Amazon Kindleでは、 もうひとつの「江夏の21球」 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もうひとつの「江夏の21球」―1979年日本シリーズ、近鉄vs広島 文庫 – 2009/10/15


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,800
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 771 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1979年日本シリーズ第7戦、広島VS近鉄。どちらも初の日本一をかけて激突した雨の大阪球場。広島の1点リードで迎えた9回裏、近鉄にノーアウト満塁と願ってもないチャンスが訪れる。マウンドには、希代のリリーフエース、江夏豊が立ちはだかる。近鉄のみならず、闘将・西本幸雄監督にとっても悲願の日本一を目前にして、近鉄最後の攻撃が始まろうとしていた…。

内容(「MARC」データベースより)

1979年日本シリーズ第7戦、近鉄VS広島。9回裏、近鉄は最後のチャンスに挑む。ピッチャースマウンドで迎え撃つのは広島のリリーフ・エース、江夏豊。悲願の初の日本一をかけた近鉄最後の攻撃が今始まろうとしていた…。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 224ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2009/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072694177
  • ISBN-13: 978-4072694176
  • 発売日: 2009/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 579,434位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 凱晴 投稿日 2009/11/18
形式: 単行本
山際淳司の『野球もの』はノンフィクションとしては叙情的すぎる感はあるものの、グランドに立っている選手の心情をその時のコンディションだけではなく、場合によっては生い立ちまで立ち返って、描いている。それ故に、選手の心情描写に深みがあって、ひとつひとつのプレーにドラマを感じることが出来るだ。

『もうひつの江夏の21球』というタイトルは、読者に山際淳司を意識させるのであるから、その内容は、江夏以外の人物に焦点を絞ってドラマを成立させるか、それとも、山際淳司とは全く違う発想であの日本シリーズを描写することを期待されても仕方ないだろう。

しかしながら、近鉄ファン談義を読んでいるようで期待はずれだ。選手の心情描写は山際淳司には遥かに及ばないし、近鉄グループ内の応援体制や著者の近鉄百貨店での勤務状況など、全く興味が湧かないことが紙面の少なくない量を占めている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 野球好き 投稿日 2009/8/2
形式: 単行本
この方の著作は何冊か読んでますが、内輪ネタや応援活動の自画自賛っぷりに辟易する。あと過去の記録の事実誤認が甚だしく多いのでシラケる。 広島の悪口(?)を書く暇があったら過去の記録ぐらいしっかり調べてから出版して欲しいものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/4
形式: 単行本 Amazonで購入
 いわゆる“江夏の21球”ドキュメンタリーものを期待していると肩すかしを食う。その9回の攻防はあくまで1シーンに過ぎず、近鉄ファン・応援団員であった筆者が、1979年のシーズン&日本シリーズをスタンドからの視点で熱く見つめた一冊だ。
 試合展開を追いながら、自分もスタンドで近鉄を応援しているかのように感じる臨場感とリアルさは、実際に応援旗を振っていた筆者の視点ならではのもの。決して客観的な分析ではないし、近鉄偏重の視点でもあるものの、ヘンに大上段に構えていないだけに、古くからの近鉄ファンなら必ずや胸に熱いものを感じ、共感を持てることだろう。
 当時は報道されたものの、その後はほとんど表面化することのなかった広島での近鉄いじめなどもリアルに描かれ、同年シリーズのサイドストーリー的な一面も。また、随所に挿入される筆者と西本監督との親交も、西本イズムに共感するオールドファンには興味深いところ。
 ただ、“大阪近鉄”に生まれ変わる以前の近鉄が“大阪の人気球団”であった頃を思い起こさせる点には、今となってはやるせない思いを感じてしまうのだが…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 にゃうな 投稿日 2014/9/4
形式: Kindle版
前半の近鉄リーグ優勝までは面白く読ませて頂きましたが、肝心の日シリは残念にもほどがありました。

近鉄側の策とか選手の思考とか素晴らしさを書くのかと思えば、カープを堂々と見下し、広島ファンと応援団のこきおろし。
まぁカープが弱かったから眼中外だったのはいいにしても。

市民球場で負けたのは自分が連勝で決まったら大阪で胴上げ見れないのが残念とか考えちゃったせいと広島の応援がすごすぎひどすぎだからなんだぜ。

だから大阪では360度近鉄ファンで囲って広島ファンをフェンス上においやって仕返ししてやったんだぜ☆
やーい動物園!ってからかってやったぜ☆
こわかったけどがんばったんだぜ☆ でも試合は負けたんだぜ…

レ ベ ル 低 !

世紀の名勝負を外野の馬鹿騒ぎで汚さなくても…とげんなりしました。

なんかもうちょっと、近鉄の選手はすごかったが相手はここがすごかった、とか、近鉄はこんなにすごいんだ!っていうこまかーな裏話やこの戦術をこうみる、みたいなのを期待したらがっかりすることこの上ないです。

つか、このオチで近鉄ファンは満足するんですかね…

その当時を生きた人の臨場感あふれるドリーム満載ブログっ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック