Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Amazon Kindleでは、 ガガガ文庫 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2(イラスト完全版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
やはり&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫) 文庫 – 2011/7/20

30件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 70

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫) + やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 (ガガガ文庫) + やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
合計価格: ¥ 1,913
ポイントの合計:  60pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

美少女ふたりと部活をしても、ラブコメ展開にはちっともならない。携帯アドレス交換しても、メールの返事が返ってこない。とっても可愛いあのコは男子。個性という名の残念さをそれぞれ抱え、相変わらずリア充の欠片もない0点の学校生活を送る奉仕部の部員たち―冷血な完璧美少女・雪乃、見た目ビッチの天然少女・結衣、そして「ひねくれぼっち」では右に出るもののいない八幡。そんな青春の隔離病棟・奉仕部に初めて事件な依頼が飛び込んで―?八幡の妹・小町、新キャラも登場の第二弾。俺の青春のダメさが今、加速する―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡/航
ライトノベル作家。1987年生まれ。英検二級(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094512861
  • ISBN-13: 978-4094512861
  • 発売日: 2011/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (30件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

33 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 quarter 投稿日 2011/8/2
形式: 文庫
前巻に引き続いて奉仕部の活動が内容の中心となるのですが、
主要登場人物のキャラも徐々に固まり、ギャグも充実してきています。
マグナムネタ等、今の中高生分かるの・・・?という懸念はありますが(笑)
ただ、私は途中まで「1巻に続いて冴えたギャグをかますラノベだなー」とニヤニヤしながら読んでいたのですが、
巻末の引きを読んで「あれ、こういうラノベだったっけ…?」と軽く衝撃を受けました。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、最後の場面における主人公の感情は、
ぼっちの(またはそれに準ずる)経験のある方にとっては痛い程分かる(というか正直キツイ)ものなのではないかと思います。
コメディチックな書かれ方とキャラクター性によってぼかされていますが、
本文におけるぼっち描写や主人公の感情の動きには妙にリアルな箇所が所々に散りばめられており、冷静になって読むと、
まるで自分の高校時代を見ているようで「これ…あの時の俺じゃん…」となにやら不思議な心持ちになることもしばしばです。
設定上「はがない」と比較されることの多い本作ですが、リアルなぼっち思考回路を主人公が持っているという点によって、
この作品の持つ性格や今後の方向性は大きく違ってくるんじゃないのかなと個人的には考えてます。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さくらくん 投稿日 2013/1/6
形式: 文庫
どーせそろそろ雪乃が悪態付きつつも頬染めるんだろ?という斜に構えた態度で読んでいたのですが、そんなことは無かった。
雪乃と主人公八幡、そして結衣と八幡の距離感は中々にイイ感じですね。それにしてもここ本当に進学校なのか。

今までクラスに上手く溶け込めず、優しくしてくれた女の子に惚れては裏切られてきた主人公。妙にリアルです。
だからアプローチしてくる結衣の好意を曲解してしまうという流れには説得力があり、これからどうなるんだろうという気持ちになります。

前巻に比べてパロディもほどほどの量になり、読みやすさはそのままキープ。
ただし奉仕部自体に大きな事件があるわけでもないので、盛り上がりには欠けます。よって☆3ということに。

主人公が一気にモテるような展開が無かったので、ホッとしています。やはりタイトルで損をしている気がする。
ヒロイン雪乃よりも平塚先生と結衣の方が可愛いような気がしますが、雪乃さんの今後に期待しましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 APPLETEA 投稿日 2011/8/21
形式: 文庫
実際の評価では4.5といったところでしょうか。
かなり秀逸な作品です。

全体の感想としてはすごくバランスの取れた作品であると思います。
笑い・ラブ・シリアス・友情が丁度25%ずつで配合されているかのような。
かつ会話がスピーディーでテンポが良い。
テンポが良すぎて説明が省略されているところも多々ありますが。

マイナス0.5の原因となったのがストーリーの構成です。
全体的に話の軸がぶれたなという感想です。
前半は職場見学でのグループをどうするかというお話。
後半は川崎家の事情のお話。
全体の軸としては川崎家の話で間違いないのですが、前半あれだけ引っ張った職場見学が最後のわずか数ページで終っています。
2巻での話の軸は川崎家なのだろうから、前半はもう少し絞れるのではないか、もしくはもっと職場見学と川崎さんの話を絡められたのではないかと思いました。
全体的に前作より少しダラダラしてしまった印象を受けます。

他の要素としては千葉県ネタとキャラの秀逸さがかなり◎。
奉仕部とかぼっちとかありがちなネタではありますが、他の作品とはキャラの思考が違うように思います。
材木座以外のキャラが割と考え方にリアリティがある
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 文庫
 1巻はまるでピンと来なかったが、この2巻ではエピソードが減った分長くなることでちょっとは「お話」らしくなったのと、主人公の機転・知略によって一発問題解決という本作品の基本パターンが割とうまく踏まれており、そこそこ楽しめるものになっている。 捻くれた認知をもつ比企谷ならではの人間観察が魅力的で、人間関係や心の機微について時折リアルな洞察が見受けられる。反面、それゆえに自分に対する他人の態度については歪んだ捉え方をしており、地の文に誤った記述が頻繁に登場するのが面白い。
 また、ここまで捻くれ主人公と美少女コンビのコメディタッチなキャッキャウフフを眺めてきた読者を、いきなりズドンと突き落すような3巻への引きもグッドである。(とはいえ主人公の捉え方はいくら自意識過剰にしたって無理があるし、そもそも由比ヶ浜が例のことを隠す理由も見当たらないので、やはりストーリーテリングはツタナいと言わざるを得ない)
 ただ、この巻以降、比企谷との対比で雪ノ下の情けなさが目立つのが気になった。特にひどいのが川崎篇でのアニマルセラピーのくだりで、ギャグとしても全くウケない上に、すっかりシリアスになった物語後半から振り返ると、さすがに馬鹿すぎて当時からあった違和感がかなりデカい。葉山篇でも雪ノ下はクラスが違うため何もしていない。最初ライバルっぽく登場した雪ノ下だが、結局のところ「俺TUEE
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック