Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
アイデアのつくり方
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

アイデアのつくり方 [単行本]

ジェームス W.ヤング , 竹内 均 , 今井 茂雄
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (183件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 864 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

アイデアのつくり方 + 知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫) + 理科系の作文技術 (中公新書 (624))
合計価格: ¥ 2,570

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

この小さな本のなかで、ヤング氏は、もっとも学術的で詳細な広告原論よりもさらに貴重なことを私たちに教えてくれている。
個々のコミュニケーションの骨や肉にあたるものだけではなく、その魂ともいうべきアイデアを語っているからだ。

生化学者は、大した費用もかけずに人間の肉体を組み合わせることができる。
しかし、人体に生命の火をスパークさせることはできない。
ヤング氏がここに書いているのは、創造のスパーク、アイデアなのだ。

アイデアこそが広告に精神と生命を吹きこむ。
広告制作者がその手腕を発揮する上で、これより大切なものはない。

創造の過程における心の営みを記述するときのヤング氏は、
私たちのもっとも偉大な思索家たちの幾人かの人々の伝統に連列なる人物である。

バートランド・ラッセルやアルバート・アインシュタインのような科学の巨人が、
このテーマで彼とほぼ同じ趣旨のことを説いているということが、ヤングの偉大さの何よりの証しだ。

知識はすぐれた創造的思考の基礎ではあるが、十分でない。
知識は、よく消化されて、最終的に、新鮮な組み合わせと関連性をもった姿となって
心に浮かび出てこなければ意味がない、という点で彼らの意見は一致する。

アインシュタインはこれを直観と呼び、直観だけが新しい洞察に到達する唯一の道だと言っている。

手に入れたアイデアが価値あるものかどうかは保証の限りではない。
このことを言ったのはヤング氏がはじめてだったのではないか。

アイデアの良し悪しは、遺伝子までも含めてあなたのもつすべての資質と能力できまるものだ。
しかし、ヤングがこの本で単純明快にまとめた手法に従ってアイデアづくりに取り組めば、
あなたは自分の能力と素質のすべてを最大限に生かせることになるだろう。
この問題の核心に触れることができるのはヤング氏のおかげである。

長年にわたって広告活動に携った結果、
適確でドラマチックなアイデアの作成がコミュニケーションを成功させる鍵だということを、彼は体得したのである。

彼はそのことを鮮明に私たちに理解させてくれるばかりでなく、
その目標に向かってゆく道筋へも教示してくれている。
(序文より)

内容(「BOOK」データベースより)

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

登録情報

  • 単行本: 102ページ
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ (1988/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4484881047
  • ISBN-13: 978-4484881041
  • 発売日: 1988/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (183件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 544位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
84 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 アマゾン次郎
形式:単行本|Amazonで購入
この本で紹介される方法に異議を唱える人はいないだろう。
「どうしたら、ひらめきがうまれるか」という手順(頭のつかい方)そのものを説明したのではない。
「ひらめきがでるとしたら、こういう過程があったはずだ」ということを説明した本であると思えばよいだろう。
本文の短さが、とてもよい。
複雑な手順を踏ませるような、いわゆるハウツーものとは全く違う。
アイディアは誰だって思いつくことができる。
誰だってできることだから、本質は短く記述できるにきまっている。
本書の通りに実践することは、誰でもできる。
しかし、ひらめきがでるかどうかは、確率の問題になるのかもしれない。
ただし、本書の方法を実践すれば確率は「ぐぐっと」高くなるだろう。
このレビューは参考になりましたか?
52 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 核心を端的に衝くとは 2007/4/23
形式:単行本
この様な本を言うのだろう。

この本の書き出しは、広告業界の人に対するメッセージであるが、その仕事に携わっていない人にとっても、この本は一読しておく価値を十分含んでいる。

特に、アイデアが作られる全過程ないし方法と言い切った1.資料を収集する作業(カード・スクラップブック)2.パズルを組立てる(書き留める、すぐにあきらめない)3.一旦放棄し、他の刺激(音楽・演劇)を求める4.常にそれを考えていること(いつ思いつくかは誰にもわからない)5.アイデアを世に送り出す(駄作か秀作かは世間に委ね、秀作は一人歩きする)この5つは、どの分野に携わる人にも有益である。
このレビューは参考になりましたか?
69 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
本書は、アメリカで「創造的思考に関する古典」と称されているらしい、非常にコンパクトなアイデアづくりの参考書です。もともと広告コピーライターであった筆者が、「アイデアをどのように手に入れたら良いか?」というイシューに対して答えるために書かれたものです。
 本書が提示している「つくり方」の柱は、
1.データ収集
2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユーレカ(発見)の瞬間
5.アイデアのチェック
という5段階の、単純明快で誰でも理解できるプロセスです。しかし、実践できている人はおそらく少ないでしょう。
 本書の利用方法としては、本書に示す上記プロセスに従いながら、クリティカルに自分の思考過程を問い質す、検証してみるというのが、私なりのお勧めであり、クリエーティブシンキングの近道と言えるのではないでしょうか?
 本当にデータを収集しているか・目先にあるデータだけで言っていないか? データを解釈しているのか? 一つのデータだけに頼って反証されるデータを揃えているか・他に考えることはないか? ユーレカに至るまで粘着力・集中力を持って思考しているか? といった具合です。
 私が出逢ったのは営業現場に身を置いていた4年前、それ以後いつも鞄に入れていますが、その当時で既に23版を数えているから、やはり古典の良書と言えそうです。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 wave115 VINE メンバー
形式:単行本
アイデアを作るのにたった5つのステップを踏むだけでいいのです.データを集め,考え,無意識の世界へ追いやり,ひらめく,そして,具体化する.たったこれだけの事なのになぜできないのでしょう.

この本に書かれている事は,今ではいろいろな本に書かれており,さほど新しさは感じません.そもそも100ページほどの本で1/3は解説なので,ほとんど何も書かれていないに等しいのですが,アイデアを出す心構えとして必要十分ではないでしょうか.

アイデアにつまって,考えすぎて頭が焼き切れる前に読むといいでしょう.
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 I Love SevenStars
形式:単行本|Amazonで購入
例えば、ビジネス分野のみでなく、
小説、映画、演劇、音楽、etcの創造力やセンスがモノをいうジャンルで
『才能』という事は誤解されがちだが、『才能』とは「潜在能力」である。
それを『実力』つまり「顕在化したスキル」とする為には、努力がいる。
小説の場合、多くの本を読み、ストーリーや文章を何度も書きなおし、
と繰り返せば、確実に巧くなるし、書けるものの幅もひろがる。
顕著な例だが、
天才・三島由紀夫にしても、いきなり巧く書けたわけではない。
万を超える読書量。その小説を分析し、ありとあらゆる
作術を習得していた事は有名で、
「もっと巧くなるため、色々修練を積んでいる」といった類の事を
折に触れ公言している
無論、他の作家も同様で、デビューできるまでに書いた原稿を積み上げたら、
自分の背丈を越えてる人は山ほどいるし、故中上健次氏は、
「自宅には習作時代の原稿がダンボール4箱ある」と豪語
されていた。
無論、各々の分野の素質に先天的に恵まれていることは必要だし、
大前提になりますが。。。
『センス』という事に固執しがちな方にはぜひ一読をお勧めします。
「インプット」なき『驚異的なアウトプット』はあり得ないですよ。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 おもしろい。
薄くてあっという間に読めてしまいますが、面白いです。これを読んだ後にアイデアのヒントもおすすめです。
投稿日: 12日前 投稿者: kinkin
5つ星のうち 5.0 凡人が天才に追い付くには……
広告業界に携わってきた著者による、アイデアの、作成から具現化に至るまでのプロセスをロジカルにまとめた良書。... 続きを読む
投稿日: 16日前 投稿者: Planet and Satellite
5つ星のうち 3.0 古典的名著としてよく薦められている本
古典的名著という言葉が全てを語っている
はっきりいって古いのです。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 4.0 アイデアには準備が必要である
アイデアとは何かから始まり、
それを作るために日頃からすべきことが書かれている。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: fine teacher
5つ星のうち 2.0 思ったほどではありませんでした・・・。
マーケティングをしている人は読んだ方がいいといわれて読みましたが、期待しすぎた分いまいちでした。
投稿日: 6か月前 投稿者: taka
5つ星のうち 4.0 特効薬や魔法はない
アイディアを生み出すことには苦労する。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: javaden
5つ星のうち 4.0 本自体の厚さは薄いけど、読むのに集中力が必要
他の方のレビューもあるように、著者の文章は読みづらく感じる部分もあり、1時間では読みきれなかったです。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: Han
5つ星のうち 2.0 本のタイトルに偽りはありません。
まず本を開いて驚いたのは文字の大きさ(少なさ)です。
しかも読みづらい。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: aboco
5つ星のうち 4.0 古い本ですが、アイデアの構築方法がギュッと詰まった1冊。
アイデアが1つのカタチになるまでに、
たどる4つの工程と、その間何がおこるか、
情報の収集や、既存のアイデアの組み合わせなどに... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: sen
5つ星のうち 4.0 新しいものはすでに出尽くしている、という出発点
古典中の古典。およそ三十年前に出版されたもの。アメリカの有名な広告デザイナーのアイデア調達手法。とても薄い本だが、各方面で絶賛されているらしい。すぐに読み終わった... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: アーリー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック