへようこそ。もっとも現代的にしてもっとも反時代的な映画作家、アキ・カウリスマキの研究本。

登録情報

  • 単行本: 120ページ
  • 出版社: エスクァイアマガジンジャパン (2003/01)
  • ISBN-10: 4872950852
  • ISBN-13: 978-4872950854
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 398,575位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
21 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 アキ・カウリスマキ大辞典 2003/5/19
形式:単行本
フィンランド映画といえばこの人アキ・カウリスマキ。これまで手がけた映画、TV、日本企業のCM!?から最新作「過去のない男」までみっちりこの本につまってます。寡黙で無表情で不幸な人々にもかかわらず「ふっ‥‥」と笑ってしまうアキの映画、観たことのある人ならこの本、見たいでしょ?まだの人、早く見て「ふっ‥‥」と笑ってください。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本|Amazonで購入
『過去のない男』や『浮き雲』を観て、もっともっとカウリスマキ映画が観たくなって『アキ・カウリスマキDVD BOX』がどうしても欲しくなった。でも高い!・・・なんて迷ってるうちにいつのまにか中古でも5万とか7万とかの値段がつけられてしまっている・・・。
そんな時でも、この本は慰められます。すみからすみまでカウリスマキ!!特にインタビュー記事に監督の好ましい人間性が良く出ている。「人生の意味とは、自然と人間を尊重する個人的なモラルを作り、それを自分の中に持ち続けることだ。」とも語っている。
これを見ながら彼の古い作品を早く観たいとお金貯めてます。
次の新作はいつ出るんだろう?・・・
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 かっこいい! 2005/8/25
By mikite
形式:単行本
自分を貫くアキ・カウリスマキの生き方は、本当にかっこいいです。
彼の考え方は極端だけど、あそこまで強い自分を持っているのはやっぱりすごいと思います。この本を読んで、もっとカウリスマキが好きになりました!
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 同胞
形式:単行本
 表紙のセンスがgood!!
 少し高価ですが現在まだアマゾンで購入可能。一冊は保存用に、一冊は繰り返して読むためにと出来れば二冊持っていても良いかもしれない。

 2003年1月発行で、「過去のない男」までの記事が載せられている。カウリスマキのその後2013年までの作品は「10ミニッツ・オールダー」、「街のあかり」、「ル・アーブルの靴磨き」、「ポルトガル、ここに誕生す」だけなので、ほとんどの作品をカバーしているといえる一冊。
 目次を読むだけでは論評なのか対談なのかわからない記事があるのが若干の難点。P13のような表示の仕方がわかりやすいと思うのだが、ただしここにはページ数が書かれていないというのが不思議。何のためにこの13ページ目があるのかご存じの方がいれば教えていただきたい。

 内容はバイオグラフィ、フィルモグラフィ、対談、作品解説、短編・テレビ作品の解説など。日本で購入可能なDVDの紹介、関連日本語文献一覧などもあり親切。
 なかでも対談は、彼の考え方や人柄が良く表れていて、
  「自分(=カウリスマキ)の人生は不幸なので、みんなには幸福になってもらいたい」
というのが基本のようである。
 作品以上のものを語らない姿勢が好き。
 何よりも一番に語っているのは寡黙な
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック