¥ 648
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よつばと! 11 (電撃コミックス) コミック – 2011/11/26


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 104


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

よつばと! 11 (電撃コミックス) + よつばと! 12 (電撃コミックス) + よつばと! 10 (電撃コミックス)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2011/11/26)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4048860976
  • ISBN-13: 978-4048860970
  • 発売日: 2011/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (71件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

632 人中、599人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 てこてこ 投稿日 2011/11/27
形式: コミック
こんな環境で子供を育てたいといつも思う。

よつばはいつも一人で冒険に出かけ、
必ず人との出逢いをし
時に心配され、時に呆れられ、時に怒られるw。

「礼儀を知らないイマドキの子供」なんてレビューで言ってる人がいるけれど、
5才のよつばは、いつも外でなにかを学んで帰ってくる。

勝手に写真を撮って「勝手に撮ってんじゃねえよ」と怒られ
「かってにとったらだめなのか・・・」と恐怖におののき(転んでケガまでしてしまうw)
その後からは「とってもいいですか?」と聞くようになり、
しまいにゃ「かってにとったらしつれいでしょ」ととうちゃんを叱るw。

「触ったらダメだよ」と言われた直後にイガに触り「イタイ!」と泣く。
イガは手で触ると痛いんだと身をもって学ぶ。

いつも当たり前の様に一緒にいるジュラルミンも
扱い方を間違えると鳴かなくなってしまう(=モノは壊れる)という事を知る。
たぶんこれからよつばは、もっとちゃんとジュラルミンを大事にするだろう。

先に親に「〜しなさい!!」と言われていないから
よつばは、たくさんたくさん失敗する。

でも、その度に成長
...続きを読む ›
7 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
106 人中、91人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 レジ 投稿日 2011/11/29
形式: コミック
昨今「独身男+子供」というテーマの漫画は散見されるが、ブームの端を発したのが恐らくこの作品だろう。
それらと一線を画す理由がこの巻ではっきりと目に見える。

大抵の作品は「子供=可愛い、庇護すべき」という誰もが抱いている印象をもとに話が作られ、
お手軽に読者を共感させることができる。
だがよつばとはもっとテーマをぼやかし、「子供って何なの」という視点を読者に突きつける。

例えば本巻の「よつばとしゃぼんだま」でいえば、前者ならば転んで頭を打った子供を親があやす、
そんなほのぼの描写になるだろう。
対して、よつばは転んで頭を打ち泣く。そこから、大泣きしつつも目の前のシャボン玉に夢中になり、
泣きながらシャボン玉で遊ぶ描写になっている。

子供の持つエネルギーは凄まじい。
怪我して痛いのに、もう別のことに夢中になれる。
落ち込んでいたのに、笑えばすぐすっきりする。
かつて自分もそうだったのに、大人になった今じゃ到底真似できない。
子供の頃の自分や、自分の子供と照らしてみる。
そうすることで、「子供って何なの」というテーマに自ずと向き合ってしまう。

結局出る答えは「子供ってよくわからない」。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うおォン 投稿日 2011/11/29
形式: コミック
待ちに待ったあずま先生のよつばと!の11巻。相変わらずの面白さでした。
本当に普段の日常を描いているだけなのに、読んでいるとなんでこんなに暖かい気持ちになれるのか不思議なくらいです。
今回も風香のお馬鹿さ(笑)やみうらの可愛い叫び、久々のしまうー登場など見所はいっぱいです。
そしてよつばを中心としたいつも通りのとーちゃんとジャンボ、ときとぎヤンダの組み合わせが今回もいい味を出していて、自然と頬が緩みました。
また前巻の「よつばとジャンボ」の話のときのようにジャンボがよつばに見せる優しい顔が大好きなので、今巻でもそんな場面がみれてよかったです。本当によつばは愛されてるなぁ。
というわけで、変わらぬ面白さで満足の11巻でした。ただ次巻はいつになるのか。仕方ないのは分かっていますが、それでも早くよつばと!が見たい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CO 殿堂入りレビュアー 投稿日 2011/12/2
形式: コミック
よつばと!は多くの漫画と比べても、セリフが少ない気がする。
その代わり、風景や人物の表情、動きには並みならぬ情熱を感じた。

たとえば、11巻がはじまって見開き3ページの間、セリフというセリフは書かれていない。
それなのに、「よつばがどこにいて、何をしているのか」がわかってしまう。
でもいくつかの疑問点は残されていて、その後の展開をワクワクしながら読み進めることができる。

そして11巻はオチ、一遍の終わり方も秀逸だと思った。
描こうと思えば、この先の展開もまだまだ書けるはずの物語を、あえて途中で打ち切る。
よつばの行動は不思議で、誰にも想像がつかない。だからこうすることでその後の展開を各々が想像し、読むことができる。
しかし経緯は違えど万人は結局「よつはが楽しんで終わる」ところに落ち着くのだ。

11巻は他の巻と比べて落ち着いた雰囲気を感じた。
学校に行くこともないし、海にも行かない、ほとんどが家の中か、近所の話だ。
それなのによつばはいつも通り、笑うし怒るし泣くし拗ねる。

よつばと!を読むとただの日常を楽しく生きるエッセンスをもらえる気がする。
毎日を楽しく生きようと思える。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック