Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,350

または
 
   
買い取りを申し込む
最大買取価格 ¥ 654
買取
こちらからもご購入いただけます
Amazon.co.jp カートに入れる
¥ 2,273
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
アキレスと亀 [DVD]
 
イメージを拡大
 

アキレスと亀 [DVD]

ビートたけし, 樋口可南子, 北野 武 DVD
5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (55件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,180 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,810 (45%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、安心ショップ 色えんぴつが販売し、Amazon.co.jp が発送します。  返品については出品者のリンクからご確認ください。この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(2014年9月30日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ベストセラー100 アメリカのTVドラマセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。

Amazonインスタント・ビデオ

映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 2014/9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

アキレスと亀 [DVD] + 監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD] + TAKESHIS' [DVD]
合計価格: ¥ 5,624

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 樋口可南子, 柳 憂怜, 麻生久美子
  • 監督: 北野 武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • DVD発売日: 2009/02/20
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (55件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B001LELICI
  • EAN: 4934569634306
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 49,249位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

北野武監督の劇場公開最新作!!
“好きなことを追い続ける大切さ”“支えてくれる人の存在”を描いた、愛と幸福の物語!
夢を追いかける夫婦の物語が、早くもDVDで登場!

スキ、だけど。スキ、だから。

毎回映像特典 劇場予告編、TVCM、北野 武監督インタビュー、メイキング映像など

【ストーリー】
裕福な家に生まれた少年の真知寿(まちす)は“画家になる”夢を持っていた。
しかし突然両親が亡くなり、環境が一変してしまう。ひとりぼっちになった真知寿は、画家になることだけを人生の指針として生きるしかなくなった。
そんな愛に見放された真知寿の前に、ひとりの理解者が現れる。
絵を描くことしか知らない彼の純朴さに心惹かれた幸子である。
やがてふたりは結ばれ、真知寿の夢は夫婦の夢となった。
愛と希望に満たされ、様々なアートに挑戦するふたり。しかし作品は全く評価されない。
ふたりの創作活動は、街や警察をも巻き込むほどにエスカレートしていき、家庭崩壊の危機にまで直面してしまう・・・・・・。
うまくいかなくても前に進むしかない人生の中で、ふたりが確かに手にしたものは・・・・・・。


【スタッフ】
監督・脚本・編集:北野 武
挿入画:北野 武/音楽:梶浦 由記
撮影:柳島克己/照明:高屋 齋/美術:磯田典宏/録音:堀内戦治/助監督:松川嵩史/編集:太田義則/記録:谷 恵子/音楽効果:柴崎憲治/キャスティング:吉川威史/製作担当:斉藤大和/ライン・プロデューサー:小宮慎二/プロデューサー:森 昌行・吉田多喜男
サウンドトラック:DREAMUSIC
製作:バンダイビジュアル・テレビ朝日・東京テアトル・WOWOW/オフィス北野
配給:東京テアトル/オフィス北野

【キャスト】
ビートたけし/樋口可南子/柳 憂怜/麻生久美子
中尾 彬/伊武雅刀/大杉 漣/筒井真理子/吉岡澪皇(子役)/円城寺あや/徳永えり/大森南朋

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

北野武が監督・脚本・編集を務めた劇場最新作。幼い頃に両親を亡くした孤独な画家・真知寿は、唯一の理解者である幸子と結ばれ夫婦となる。愛と希望に満たされ、さまざまなアートに挑戦するふたりだったが…。樋●口可南子ほか個性派俳優が共演。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
82 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 冥府魔道を歩む夫婦の物語 2009/1/11
By NGPL トップ500レビュアー VINE メンバー
Amazonで購入
この映画は人によってはまるで絵空事のように感じるかもしれません。だけど芸術家や、それに似たクリエイティブ関係を目指した事のある人や、筆を折ったり折りかけた事があるという人にとっては、洒落にならない程の現実感をもってがぶりよってくると思います。封切り後「無意味に人が死にすぎる」という意見があったように思うけど、作中のどの死も私には無意味とは思えなかった。私とっては全てが現実的な死だった。いわゆる一般人の知人の死亡率と、こちら関係の知人の死亡率の差を思い、今更ながら「…('ω`;)」と思ったくらいです。
見終わった直後、私は真知寿が亀でアキレスが妻だと思いました。無理して真知寿に合わせていた妻が、夫の歩む冥府魔道に生涯付き合う覚悟を決めたのかと。でも亀が芸術でアキレスが真知寿という見方も出来ますよね。あるいは、この夫婦こそが一個の芸術として昇華したのかなぁ…とか。
多分見た人の数だけ答えのある映画だと思います。圧巻でした。
このレビューは参考になりましたか?
87 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 リアル芸術系ホラー・・・ 2009/3/25
By キートン砂糖 殿堂入りレビュアー トップ1000レビュアー
中二病をこじらせ、落ちてしまったが芸術系の大学に進学しようとしていた自分にはもう恐怖の一言。
本当に受からなくて良かった。心のそこからそう思う。
統計学的に考えれば非常に高確率で自分もマチスになっていただろう。

絵画、音楽、文学など何でもいいが、そういった方面に進もうとした、実際に進んでその後遠回りして普通の職業につくことになった人。
今現在いつか有名になってやろうと徐々に髪が薄くなりはじめ、白髪まじりの長髪ロッカーなど、とにかく何でもいいが、そういう方面に足を踏み入れようとした、していた、真っ只中の人にはもう核弾頭なみにヤバイ映画ですよ。

監督も無駄に芸暦を重ねて浅草に沈没していった多くの芸人たちを見ているから、こういう視点も生まれるのだろうな。

文章の面白いや、絵の素晴らしさは評価自体も非常に抽象的で、どう努力していいかということも非常に難しい問題なんですよね。

先日ピカソ展にいきました。
前半期の絵はとんでもなくうまいのですが、後半の抽象芸術になると、すごいなあと思うのだけれど、もしピカソというバイアスをなくして子供が書いた絵と混ぜて並べてれば、審美眼のない素人の私はたぶん見分けがつかないでしょう。

マチスも自分の確固とした画風
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By t
まるでトリックアート(騙し絵)のように、観る人とその環境によって、内容や解釈が全く違って見える類の映画。

どれほど成功した人物にも泣かず飛ばず上手く行かず認められずに雌伏していた時期というものはつきもので、自伝にもよく収められているお決まりのテーマではあります。
しかし、一人の成功者の陰には何十倍、何百倍、何千倍もの、成功者になれなかった人が存在するもの。
そういった人たちは一体いつ、雌伏の時に終止符を打てばいいのでしょうか。
中には、いつかそのうち成功する日を信じて、「諦めたらそこで試合終了ですよ」とばかりに夢を追い続ける事をずっと止めない人々も存在します。
例えどんなに時が経ち、どんなにその夢が現実を食い荒らしていこうとも。
これは、そっち側の人の歩む人生をえぐり出すように描いた作品です。

淡々といつまでも続く画家志望の主人公の異常な日常。
退屈に感じる人も、バカバカしいお笑い草と感じる人もいることでしょう。
しかし、現実に芸術やクリエイト方面に深く踏み込んだ事があり、それで挫折した経験がある人間にとってはある意味、非常にリアルな世界です。
あの独特のうそ寒い空気、情熱のカラ回り感、聖と俗が入れ替わり立ち代わり現れる人間模様、全てがリアル。
そし
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 不思議な感動があった 2011/2/26
By たか トップ1000レビュアー
売れない画家に必死に協力する妻。
周囲の人間が何人も亡くなる中で、見方によっては究極の駄目人間である夫の夢を支える妻の姿にはこれまでに感じたことのない不思議な感動があった。
この作品は観る人によってかなり多くの解釈が可能なものであると思う。
個人的には見返りを求めない夫婦愛に強く心を打たれた。
バイオレンスから感動作品まで鋭い感性で幅広く手掛ける北野武は天才であると改めて感じた。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 非常にわかりやすい作り
両親の自殺、娘の死、周囲への迷惑など関係なく自分の好きな絵を書く事に没頭する主人公。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: スカンピンボーイ
5つ星のうち 5.0 芸術そのものへ対しての破壊と創造
私は芸術に携わっているものです。
この映画では途中から美術史というモノを
根本からあざける様な印象を受け、... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: kei
5つ星のうち 2.0 たけしワールド。
ビートたけしさんの独特の世界でした…。それに樋口可南子さんの少し変わった関係でわかりにくかった。
投稿日: 6か月前 投稿者: 菊地聡一郎
5つ星のうち 4.0 たしかな余韻が残る妙作。
観た後にずしりとした重みが残る映画。... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: マルコ
5つ星のうち 5.0 ピカソの絵画と握り飯、どっちを取る?
芸術大学を卒業して現在フリーターをしている身としてはもっと早くこの映画を観るべきだった…と感じる作品でした。... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: セバスチャン
5つ星のうち 4.0 たけし芸術物語
たった1人理解してくれる人がいる。それだけでも幸せ。
温かいたけし芸術物語です。
投稿日: 9か月前 投稿者: フリーマン
5つ星のうち 5.0 芸術はようやく生活に追いついた
芸術がどうのこうのというよりも、何かを生涯に渡ってやり続ける素晴らしさを謳った作品と思う。この映画の場合は才能と... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: 大谷明彦
5つ星のうち 4.0 パッケージング次第で、もっと売れる映画になったはず
「監督ばんざい」でもうヤクザ映画は撮らないと宣言して撮ったのがこれで(すぐに翻意してアウトレイジを撮ってしまったが)、北野ならではのハイセンスな映像感覚、美術感覚... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: Lenariologueマル季
5つ星のうち 5.0 無情な人生をひた歩く夫婦の儚さと狂気
 世界の北野武の自己投影三部作の一つ。決して売れることのない芸術家の一生を少年、青年、中年の三期に渡って描く。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: かっちー
5つ星のうち 1.0 つまらないのではないでしょうか?
「世界の北野武監督だからなんでも面白い。」ということにはなっていないでしょうか? もはやそれを言うことができないような風潮もあるのでは?... 続きを読む
投稿日: 2012/7/25 投稿者: BandaFloresViajando
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック