Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Amazon Kindleでは、 わが家の母はビョーキです をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
わが家&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

わが家の母はビョーキです 単行本(ソフトカバー) – 2008/11/18

76件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 5


キャンペーンおよび追加情報

  • 新規ご入会で、2,000円分Amazonポイントプレゼント!:Amazon MasterCardクラシック 今すぐチェック

よく一緒に購入されている商品

わが家の母はビョーキです + わが家の母はビョーキです 2  家族の絆編 + マンガでわかる!統合失調症
合計価格: ¥ 3,888
ポイントの合計:  90pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

これは、精神病にかかったお母さんを持つ、著者の実話を描いたコミックエッセイです。
近年、「うつ」という言葉が一般に浸透したことで、実は、とても多くの人が心の病気で悩んでいるということが明らかになりました。著者のお母さんもその一人……。ただし、診断の結果は「うつ」ではなく、うつに次いで多い「統合失調症(トーシツ)」です。
昔は「精神分裂病」と言われていたこの病気、なんと100人に1人の割合で発症しています。これはがん患者と同じ割合です。でも、どうしてあんまり聞いたことがないのでしょうか。その裏には家族のやりきれない想いがあったのです……。
本書では「統合失調症」とはどんな病気なのか、どうやって回復するのか、どんな思いを抱いているのか、そして当事者とどう関わっていけばいいのかを家族の視点から描きました。また、看病されるお母さんと看病する娘の、心と心のぶつかり合い、通じ合いを深く鮮明に描いた作品にもなっています。
「ときにはイヤになるけれど、今では幸せな生活を送っています」。そんな著者の姿が、間違いなく胸を打つ一冊です。

出版社からのコメント

この本は、私が自信をもってオススメする本です。
現代の生活において、ストレスを感じない日はありません。多くの人が日々、いろいろなストレスにさらされ、そして「心の病」になっています。これは、本当に誰もに起こりうることだと思います。
この本を作るにあたって、自分の周りにも「心のストレス」で苦しんでいる人が、思った以上に、たくさんいることを知りました。また、統合失調症の方やそれを支える家族の方と接し、「もっとこの病気のことを知ってもらいたい」という切実な想いに気づかされました。だからこそ、「統合失調症」を細かく説明した本ではなく、知らない人が読んでも楽しめるようなコミックエッセイに仕上がっています!
......あなたの周りにもきっといる。そんな病気のことを、少しだけ垣間見てはいかがでしょうか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 167ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2008/11/18)
  • ISBN-10: 4763198718
  • ISBN-13: 978-4763198716
  • 発売日: 2008/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (76件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,155位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

239 人中、224人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tkcat 投稿日 2008/12/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
本屋で何気なく手にとって、衝撃を受けた本でした。
「統合失調症」という病名は、聞いたことはありました。
でも、こんな病気だなんて、全く知りませんでした。

著者は、子供の頃から、突然包丁を持って襲いかかってくる母親と
一緒に生活していました。
ユーモアを交えて、さらっと書かれているので、
さらっと読めてしまいますが、内容はかなりすごいです。

それでも、子供だった著者が、理由の分からないまま
必死で母親のことを支えようとする姿は、けなげ過ぎて
涙が出ました。

うつ病やアル中もそうですが、病気で一番やっかいなのは
本人や周りが、その病気に対する知識をもっていないと
病気だということに気がつかないまま苦しんでしまう事だと思います。

だから、このような病気があるということは、みんなが知っておいた方が
いいと思うし、そういう意味でも、この本は読む価値ありです。

著者も、大人になってから、母親が治療可能な脳の病気だった事に
ようやく気がつきます。そして、さまざまなサポート体制や専門家の
存在を知っていきます。

その後、著者は結婚しますが、相手の男性
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
91 人中、84人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 悪魔信者“妖怪チグリモ” 投稿日 2009/8/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
 私はカウンセラーをしていますが、プロのカウンセラーでさえ、こと自分の身内、ましてや親、兄弟となると、自分の価値観や感情が出てしまい、冷静にカウンセリングができなくなります。それは未熟、ベテラン関係なしにです。
 ですから、著者がトーシツの知識もなく31年間ずっと耐えてこられたことに畏敬の念を抱かずにはいられません。

 著者も書かれていた様に、「(後に夫となられるタキさんが)第三者として入ることによって空気が変わる」。これは、非常に大切で心丈夫なことだと実感します。事実、当初は娘の旦那様にでさえ、過去の自分の病気のことを知られたくないとおっしゃっていたお母様ですが、著者がこうしてこの漫画を上梓されたのです。よほど前向きな心の変化があられたのだとお察しします。服薬も不可欠ですが、やはり周りの協力と思いやりあっての今現在でしょう。

 ただ、一点だけ不安要素がありました。お母様が包丁を持ち出して著者に襲いかかるシーンが何度も見受けられますが、世間の偏見を増長させるのでは、と懸念いたしました。「精神を患った人=危険人物」或いは「殺人犯の既往歴に、以前精神科を通院していた。だから人を殺すような人は精神病者ばかり」というレッテルを貼られてしまうと、当人達はますます社会復帰しにくくなります。
 そこに何かひと言、著者からの注釈が添えられていた方が良かったのでは思います。偏見有りきところに、理解と共感を得るのは、やはり困難を要しますので・・・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mimi 投稿日 2011/2/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
私の母も妹もこの病気です。
小さいころから時々見えないものに必死で対応しようとする母を見てきましたが、その時は世間一般に言われる「障害者」であること知りませんでした。
今でも、本当は理解しなくてはいけないのに、喧嘩をしてしまいます。
本を読んで涙が止まりませんでした。
理解されない苦しみを抱えることの辛さについて考えさせられた一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ロッド 投稿日 2013/7/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は統合失調症ではなく違う病名の母親です。表紙の画像を見るだけでも壮絶な見たくない内容だろうという気がして、読むのが恐ろしく耐えられない気がしてました。クリニック関連施設に置いてあり、借りて自宅で読みかけてたら、子どもが、すごい速さで私より先に読み進んでいました。病気の母親の子供の気持ちに、共感できたようで、子供自身もあまりにも生きるのが辛くて筆者と同じ心境だったんだよ、と泣きながら、初めて本音を表にだして病気の母親の私に打ち明けてくれました。子供も、園児の頃から、だれにも甘えられない孤独な思いで、意識をすり減らしながら頑張り続けた日々だと蘇ってきたそうです。まんがを通じて、似た立場の筆者に共感して、苦しさを親子で理解しあえる事ができました。病気の親を持つ子供が、押し殺してきた辛さを、本の内容と、丸みのある、見ていて安心感の持てる画風で受け止めやすい。法律的に、病気を持つ家族がいるなら知った方が役にたつ事も簡単にまとめてくれてあり、親切です。小学生の子供が、読み、理解できて、孤独に抱えてきた思いを少しでも客観視でき、人間らしい感情を取り戻してくれた。私も治る病気ではないようですが、子供に苦しみを引き継がないように、役立つ貴重な本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック