通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
もうひとつのMONSTER―The investi... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb4302
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もうひとつのMONSTER―The investigative report (Big comics special) コミック – 2002/6

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,337
¥ 1,337 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

商品説明

   1995年から2002年にかけて「ビッグコミックオリジナル」誌上で連載され大反響をよんだ『MONSTER』に関するノンフィクション「風」読みものである。2000年のある医院での惨殺事件を発端に、ヴェルナー・ヴェーバーというジャーナリストがヨハン・リーベルト事件の謎を「取材」する、という体裁で、現地の写真や資料を差しはさみながら進行していく。もちろん答えは明白であるのだが、最後まで本書がフィクションなのかノンフィクションなのか、はっきりと記述されることはない。

   ヴェーバーの取材をうけ、エヴァや、ルンゲ警部といったあの面々の口からさまざまな真実が語られていく。「顔写真に関しては、撮影を固辞する人が大多数を占めたため、インタビュー後、わたしの記憶にある彼らのスケッチを載せることで代用した」とあるように、スケッチ風に生き生きと彼らが描かれているのはファンにはうれしいところ。

   多くの謎を残したまま終わった『MONSTER』の続編やサイドストーリーが多くのファンから熱望されていたことは間違いないが、実際に漫画として描かれていたら、興ざめだったかもしれない。それを、この第3者の目を通した「ノンフィクション」という形で描ききった浦沢の鮮やかな手腕には脱帽である。本書のラストでは、漫画では描かれなかった「事実」の片鱗がちらりと語られていて、新たな謎を残す。ファンの悶々とした気分は、当分消えることはなさそうだ。(門倉紫麻)


登録情報

  • コミック: 349ページ
  • 出版社: 小学館 (2002/06)
  • ISBN-10: 4091852793
  • ISBN-13: 978-4091852793
  • 発売日: 2002/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
大人気のマンガ「モンスター」の関連本です。が、ただの関連本、副読本と侮ることなかれ、とても凝ったつくりで、おもしろい本に仕上がっています。
詳しく書くと興が削がれてしまうので書けませんが、本書の著者(ということになっている)ヴェルナー・ヴェーバーなる人物が、調べていた事件の影に「怪物」の存在を嗅ぎつける。その正体を探るため、以前にあった「怪物」の事件の関係者(マンガの登場人物たち)にインタビューをして事件を再構築し、それとともに「怪物」を白日のもとに暴こうとする、といった内容です。
この本を読まずして「モンスター」を語るなかれ!とまで言っていいくらいよくできた、ファンならば必読の一冊です。
コメント 49人中44人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
こんなに心に届く作品はないのではないでしょうか。
本編“MONSTER”を読んだ後、必読です。相乗効果があるのは、間違いなし。
ですが、本編もサイドストーリーも謎を秘めたまま・・・。
行き場のないドキドキをどうすればいいのでしょう。
個人的には浦沢直樹さんのラフスケッチが見られるのもお得だと思います。
コメント 31人中27人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
ある殺人事件を追うことで、ヨハン事件の真実に近づいていくという作品。

漫画版『MONSTER』で語られることのなかった謎が明らかにされている。

しかし、一つの謎が解決される度に新しい謎が出てくる。結局、読者には釈然としない部分が多く残るのだが、

だからこそこの作品の魅力は尽きることがないのだと思う。

本当の恐怖とはなんであろうか。

ヨハンの存在か?

ボナパルタやチャペックのような人物か?

名前を奪う行為か?

恐怖の対象は人それぞれであろうが、その恐怖の一つ一つが螺旋のようにつながっている。

その先に何があるのか…。

恐怖とは想像力そのものなのだと思い知らされる作品に仕上がっている。

小説の最後に「めざめるかいぶつ」という童話が掲載されている。漫画版で登場した童話のような後味の悪さはないが、

独特な雰囲気を放っている作品ではある。この童話をどのように捉えるかも人それぞれだろう。

漫画でハマった人は是非とも読んでいただきたい作品である。
コメント 41人中31人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/24
形式: コミック
私はMONSTER全巻を読んだ後に、この本を読ませていただきました。
ヴェルナー氏が追っている事件が、前にあった事件と類似していると踏んだことから、この話は始まります。
それがモンスターの事件なのです。
ヴェルナー氏は、モンスターに出てくる方々や、その関係者にインタビューしてまわるのです。
モンスターの全貌をあぶり出す為に。
そして、ヴェルナー氏が今追っている事件のなぞを解くために・・・
この本を単独で読むのも十分に楽しめると思いますが、
私は、モンスター全巻を読んでからこの本を読むことをお勧めします。
モンスターは謎の多い事件の物語です。
モンスターを読んでからのほうが、その事件の謎から起こる恐怖は増すと思うのです。
この話が実話か、それともやはり作り話なのか、
あなたは、この本を読んでどう思うでしょうか。
コメント 22人中15人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
吉田秋生『Banana fish』と並ぶ、空前のスケールの大河劇画『Monster』には、読み終えた後、数多くの疑問が残る。「赤い薔薇の屋敷」とドイツの「511キンダーハイム」との関係は?フランツ・ボナパルタは、なぜあのような権限があったのか?『超人シュタイナー』の最終回は?などなど。この『もう一つのMonster』では、劇画では到底書ききれなかった、膨れ上がる宇宙空間のような「Monsterの世界」が明かされる。本当なら、作品は作品としてつまり劇画は劇画として完結すべきで、このような補完は邪道だと思うが、劇画の枠を超えた「Monsterの世界」として、味わいたいと思う。なお「Monsterの世界」はまだ終わっていない。
コメント 35人中23人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
モンスター全巻とこの本を読みました。正直、この一連の事件はノンフィクションだと信じ込んでいました。著者本人がインタビューで「作り話だ」と言っていたらしいということを耳にするまでは・・・。浦沢さんが天才的なストーリーテラーであると私は確信しています。
しかし、そういうことになると、この本の冒頭に書いてある「ここで語られた内容はすべて真実である」というのは真っ赤な嘘ということになりますよね?いったいどっちが本当なのでしょうか??
とにかく、まだ読んだことがない方は、本編であるコミックのほうから是非読んでいただきたいと思います。
コメント 18人中11人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック