この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まよマヨ! (2) (角川コミックス・エース 336-2) コミック – 2012/1/23


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

TVアニメ「まよチキ!」の興奮冷めやらぬまま、コミック版新ストーリーの「まよマヨ!」は新展開。なんと奏お嬢様の別荘に向かうことに。水着アリ、露天風呂アリでスバル様&真宵がピンチ!?

登録情報

  • コミック: 158ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/1/23)
  • ISBN-10: 4041200849
  • ISBN-13: 978-4041200841
  • 発売日: 2012/1/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 田舎人 投稿日 2012/1/29
形式: コミック Amazonで購入
 「まよチキ!」スピンオフ「まよマヨ!」の第2巻。最終巻です。

 舞台が、屋敷を皮切りに海・肝試し・温泉と目まぐるしく変わる今巻ですが、(コサメによる)現実と(真宵による)妄想を織り交ぜたお色気シーンでほぼ全編が構成されている黄金パターンは1巻と変わらず、スバルがその被害のほとんどを担うのもこれまた前巻の通りです。
 また同時に描かれてきたのが涼月家に「ならねばならない」と肩肘をはる真宵の姿でしたが、必要なのは無理をすることではなく自然と「なる」ことなんだと諭すスバル、そして全てを見越して適切な行動をとった奏によって、立派ではないけれど涼月家の一員となった真宵の姿を描いて、物語はひとまず完結となりました。

 原作者コメントによると本作は真宵が主人公のラブコメ作品だったらしいのですが、実際の所は、(真宵とコサメと苺の)情欲と(スバルの)暴力と(苺の)凶器が渦巻く混沌の涼月家を、作り、まとめ、見守り、楽しむ奏の、器の大きさと懐の深さと時に恐ろしくもあるお茶目さ加減を知るための作品。奏が主人公の、変(家族)愛喜劇作品だった気がします。(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 パワポケファン 投稿日 2012/3/15
形式: コミック
 この作品は、角川書店が発行しているアニ
メ情報誌の『娘TYPE(にゃんタイプ)』
で連載されたコメディー漫画です。
 メディアファクトリーが発行しているラブ
コメディー小説『まよチキ!』のスピンオフ
作品です。
 主人公である女子高校生の日向真宵がある
事情で、彼女が通っている学園の理事長の娘
である涼月奏の自宅で住込みの使用人として
働く様子を描いた作品です。
 第2巻では、涼月家の使用人(メイド)と
して認められた主人公が奮闘する様子が描か
れています。
 『まよチキ!』ではあまり見られない涼月
家のドタバタ劇を見る事が出来ます。
 鮫島コサメが涼月家のシェフに雇われた経
緯や早乙女苺が涼月家に引き取られた経緯が
分かり、奏お嬢様の器の大きさが分かる内容
となっています。
 結構、興味深い作品だったので、あと12
話程続いて欲しかったのですが、全2巻とい
うことで、この巻が最終巻となります。
 ラストのおまけ漫画が面白いと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック