Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
アキハバLOVE
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

アキハバLOVE [単行本(ソフトカバー)]

桃井 はるこ
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ダメおたく少女」はいかにして自らの居場所を見つけ、アーティストへと羽ばたいたか。通じ、信じあうことへの祈りを込めてすべての若者に捧げる魂のバイブル。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

桃井/はるこ
1977年生まれ。インターネット日記が雑誌編集長の目に留まったのをきっかけに雑誌連載を開始、プレアイドル活動を経て、ラジオ、TVに出演。2000年、全曲自作詞作曲のマキシシングル「Mail Me」を発表。2001年、声優としてTVアニメ「The Soul Taker~魂狩~」に中原小麦役で出演、スピンオフ作品の「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」では主演、主題歌の作詞・作曲・歌唱を担当した。2002年より、UNDER17として革新的な美少女ゲーム音楽を次々発表し、衝撃を与える。2004年のUNDER17解散後も、歌手、作詞・作曲、声優、パーソナリティ、雑誌連載と多彩なタレント活動を展開。2006年に初のベストアルバム「momo‐i quolity―ベスト オブ モモーイ」を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 371ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2007/1/25)
  • ISBN-10: 4594053106
  • ISBN-13: 978-4594053109
  • 発売日: 2007/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 455,711位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 勇気の源泉、夢のバトン!! 2007/1/27
形式:単行本(ソフトカバー)
  声優にしてシンガーソングライター、の桃井はるこの初めての単行本である。副題は「秋

葉原と一緒に大人になった」だ。

 アイドル・ヲタだったダメ女子中学生が彼女しか出来ないことを模索し、ヲタの女神にな

るまでを書いた自叙伝であり、また彼女がいろいろなところに発表したコラムや記事の集大

成でもある。だから資料的価値も高い。

 モモイストと呼ばれるファンには必携のバイブルに。そしてすべての自覚的ヲタには勇気

の源泉となるだろう。
このレビューは参考になりましたか?
29 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
歌手兼作詞家にして声優でもあり、文化放送の人気早朝番組『桃井はるこの超!モモーイ』のパーソナリティーをつとめる、「モモーイヽ('ー`)ノ」こと桃井はるこが世に送り出す初エッセイ集。

「萌えソングを極める」を旗印に、かつて日陰の存在だった18禁ゲームに堂々と名前を公表して秀逸な楽曲を提供し続け、「アキバの女王」と称されるに至った著者の価値観が、幼少の頃の体験から細やかに綴られている。

「オタク」というものを、何か奇矯な振舞いをする、理解しがたい集団だと思っている向きには、ぜひこの「アキハバLOVE」を一読してほしい。「他人とは違う自分」を生き続ける著者の視点と生きざまに、必ず何か得るところ、共感するところがあるはずだ。

とはいっても、本書は決して堅苦しい内容ではない。極めて読みやすい語り口で、ここ十年来の変容し続けるオタク文化の雰囲気を味わう読み物としても、非常に楽しめる。その時代に生きてみないとわからない、オタクという生き方の息吹きが感じられる作品だ。

現在ネット上では散逸している著者の日記が、本人のコメント付きで収録されていたり、全国のファンから寄せられた「オタ川柳」の一句一句に、まるまる一頁をさいて講評が付けられたりしているのも、モモーイファンにとって嬉しいところだ。読ももーいヽ('ー`)ノ!
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 流石のおもしろさ。 2007/2/2
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
モモイズム宣言の日記を読んでいた方ならモモーイの書く文章の面白さはいわずもがなとは思いますが、

敢えて言おう、「おもしろい!!」っと。

過去にモモーイが書いた文章で雑誌に掲載されたものや、日記で書かれたものを纏めたものなのでモモーイを知ってる方なら記憶の奥底で読んだかな?というものが少なからずあると思いますが、モモーイの軌跡であると同時にヲタの軌跡でもあるため、そう言えばあの頃はそうだったという感じでプチ時間旅行が楽しめます(ヲタ分野特化)。

また、過去の文章に対して現在のモモーイがツッコミなどを入れていますが、モモーイのツッコミに対してそうそうと

同じようにツッコミを入れて楽しめます。電車男のドラマが一般人でも楽しめたようにモモーイをあまり知らない人でも楽しむ事が出来ますが、ヲタであれば有るほど楽しめる内容になっています。

ボリュームが有り読み応えもあり満足出来ると思います。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 面白い! 2007/1/27
形式:単行本(ソフトカバー)
秋葉原の女王こと桃井はるこさんが執筆されたモモーイ初の自叙伝です。構成は第一章では想い出を徒然と綴り、第二章でインターネット日記、第三章で雑誌などに掲載された記事の総集編、てな感じです。

まず感想としては、アキバネタがとても多いので(とらのあながオープンした当初の様子なども描写されている)読むと無性にアキバに行きたくなりますw

またヲタが喜ぶようなネタが各所にちりばめられているのはもちろんのこと、モモーイが成長していく上での悩み、葛藤はヲタだけでなく全ての若者に通じるところがあり、いろいろと考えさせられました。

ヲタの人もそうでない人もぜひ一度手にとってモモーイワールドを体験してみてください。
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xab6dd7ec)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック