¥ 864
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
アイデ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アイデアのつくり方 単行本 – 1988/4/8


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 486


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

アイデアのつくり方 + 考具 ―考えるための道具、持っていますか? + アイデアのヒント
合計価格: ¥ 3,996

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

レビュー

この小さくて薄い本は、1939年に大学院の講義で紹介され、
1965年の初版が刊行された半世紀の歴史を持つ不朽の名著である。
著者のジェームス・W・ヤングは、前書きで次のように述べる。

「このテーマは本来専門の心理学者の手がけるべきものだが、私は心理学者ではない。
従って私のこの小論は、人がアイデアと呼んできたものを作り
仕事でくらしをたてる以外に能がなかった人間の個人的な経験談としての価値しかない。」

ヤングは、少年時代から数々の仕事を経験した後、26歳で広告業界に身を投じ、
数々の斬新な広告のアイデアで頭角を表したが、42歳という若さで引退している。

本書は、
「人はどのようにしてアイデアを手に入れることができるのか」
という疑問に正面から答えようとしており、2つの原理を出発点としている。
一つ目は、
「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」
そしてもう一つは、
「新しい組み合わせを作り出す才能は事物の関連性を見つけ出す才能に依存する」
というものだ。
当たり前のようにも感じるが、原則なのだから当たり前で良いのだろう。
著者はこう論じる。
アイデアは、「材料収集」→「材料の消化」→
「孵(ふ)化」→「誕生」→「検証と発展」という過程で作られる、と。

この中では、「孵化」の部分が特徴的だ。
つまり、あれこれと情報を加工して思考を巡らせた後で、
問題を放り出し、できるだけ問題を心の外に追い出してしまうのである。
そして、十分に孵化した時点で、
「ふとした瞬間」にあたるアイデアの誕生の時が自然にやってくるのだという。

なるほど、確かに問題にぶち当たって、考えに考え抜いている時には、
ちっとも良いアイデアが浮かばない。
が、その問題を忘れた頃、何気ない瞬間に不意に
「わかった! これだ!」ということを多くの人が何度も経験しているのではないだろうか。
ところで、本書の解説を地球物理学者の竹内均氏が書いているが、
その中にも興味深い記述がある。
「ある問題について本を書くには、その問題に関係した話題を約100集めればよい。
一冊あたり原稿用紙の数約300枚を約100で割ると、
1つの話題あたりの原稿用紙の枚数は約3枚になる。

これは新聞の連載小説1回(1日)分の原稿量でもある。
というわけで私は、ある問題に関係した1つの話題を原稿用紙3枚にまとめたものを断片と呼び、
こういった断片をうまずたゆまず作り続けている」という“下り”である。
ちなみに、この本の紹介文も1冊の本あたりそれぞれ原稿用紙3枚程度となっている。
1つの事柄を解説し、言いたいことを伝えるのに、長くもなく短くもない、
丁度よい長さではないかと自分では思っているのだが、読者の皆さんはいかがだろうか。 --Nikkei BP Net/ 内山悟志

登録情報

  • 単行本: 102ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (1988/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4484881047
  • ISBN-13: 978-4484881041
  • 発売日: 1988/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (184件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 374位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

86 人中、76人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾン次郎 投稿日 2003/1/13
形式: 単行本 Amazonで購入
この本で紹介される方法に異議を唱える人はいないだろう。
「どうしたら、ひらめきがうまれるか」という手順(頭のつかい方)そのものを説明したのではない。
「ひらめきがでるとしたら、こういう過程があったはずだ」ということを説明した本であると思えばよいだろう。
本文の短さが、とてもよい。
複雑な手順を踏ませるような、いわゆるハウツーものとは全く違う。
アイディアは誰だって思いつくことができる。
誰だってできることだから、本質は短く記述できるにきまっている。
本書の通りに実践することは、誰でもできる。
しかし、ひらめきがでるかどうかは、確率の問題になるのかもしれない。
ただし、本書の方法を実践すれば確率は「ぐぐっと」高くなるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
55 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 入院中に読んだ本 投稿日 2007/4/23
形式: 単行本
この様な本を言うのだろう。

この本の書き出しは、広告業界の人に対するメッセージであるが、その仕事に携わっていない人にとっても、この本は一読しておく価値を十分含んでいる。

特に、アイデアが作られる全過程ないし方法と言い切った1.資料を収集する作業(カード・スクラップブック)2.パズルを組立てる(書き留める、すぐにあきらめない)3.一旦放棄し、他の刺激(音楽・演劇)を求める4.常にそれを考えていること(いつ思いつくかは誰にもわからない)5.アイデアを世に送り出す(駄作か秀作かは世間に委ね、秀作は一人歩きする)この5つは、どの分野に携わる人にも有益である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 wave115 VINE メンバー 投稿日 2007/8/16
形式: 単行本
アイデアを作るのにたった5つのステップを踏むだけでいいのです.データを集め,考え,無意識の世界へ追いやり,ひらめく,そして,具体化する.たったこれだけの事なのになぜできないのでしょう.

この本に書かれている事は,今ではいろいろな本に書かれており,さほど新しさは感じません.そもそも100ページほどの本で1/3は解説なので,ほとんど何も書かれていないに等しいのですが,アイデアを出す心構えとして必要十分ではないでしょうか.

アイデアにつまって,考えすぎて頭が焼き切れる前に読むといいでしょう.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
70 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ダチョウ平雅作 投稿日 2005/7/15
形式: 単行本
本書は、アメリカで「創造的思考に関する古典」と称されているらしい、非常にコンパクトなアイデアづくりの参考書です。もともと広告コピーライターであった筆者が、「アイデアをどのように手に入れたら良いか?」というイシューに対して答えるために書かれたものです。
 本書が提示している「つくり方」の柱は、
1.データ収集
2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユーレカ(発見)の瞬間
5.アイデアのチェック
という5段階の、単純明快で誰でも理解できるプロセスです。しかし、実践できている人はおそらく少ないでしょう。
 本書の利用方法としては、本書に示す上記プロセスに従いながら、クリティカルに自分の思考過程を問い質す、検証してみるというのが、私なりのお勧めであり、クリエーティブシンキングの近道と言えるのではないでしょうか?
 本当にデータを収集しているか・目先にあるデータだけで言っていないか? データを解釈しているのか? 一つのデータだけに頼って反証されるデータを揃えているか・他に考えることはないか? ユーレカに至るまで粘着力・集中力を持って思考しているか? といった具合です。
 私が出逢ったのは営業現場に身を置いていた4年前、それ以後いつも鞄に入れていますが、その当時で既に23版を数えているから、やはり古典の良書と言えそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 I Love SevenStars 投稿日 2003/11/10
形式: 単行本 Amazonで購入
例えば、ビジネス分野のみでなく、
小説、映画、演劇、音楽、etcの創造力やセンスがモノをいうジャンルで
『才能』という事は誤解されがちだが、『才能』とは「潜在能力」である。
それを『実力』つまり「顕在化したスキル」とする為には、努力がいる。
小説の場合、多くの本を読み、ストーリーや文章を何度も書きなおし、
と繰り返せば、確実に巧くなるし、書けるものの幅もひろがる。
顕著な例だが、
天才・三島由紀夫にしても、いきなり巧く書けたわけではない。
万を超える読書量。その小説を分析し、ありとあらゆる
作術を習得していた事は有名で、
「もっと巧くなるため、色々修練を積んでいる」といった類の事を
折に触れ公言している
無論、他の作家も同様で、デビューできるまでに書いた原稿を積み上げたら、
自分の背丈を越えてる人は山ほどいるし、故中上健次氏は、
「自宅には習作時代の原稿がダンボール4箱ある」と豪語
されていた。
無論、各々の分野の素質に先天的に恵まれていることは必要だし、
大前提になりますが。。。
『センス』という事に固執しがちな方にはぜひ一読をお勧めします。
「インプット」なき『驚異的なアウトプット』はあり得ないですよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック