Amazon Kindleでは、 ガガガ文庫 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(イラスト完全版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 648
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
やはり&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫) 文庫 – 2011/3/18

127件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 223

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫) + やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫) + やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 (ガガガ文庫)
合計価格: ¥ 1,913
ポイントの合計:  60pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう―そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様―俺の青春、どうしてこうなった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡/航
1987年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/3/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094512624
  • ISBN-13: 978-4094512625
  • 発売日: 2011/3/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (127件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

134 人中、98人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 JJJ 投稿日 2013/6/10
形式: Kindle版
既刊7巻まで読んでいます。
時には最初から、時には印象深い場面のいくつかを、短期間に何度も読み返す作品に久々に出会いました。

この作品は、どの世代時に読むか、読者自身がそのとき身を置いている環境などで受けとる印象が違い、変化していくのだろうと思います。いやいや、そんなのはどんな作品でもそうでしょ?とツッコまれるかと思われますが(笑)、他と一線を画してその見せてくれる違い、変化に魅せられております。

中学生時、高校生でも入学当初〜卒業間際までのどの時期に読んだか、卒業してから、大学生で、専門学校生で、ふらふらしているときに、社畜状態の時(苦笑)に、静ちゃん世代になってから、アラフォー、さらにもっと年を重ねてから等々、
また、ずっとぼっちだったひと、ぼっち時代を経て今はリア充のひと、リア充だったけど今はぼっちのひと、ぼっちの時代などなく常にリア充のひと、
もしかしたら、4巻の鶴見留美と同じ班の子らや、5・6巻の相模南と同じ振る舞いや価値基準を持っているひとなんかも読まれているかもしれない。

素直に面白いと思うひと、思いっきり感情移入するひと、同族嫌悪の念が強すぎて拒絶するひと、全く共感できずつまらなかったひと、むしろ気分を害されるひと、自分を重ねて当時を思いかえすひと等々。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
59 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ろうろう 投稿日 2013/5/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
小説の内容そのものは好きで、最新7巻まで購入して読んでいます。
なので、本文だけなら星4、5個としたいのですが、あえて苦言をお許しください。

「イラスト完全版」とありますが、カラーイラストの画質がとてもとても低いです。
(iPad用Kindleアプリで表示させています。)
第1巻の表紙だけはまあまあ良いのですが、折り込みイラストや2巻以降の表紙絵は減色のノイズでブツブツ、
なんなら折り込みイラストは解像度も低くモアレだらけで涙がこぼれちゃったまである。

他にも縦向きイラストが横配置されていたり(6巻)、
各話間にある登場人物の会話図が画像ぼけで、Kindle Paperwhiteで読む場合もとても読みにくいなど。

「底本と同じクオリティのカラーイラスト」とは到底呼べないと思います。
容量圧縮は不可避と思いますが、せめて他社さんライトノベル電子版と同程度の画質で、
是非 再配信 して頂きたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
217 人中、143人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヨーン 投稿日 2011/4/14
形式: 文庫
東京のそこそこ大きな書店にいっても売り切れor入荷しておらず、アマゾンでもかなり売れていたことから気になってしまい、やっとのことで大型書店にて発見し購入しました。

残念な人間の集まりという設定がカブっている「僕は友達が少ない」の平坂読にオビのコメントを書かせるとは逆転の発想というか・・・。
しかし内容は「僕は友達が少ない」とはかなり違いを感じました。
そもそも、主人公がかなりの捻くれ者なので「残念」というよりは「駄目人間」です。(他のキャラは単純に残念ですが)
「はがない」のような日々徒然というよりは、部活としてやることが確定されているので方向性があり、キャラクター達の成長や進展が感じられます。

レビューが比較的高評価が多いようなので、良い点は他のレビューアーさんのを参考にしてもらうとして、私は気になった点を少し辛口で書こうと思います。
まず、作風が某講談社BOX作品と似ていると感じた点です。
言葉遊びを意識しすぎ、もしくは意図的に入れている感じすら受けてしまいます。(主人公が良く読む本に講談社BOXを挙げているので作者が好きなのか?)
また、色々なマンガネタなどが随所に見られニヤリとできるのですが、このやり方も某作品に似ている感じを受けました。
設定もカブっていれば、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鈴木滉大 投稿日 2015/5/7
形式: 文庫 Amazonで購入
2年連続1位だけあって今まで読んできたラノベの中でも一番面白いです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じいじい 投稿日 2014/10/12
形式: 文庫 Amazonで購入
アニメが面白かったのでカットされている部分が気になり読んでみました。
ラノベファンは一般小説に敷居の高さを感じる方も多いと思いますが、逆に一般小説を読んでいる方にもラノベに何らかの抵抗を感じる方もいると思います。
実際私も読むまでに半年逡巡しました。
しかし読んでみると、不器用な人間関係、ゲスい考え、と、しょうもない主人公ながら、大抵の人間なら手をこまねいてやり過ごすような問題にも、捻くれながらも自分なりの解答を見つけ出す主人公に惹かれます(現実にこんな解決方法を取ればバッドエンド一直線ですが)
ラノベ特有の地の文のうすら寒い表現はご愛嬌ですが、それを補って余りある、葛藤で揺れ動く主人公の心情表現がうまく描かれています。
ジャンルで敬遠している方はぜひ読んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック